挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

60/300

  ガイ・フォークス・ナイト4

 「ハーイ! アスカちゃん!」
 見ると、技術室の中庭に面した掃き出し窓に、デヴィッドがニコニコ笑いながら立っていた。放課後とはいえ、誰もが『ガイ・フォークス・ナイト』の準備で忙しく立ち働いている。今日は、技術室の前を通る者さえいなかったのに。
「ハイ、デヴィッド。どうしたの? 」
 飛鳥は、作業中の手を休めずに、声だけで返事をする。
「冷たいなぁ。きみの様子を見に来たんじゃないか。調子はどう? 進んでいるかい? 」
「きみの方こそこんな所で油を売っていていいのかい? 」
「僕の出番は、今日はないんだ。」
 デヴィッドは、技術室の中に入ってきて、適当な椅子を飛鳥のすぐ近くまで引っ張って来た。後ろ向きに跨いで腰かけ、背もたれに肘をついて顎をのせ、首を傾げて飛鳥を見上げる。
「つまり、暇なのさ。」
 デヴィッドの寮は、『リア王』の劇をするらしい。デヴィッドの役はコーディリアだそうで、
「重要な割に、出番は少ないんだよねー。」
 と、嬉しそうに笑った。要するに、かったるいわけだ。
「僕も見たいな。何時から? うちと時間が被らなきゃいいけれど。」
 飛鳥は、広い作業台の上で段ボールの長さを正確に測り、一枚一枚切り出しながら、会話を続けた。
「3時まで仮装行列で、その後、3時半からだよ。きみのところは? 」
「5時半から。」
「じゃあ、大丈夫だね。絶対に来てよ。」
 デヴィッドは上目遣いに飛鳥を見つめて、蠱惑的な笑みを浮かべた。
「行けたらね。準備もあるし約束はできないけれど。」

 デヴィッドは、その返事を聞いて不満そうに唇を尖らせたが、
「それで、きみ、何を作っているの? 」
 と、飛鳥の手元を熱心に見つめる。
「試作モデルだよ。明日、フォグマシーンが届くんだ。まず、これで簡単に型を作って動作させて調整してから、正式製作に移るんだよ。」
「びっくりした。これが、きみの作品かと思ったよ。」
 デヴィッドは足元に置いてある、段ボールとビニールをガムテープで張り合わせた幾つもの小汚い箱にちらっと眼をやって呟いた。
「本作もそんなに変わらないと思うよ。」
 飛鳥は、手を動かしながら苦笑して言った。
「そんなの、ヘンリーが許さないよ。」

 「なんで、そこでヘンリーがでてくるの? 」
 デヴィッドは、しまったという顔をしてそっぽを向いて、
「だって、ヘンリーは完璧主義だもの。」
 と、小さな声で答えた。
「ヘンリーは、僕が作っているものの事、知っているよ。ヘンリーが完璧主義なんじゃなくて、きみ達が彼に完璧を求めているだけじゃないの? 」
「ヘンリーは、ぼくらの理想で、夢で、希望だもの。」
 デヴィッドは、図星を突かれ動揺して立ち上がり、やけになって早口で、飛鳥に食って掛かる。
「ヘンリーは、いつだって先頭に立って,僕らの道を切り開いて来てくれたんだ。
 僕も、アーニーも、ヘンリーのおかげで夢を追うことができるようになったんだ。
 ヘンリーに、カッコ悪いマネさせたり、恥をかかせたりするようなマネをしたら絶対に許さないよ!」
 最後の方には、デヴィッドは瞳を潤ませて涙を堪えるように唇を噛んだ。
「そんなに、ひどいかなぁ、これ……。」
 飛鳥は、デヴィッドの頭を擦って、ちょっとだけ自嘲気味に笑う。
「きみは、ヘンリーのこと本当に好きなんだね。」
 デヴィッドの一途な瞳は、日本にいる弟を思い出させて、つい、錯覚してしまう。

「僕らは、彼のこと、塩のように愛しているんだ。」
 デヴィッドは、飛鳥にもたれかかって、顔を押し付ける。肩が小刻みに震えている。
 泣くのをぐっと我慢しているのだろう。飛鳥はデヴィッドの肩を抱きしめて擦ってやった。
「それでも、彼を見ていると不安になるんだね。いつだって突っ走っているものね。今度、言ってやりなよ。“紳士とは歩く者のことであって走る者のことではない”って。」
 デヴィッドは、ははっと笑った。
「ヘンリーは、ちゃんと判っているよ。君たちといる時、空気が違うもの。きみが彼を想うように、彼もきみ達を大切に想っているよ。」
「知っているよ、そんなこと。」
 デヴィッドの呟きに、飛鳥は、ふふっと笑った。
「じゃぁ、きみの言う通りに、ヘンリーががっかりしないように、僕も頑張るよ。もう少し予算を上げて、見栄えのするケースを作るから。それで、いい? 」
 飛鳥は、デヴィッドを身体から放して、優しく顔を覗き込んだ。
 デヴィッドは、照れくさそうに頷いた。
「そんなに心配なら、明日、見に来る? ここじゃなくて、寮の倉庫だけれど。それを見てから、カッコ悪いかどうか教えて欲しい。
 きみ達も、おいでよ!感想が聞きたいんだ!」
 飛鳥は、掃き出し窓の隅に隠れるように立っていた下級生に、大きな声で呼び掛けた。

「ところでデヴィッド、塩のように、ってどういう意味? イギリスではよく使う表現なの? 」



“紳士とは歩く者のことであって走る者のことではない”
A gentleman will walk but never run

Sting 『Englishman In New York』の一節です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ