挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

45/337

インターリュード

 柔らかなクリーム色の壁と、同系色にピンクの薔薇の柄の入ったカーテンのかかる開け放たれた窓から西日が差し込む。
 夏の西日はきつく、そこに立つ人の影をオリーブグリーンの絨毯の上に、長く刻んでいた。
 ヴァイオリンを奏でるヘンリー・ソールスベリーの手から、色とりどりの珠玉がこぼれ落ちる。落ちては跳ね返り、リズミカルに舞い散りながら乱舞する。
 ヘンリーの奏でる音は、サラを宇宙に放り込み、優しく、柔らかく、穏やかに、包み込む……。

ヘンリーが腕を怪我して帰ってきた時、サラは心配で、心配で卒倒しそうだった。
「全然大した怪我じゃないんだよ、ほら。」
 そう言って、ヘンリーはヴァイオリンを奏でてくれた。
 以前は大きな波のうねりのようだったのに、今は小さな宝石の粒のダンスだ。
 ヘンリーは、ずっと楽しそうに見えた。

 ハーフタームが終わっても、ヘンリーは学校に戻らなかった。
 辞めてきたんだ。新学期から別の学校に行く。
 そう言って笑った。
 今回の夏季休暇は、いつもよりちょっと長く一緒にいられるね。
 いつもより沢山、ヴァイオリンを弾いてくれた。

 ただ、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾いている時だけ、少し懐かしそうに、自分の心を細かく砕いて光の粒にして、サラにではない誰かに、ずっと遠くの方に放射しているように見えた。

 僕は、一度だけ、きみの見ている世界を垣間見ることができたよ。
 友人に、薬物を盛られたんだ。ひどいだろ?
 でもそのお陰で、分かったよ。
 きみの住んでいる世界は、美しすぎて僕は怖かった。
 僕の今いる世界は汚すぎて、いつかきっときみを傷つける。
 だから、きみと同じ世界に住むよりも、この世界からきみを守ることが、僕にとって正しい選択なんだ。
 きみを傷つけるもの、きみを侮辱するもの、きみを貶めるもの、辱めるもの全て、僕は絶対に許さない。

 曲が終わり、空間を満たしていた宝石たちが蒸発するかのように消えていく。

 サラは、ヘンリーをぎゅっと抱きしめる。
「この一瞬が永遠ならいいのに。」
 ヘンリーは、サラの髪を優しく撫でてやりながら呟いた。

「Elle est retrouvée,  (見つけたよ)
 Quoi? ―L’Éternité. (何をさ?-永遠  )
 C’est la mer allée  (海と交わる太陽だ)
 Avec le soleil. 」    

 窓の外では、太陽が遠くに霞む緑の地平線に沈もうとしていた。
作中のフランス語詩は、アルチュール・ランボーの「永遠」の冒頭です
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ