挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

50/267

  寮室内の蛍2

 また、ヘンリーを怒らせた……。
 さすがに、散らかりすぎか? ヘンリーは几帳面だからなぁ。
 ヘンリーが僕を見るとき、いつも眉間に皺が寄っている気がする。
 せっかくの美人さんが台無しじゃないか……。
 でも、こればっかりは譲れない。できるだけ邪魔にならないようにさっさと仕上げてしまおう。部屋の真ん中に線でも引いて、はみ出さないようにしたらいいかな? 
 飛鳥は黙々と手を動かしながら、とりとめもなくそんなことを考えていた。


 ヘンリーが部屋に戻ってみると、窓辺から一直線に、部屋の端と端に置かれた二つのベッドの丁度真ん中を通って、赤のビニールテープが床のタイルに貼られて部屋が二つに分けられている。
 そんなに僕が嫌いか?
 只でさえ落ち込んでいた上に、更に追い打ちを掛けられた気分だ。
 飛鳥は机に置いたパソコンのモニターに向かい、ヘンリーが帰ってきたことにも気づかないようだった。
 直接的な暴力や、誰からか判らない嫌がらせはあっても、こんな形の面と向かった拒絶を受けたことのないヘンリーは、どうしていいのか判らず立ち尽くした。腹が立つと言うよりも、胸がもやもやとして、息苦しい淋しさが沸き上ってくる。
「それで、この国境線を超える時にはパスポートの提示が必要なのかな? 」
 押し殺した声で、やっと飛鳥の背中に声を掛け、足元のテープを踏みつけた。

 びっくりして振り向いた飛鳥は、慌てて立ち上がった。
「違うよ、ヘンリー。このテープは、僕の私物が、君の領域にまではみ出さないようにする為だよ! 」
 領域? 二人部屋をこんな風に境界線を引いて分けるのは、入ってくるなということだろう?
「結構、危ないんだ。ケーブルがごちゃごちゃしていて、僕はしょっちゅう足に引っ掛けてしまうんだ。」
「上の棚に置くのは、だめなのかい? 」
 ヘンリーは、陰鬱な気分のまま机の上部にある作り付けの広い棚を示した。
「棚? 」
 飛鳥は、本を並べてある頭上の棚を見上げた。
「その手があったか! 全然思いつかなかったよ。ありがとう、ヘンリー。」
 飛鳥は、本を下ろし、足元に並べてあった機材のケーブルを一旦外して棚に並べ始めた。
「このテープは、剥がしてもいい? 」
「うん。」
 ヘンリーは、胸の痞えが取れたかのように、ほっとした。

「それ、ゲーム機だろう? テレビがないのにどうやって使うんだい? 」
 ほっとしたついでに、飛鳥に話しかけた。デヴィッドの家に遊びに行った時、一緒にやらされた、見覚えのあるゲーム機を、飛鳥は幾つも並べて繋げている。
「これは、ゲームに使うんじゃなくて、クラスタ化して並列処理させることで、小型のスーパーコンピューターとして使うことができるんだよ。」
「GPGPU? 」
「良く知っているね! 」
飛鳥は嬉しそうに声を上げた。
「これで、演算処理や、シミュレーションをするんだ。」
飛鳥は、嬉々として機械の説明を語り始めた。

 こういうところも、サラに似ているな。
「きみは、本当にコンピューターが好きなんだね。」
ヘンリーの言葉に飛鳥は、はっとして口を噤んだ。
「ごめん。どうでもいいことをべらべらと。」
「いや、面白いよ。エリオットでは、僕もコンピューター学を取っていたんだ。」
飛鳥は目を丸くして、驚いた。
「きみは、こんな地味でオタクな分野、興味ないと思っていたよ! 」
「GPUとCPUの連携接続方法と、ソフトでうちの会社は特許を持っているんだ。」
「the Cosmosコズモス? 」
 窓辺にある椅子を飛鳥の方に向けて座っていたヘンリーは、軽く頷いた。

去年発売されたばかりの格安のスーパーコンピューター! 全く新しいタイプのヘテロジニアス・マルチコアで一挙にコストダウンを図り、パソコンそのものの方向性を変えた画期的な発明品だ。
 飛鳥は感動の余り声もでない。
あのコズモスを開発した会社が、ヘンリーの家の会社だなんて!
「なんて羨ましい!コズモスを開発した人、知っているんだ!会ったことある?」
衝撃から覚めると、飛鳥は顔を上気させ、興奮して一気に捲し立てた。
ヘンリーは、笑って頷いた。
「彼女も、きみみたいにコンピューターが大好きだよ。」

 彼女?
 “シューニヤ”だ!あんなものを作れるなんて、“シューニヤ”しかいない!
だからヘンリーは、“シューニヤ”を知っていたんだ!
飛鳥は、咽喉元まで出かかった言葉を、寸前で呑み込んだ。
ヘンリーは、再会してから一度も“シューニヤ”の話題に触れて来ない。
飛鳥からも切り出しにくくて、いつの間にか自分の中で、口にしてはいけない話題になっていた。

 大きく目を見開いて、穴の開くほど自分を凝視している飛鳥を、ヘンリーは穏やかな表情で見つめ返す。
 また、サラに助けられた……。
 こんなことでも、少しは名誉挽回できただろうか?
 いや、それとこれとは別か……。
他愛のない内容でも、飛鳥が友達のように話してくれることが素直に嬉しかった。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ