挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

50/407

  廃墟の城跡2

 ヘンリー・ソールスベリーは、窓際に置かれた自分の机に頬杖をつき、窓の外に広がる中庭を見下ろしながらため息をついた。
「終わったかい?」

 どうして、東洋人というのはこうも奥ゆかしいというのか、シャイというのか……。

 夕食に行くために制服に着替えるように言うと、杜月飛鳥は顔を赤くして固まってしまった。
 ベッドと机を二人分置いたら、大して空きの残らない狭い部屋で、ヘンリーは紳士らしく飛鳥に背を向け窓の外を眺めた。

 日本人には、男でも女性並みの気遣いが必要なのか?
 確かに外見は女性と区別がつかないくらい小柄で、きゃしゃに見える。ぼさぼさの髪も長すぎる。女性だと言われればそう見えなくもない。だが、見た目はともかく、中身までそうである必要はないだろうが!

 これから1年間、同室で過ごすことを想い、ヘンリーは自分の浅はかさを呪った。
 どうしてサラが彼を気に入ったのか、皆目見当がつかなかった。

「はい、すみません。着替えました」
 ヘンリーは、そんな気持ちを押し殺して立ち上がり飛鳥を一瞥すると、唖然として目を見張った。
「…………。トヅキ、こんなことを言って気を悪くしないで欲しい。だが、その制服はきみの体形にあっていないんじゃないのかな?」
 明らかに高すぎるカラーの位置に始まって、腕がすっぽりと収まって見えないほどの袖丈。肩も落ちている。スラックスはだぶついて引きずるようだ。
 とてもこれが、自分が着ているものと同じ制服には見えなかった。

「学校から用意していただいたんですけれど、僕は、小柄だから」
「真っ直ぐに立って」
 ヘンリーは自分のカバンからソーイング・セットを出し、飛鳥の足元に膝をついた。
「え?」
「時間がないから、仮止めだけしておく。大丈夫。これでも寮生活は長いからね。こういうことには慣れているんだ」
 ヘンリーは、あっという間にスラックスの裾を折上げザクザクと縫っていく。
 両足とも縫い上げると、
「腕を下して」
 と、今度は袖丈に取り掛かる。
 飛鳥は、余りに驚きすぎて言葉がでてこないまま、されるがままに従っていた。
「終わり。今日は仕方がないとして、すぐ近くに学校指定のテイラーがあるから早めに作るといい」
 ヘンリーは糸を切り終わると、膝をついたまま飛鳥を見上げる。
「制服、高すぎて買えないから、お古をいただいて貰ったんです」
 飛鳥はまた顔を赤くして、消え入りそうな声で言った。
「そう、じゃあ、後でもっとしっかり縫い直すよ」

 ヘンリーは立ち上がると、今度はだらしなく結ばれたネクタイを解き、結び直す。
「この結び方、なんて言うのか知らないけれど。日本式かな? きみには、プレーンノットの方が似合うと思うよ」
 飛鳥はもう恥ずかしさと、いたたまれなさで、逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。
「あとは、髪。僕のでかまわないかな?」
 ヘンリーは返事も聞かずに、自分の櫛と整髪料を取って来ると手早く飛鳥の長い髪を七三に分けて撫でつけた。
「初めてきみの顔が見られた」

 東洋の神秘だな。

 至近距離から見た髪を上げた飛鳥は、顔まで性別の区別がつかない。
 長く濃いまつ毛に縁どられた、切れ長の大きな鳶色の瞳に、こぢんまりとした鼻、唇、滑るような肌。
だが、その瞳は怯えるような影を宿し、唇は所在なげに小刻みに震えてその魅力を半減させている。

「トヅキ、ガウンを」
 ヘンリーは自分もガウンを羽織り、ドアを開けた。そして、ふと振り返ると、
「トヅキ、顔を上げて背筋を伸ばせ。堂々と歩くんだ。ここは英国だ。第一印象で階級(クラス)が決まる」
 と言い、もう、返事を待つこともなく部屋を出ていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ