挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/542

  寮室内の蛍3

 とても先月と同じ人間には思えない……。
 ヘンリー・ソールスベリーから見た、杜月飛鳥はとてつもなく不可思議だった。

 夜、ヘンリーがベッドに入る時間になってもまだパソコンをいじっている。ベッドに寝ころがってはいるが、朝になっても大抵が同じ姿勢のままなので、いつ寝ているのか判らない。一日の授業が終わると、今度は消灯時間まで、机に置いてあるモニターを覗き込んでいる。消灯後は、ノートパソコンに切り替えて前日と同じことが繰り返される。

「きみは、一体いつ寝ているんだい?」
 余りに気になって、一度聞いてみた。
「僕はクマみたいに寝だめができるから。ほら、九月は寝てばっかりだったでしょ? しばらくは寝なくても平気なんだ」
 ヘンリーは、一瞬、納得しそうになったが、そんな訳はない!
「冗談だろう? 人間の生理現象に反している」
「L'homme n'est qu'un roseau、  (人間は自然の中で最も弱い
 le plus faible de la nature、     一本の葦に過ぎない。
 mais c'est un roseau qui pense.   だがそれは、考える葦である。)」
 飛鳥はモニターから目を離さず、返答した。
「きみは、葦なのか?」
「眠ると思考が途切れてしまうんだ」
 本気で言っているのか、冗談なのか判らないが、これ以上邪魔をするのが申し訳なく思えてヘンリーは口を噤んだ。
「答えが出たら、ちゃんと眠るよ。ありがとう、ヘンリー。心配してくれて」

 飛鳥とサラは似ている。でも、違う。
 サラは、他人の感情に鈍くて、何でもはっきりと直接的に言わないと理解できない。
 飛鳥は、感受性が強くて、言葉にしていないことまで察して答えてくれる。

 誰かと同室になるのはアーネスト以来で、正直、ストレスが溜まりそうだと危惧していたのに、飛鳥は空気のように存在感が薄くて邪魔にならなかった。
 寝てばかりだから、と思っていたが、眠っているところを見なくなってもそれは変わらなかった。いつも静かで、かといってしゃべらない訳じゃない。しゃべりかけてくる時の間合いが絶妙なのだ。合気道の先生みたいだ。空気や距離感を常に読まれている。
 飛鳥のことを考え出すと、やっぱりサラとは全然違う、一体どこが似ているんだ、といつも同じ結論に行きつくのに、同じものを表と裏から見ているように似ている、と思ってしまう。

 傍にいる時の空気が同じなんだ。

 ヘンリーは、じっとモニターに向かっている飛鳥の背中を眺めながら、とりとめのない物思いにふけっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ