挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

44/377

  カレッジ・ホール6

「僕は、生徒会と監督生セレクトの権力闘争になんか興味ない。知っていることなら何だって教えてやる」
 ヘンリーは冷たい視線を向けたまま言い放った。
「もう、いいんだ」
 エドワードは困ったように呟いた。
「なら、薬の代金だ。聞いていけ。アーネストのことか? 知りたいのは。どうやって、アーネストたち監督生が生徒会を出し抜いたか、そのことだろう?」
 エドワードは黙ったまま目を伏せた。

「クリスマス・コンサートで、僕の出場が決まってから、生徒会は二十ポンドのチャリティチケットを二十五ポンドに引き上げた。ところが、僕が練習にでないから、チケットは思うように売れなかった。だから、保険として、アーネストたちが仕切っていた賭けで、出ない方に賭けた。締め切り三日前の倍率はきみも知っての通り、二十五倍だ。監督生は、売れ残っていた座席を買い占めてプレミアを付けて売りさばき、生徒会は、賭けの負け分を、立ち見席を売ることで埋めたってわけだ。ところが、それだけじゃ終わらなかった。監督生の誰かが、僕の動画をアップして荒稼ぎさ。そして、その資金で、生徒会役員選出の投票操作を仕掛けたってわけだ。
 運が悪かったな。今年は、きみたちの負けさ。きみたち生徒会は、僕が入ると思っていたんだろう? 残念だが、監督生はそのことも知っていたってわけだ」
 ヘンリーは一気にしゃべると、目を伏せて紅茶を飲んだ。

「きみには申し訳ないけど、僕はかやの外でいたいんだ」
「勝負は始まったばかりだ」
「こんなくだらない権力闘争に何の意味がある?」
「俺たちは、パワー・ゲームをするように生まれついているんだ」
「馬鹿々々しい。勝手にするがいいさ」
「お前は何もわかっちゃいない」
 エドワードは憐れむようにヘンリーを眺めた。
「生徒会も監督生も、欲しいのはお前なんだ。今までは、アーネストがいた。あいつがお前を守ってきたんだ。どこに所属するかで一生が決まる」
「僕は誰の駒にもならないよ。こんな狭い胡桃の殻の中で、誰もが世界を我が物と思い込む。あいつらの傲慢さには反吐が出る」
「お前も、その世界の一部なんだ。諦めろ。工学部なんて、ワーキング・クラスのようなマネは止めろ、ヘンリー。お前ほど貴族らしい貴族はいない。お前は、お前にしかなれない」
「同じ胡桃の殻の中にいても、僕はきみたちが描くよりももっと広い世界を手にいれたいのさ。ハムレットのようにね」
「…………」
「ハムレットが望んだのは、復讐じゃない。忌まわしい血の根絶とそれに代わる新体制。そう思わないかい?」
 エドワードは押し黙って、じっとヘンリーを見つめた。

「在るものを引き継ぐだけのブルー・ブラッド(青い血)に、新しい未来は来ない。それが我が身を否定することであっても、僕は見たいんだ、新世界をね」
 エドワードはその大きな両手を組んでその上に額をもたせて呻くように呟いた。
「音を視て、色を聴く世界か?」
「さぁ、どうだろうね。まだ、想像もつかないよ」
 ヘンリーは、今までの緊張が嘘のように柔らかく笑った。
「ありがとう、エド。きみやアーネストが僕のことを思ってくれているのは判っているつもりだよ」
 昔に戻ったように、ヘンリーは微笑んだ。お互いが、誰よりも近くにいた子供の頃のように。
「これで終わりみたいな言い方をするな」
「あの時、どうしてメンデルスゾーンをかけていたの?」
「お前が、初めて俺のために弾いてくれた曲だ」
 ヘンリーは懐かしむように柔らかく微笑んだ。
「僕は、僕が思っていた以上に、音楽が好きだったんだな。思い出させてくれて、ありがとう、エド」
 エドワードは、久しぶりに見るヘンリーのくつろいだ表情に、反って不安が掻き立てられ、何か言わなければ、と焦りながらも言葉が出てこない。目の前に座るヘンリーが、ずっと遠くに感じられた。
「ハリー、俺は諦めないぞ」
 それだけ言うだけで、精一杯だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ