挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

67/539

  ガイ・フォークス・ナイト3 

 ヘンリー・ソールスベリーが、自室のドアを開けると、ひゅーと晩秋の風が吹き抜けてきた。正面の窓が大きく開け放たれている。
「今度は、何をやっているんだい?」
「ごめん、もう閉めるよ。本体の温度が上がり過ぎていて、室温を下げて冷ましていたんだ。」
 飛鳥は、ゲーム機に取り付けてある温度計を睨みながら、バタバタと窓を閉めにかかる。ヘンリーが、モニターに目をやると、突然、ブツッと真っ黒になった。
「落ちた……」
 飛鳥は大きなため息とともに、へたり込む。
 辺りには、数字の殴り書きされた紙がそこいら中に散らばり、連結されたゲーム機にはランプが灯っている。
「複雑な演算処理が必要なの? うちのスパコンを使うかい?」
 と、ヘンリーはトップハットを脱いで机に置き、携帯電話を取り出した。
「え? コズモス? 会社の?」
「自宅にも一台あるんだ。急ぐんだろ?」
 飛鳥は、神妙な顔で頷いた。

「マーカス、スパコンを使いたいんだ。伝えてくれるかい?」
 ヘンリーは、暫く話した後、自分のノートパソコンを立ち上げて、準備する。
「面倒だけど、僕のパソコンを使ってくれるかな? 他からは、アクセスできないんだ」
 飛鳥は、バタバタと散らばっている紙類を集めると、ヘンリーの机についた。
 ヘンリーは、ベッドに腰を下ろし、真剣な顔で、キーボードを叩く飛鳥を眺めながら、
 この感じ、懐かしいな。
と、自然と笑みがこぼれていた。
 出会った頃のサラみたいだ。

 最近のサラは、ガーデニングに夢中で、部屋に籠ってパソコンの前にいる姿は余り見なくなった。もっとも、ヘンリーがいる間だけのことかも知れない。ガーデニングの話をしていても、いつも遺伝子工学の話題にすり替わって終わるのがサラらしいが、庭で土まみれになってずっと健康的になっている。

 着替えないと……。

 ヘンリーは立ち上がって長靴(ブーツ)を脱ぎ、濃緑の燕尾服から袖を抜いた。
「ヘンリー」
 呼びかけて振り返った飛鳥は、シャツをはだけたヘンリーに仰天して慌てて顔を背けた。

 もう、二カ月になるのに、初めて着替えているとこ見た!

 同じ部屋で暮らしているのに、ヘンリーの日常的な面を全く見たことがないような気がする。とにかく生活感がないのだ。なんだかとても悪いことをしたみたいで、飛鳥は自分が何を言うつもりだったのか、すっかり忘れてしまった。
「何?」
「えっと、その服、それもここの制服?」
 動揺が収まらず、関係ない話題でお茶を濁す。ウイスタンの制服は、普段は濃紺のブレザーに灰色のスラックスだが、特別な日は、エリオットのような燕尾服だ。ヘンリーが着ていたものは、それとも違っていた。
「これは、乗馬服だよ。仮装行列は騎馬だからね。練習があるんだ」
「やっぱり、ヘンリーがアーサー王の役?」
「まあね。銀ボタンだからね」
 銀ボタン?
「何、それ?」
「カレッジ・スカラーの中で一番成績がいいことの証明みたいなものだよ。監督生セレクトは、金のボタンで、ネクタイが赤だろう? 寮長もネクタイは赤だけれど、ボタンで見分けがつく。生徒会も、ネクタイは柄が自由だろ? 服装でひと目で判るようにされているんだよ」

 だから、ヘンリーは初めから特別扱いなのか! 編入して来た時から在校生を押しのけてトップのお墨付きを貰っていたんだ!そして、在校生に文句を言わせないだけの実力をみせて、制圧しているってわけだ……。

 飛鳥は、そっとヘンリーの方を盗み見た。着替えはもう終わっていたが、また制服を着ている。
「まだ、何かあるの?」
 今度は安心してヘンリーの方を向き、訝し気な顔で尋ねると、寮長に呼ばれている、と、ヘンリーは面倒くさそうに答えた。
「そうだ、寮長! 企画書を作ったんだけど、ヘンリー、見てくれる?」
 飛鳥は立ち上がると、机の上からバインダーを持ってきてヘンリーに手渡した。
「アスカ、演算の結果が出ているけど、印刷するかい? それとも、きみのパソコンに転送するかい?」
「こんなに、速く!」
「うちにあるのは、市販品より高性能の改良型だからね。速いよ」
 ヘンリーは、ベッドに座って企画書に目を通しながら答えた。
「これ、僕が預かってもいいかい? もう少し、正確な見積もりを出すよ。うちで提供できるものも、あるみたいだし。それに、進行班には、僕から話を通した方がいいと思うんだ」
 ヘンリーが顔を上げると、
「でも、きみ、班が違うだろう?」
 飛鳥は困った顔をして言った。
「問題ないよ。寮長も、進行班を手伝っているよ。仮装行列は本番まで暇だし。今は、乗馬をしたことがない下級生の指導に手間取っているだけだからね」
 ヘンリーは穏やかな笑顔で答えると、そろそろ行かなきゃ。と、部屋を後にした。

 飛鳥は、演算の結果を自分のパソコンに転送し、ほっと息をついた。
 日本の高校にいた時だって、レベルが違うだの、判らないだの、散々に言われていつも一人でやってきた。今日みたいに失敗したら、結果がでるまで何度も何度もやり直してきた。こんな風に、助けてもらうのは初めてだった。それも、桁違いにすごい。自分でやっていたら、きっと朝までかかっても終わっていない……。

 頑張ろう。いいものを作ろう。

 飛鳥は、夕方、部屋に帰ってきてパソコンを立ち上げた時よりも、ずっと温もった心持ちで、ヘンリーのパソコンの電源を切り、自分の机に戻った。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ