挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

57/337

  寮室内の蛍4

 「ヘンリーおめでとう! 『マスマティカル・サイエンス』読んだよ!」
金曜日の朝は、この話題一色だった。
 木曜日に発売される、数学界で最も権威あるこの雑誌に、ヘンリー・ソールスベリーの論文が掲載された。
それだけでも名誉なことなのに、この分野での第一人者ケンブリッジ大学のハワード教授のお墨付きまで付いている。
 論文の内容などさっぱり判らない連中も、口々にヘンリーを誉めそやした。
 当のヘンリーは、群がってくる連中に適当に礼を言い、愛敬を振りまきしながらかわしている。そのうちに、ヘンリーの取り巻きの元エリオティアンが揃ってきてがっちりと壁を作った。
「これが、先輩が音楽スカラーにならなかった“大人の事情”なんですね? 」
エドガー・ウイズリーが、嬉しいのか残念なのか判らないような複雑な表情で、言った。
「まあね。そういうことさ。」
ヘンリーは曖昧な笑顔を浮かべて答えた。

 エリオットとウイスタンはライバル校である、と言いながらもその実、上層部の間柄はツーカーだ。いとも簡単にこれだけのエリオット生が編入できたのも、試験の成績よりも、上層部間の取引の結果だった。どちらの学校にも顔の効くエドワードの家が上手く立ち回って、エリオットは優秀な生徒を失う替わりに、来年度の新入生で成績優秀者をウイスタンから譲り受けることになるはずだ。エリオットは人気では第一位でも、偏差値では10位に入ることさえ滅多にない。エリオットとウイスタンを併願する成績上位の生徒をウイスタンが落とせば、そのままエリオットに入学が決まる。
 ウイスタンの広告塔として編入したヘンリーはせいぜいその役目を果たさねばならなかった。

「アスカ! 」
礼拝堂から、各学舎へ分かれる石畳の広場で、ヘンリーは大声で杜月飛鳥を呼び止めた。飛鳥は怪訝そうに立ち止まり振り返る。
「アスカ、丁度良かった、紹介するよ。」
ヘンリーは、クルクル巻き毛のブルネットの青年の肩を抱いて、飛鳥に歩み寄った。
「デヴィッド・ラザフォード。アーネストの弟だ。僕のプレップ以来の幼馴染でもある。まだ、面識がなかったろう? デヴィッドの家は、きみの身元引受人ガーディアンなのに。」

 そうだった! そういえば、アーネストがそんな事を言っていた。弟が同じ学校にいると。留学に絶対不可欠な身元引受人を引き受けて貰っているのに、挨拶もしていない! アーネストは、ちょくちょくメールをくれて気遣ってくれているのに……。

 飛鳥は羞恥で真っ赤になりながら、頭を下げる。
「初めまして。ご挨拶が遅くなって申し訳ありません。アスカ・トヅキです。このたびは、僕の留学のために、お兄さん、ご両親にはご尽力頂いて、まことにありがとうご……。」
 ヘンリーが声を立てて笑い、遮った。
「そんなに堅苦しくならなくてもいいじゃないか。デヴィッドに世話になった訳じゃないんだから。」
デヴィッドも同じように笑いながら、飛鳥の手を取って握手する。
笑うと、なんとも可愛らしく、お兄さんに似ているな……。
と、飛鳥は漠然とアーネストを思い浮かべた。
「よろしく。きみのことは、兄からきいているよ。こちらこそ挨拶が遅れてごめん。ところで、きみ、ゲームはする? モンスター・テイルは好き? Y社とT社、どっちのファン? 」
デヴィッドは、矢継ぎ早に質問を浴びせてくる。かなりのゲーム好きらしい。
飛鳥は一つ一つの質問に丁寧に答えながら、
こんなイギリスの進学校にもオタクっているんだ……。
と、軽くカルチャーショックを受けていた。

「おい、俺には紹介なしか? 」
エドワードが横やりを入れてきた。ヘンリーは、一人ずつ「親しい友人」だと、元エリオティアンを紹介していった。
 ヘンリーの友人って、美形揃いだな。やっぱり、類友?
飛鳥は、緊張して固くなりながら握手していく。
一通り挨拶が済むと、デヴィッドに腕を掴まれ、またゲーム談義が始まった。
「ほらデヴィッド、アスカを放して。もう行かないと遅れてしまうよ。」
ヘンリーがデヴィッドを優しく諭し、飛鳥は、急いで一礼をして駆けって行った。
飛鳥は、みんなの向かう赤煉瓦の学舎ではなく、反対側の石造りの学舎での授業だ。

「もっと早く紹介してくれれば良かったのに。」
デヴィッドが唇を尖らせてヘンリーをつついた。
「明日から一週間、きみの家で一緒だろう? アスカは、ゲームに強いそうだよ。」
デヴィッドは、顔を輝かせて頷いた。
「そうか、ハーフタームは家で預かるんだったね! やった! 休み中ずっと対戦できるじゃないか! 」

 もっとも、アスカがずっとゲームに付き合ってやるかどうかは知らないけどね。
ヘンリーは苦笑しながらデヴィッドを眺める。

「ずいぶん気に入っているんだな。お前が俺たち以外をファーストネームで呼ぶのを初めて聞いた。」
「同室だしね。情も移るさ。」
エドワードは、肩を震わせて笑いを噛み殺す。
 情……。これほど、こいつに似合わない言葉はない。
 もう何年も付き合っているが、こいつほど薄情なやつはいない。
 振り回されているだけと、判っていても離れられない。こいつほど面白いやつはいないから。
「何か言いたそうだね、エド。」
「別に。」
エドワードは、我慢するのを止め、高らかに笑い声を立てた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ