挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

44/339

  カレッジ・ホール8

 「探したぞ。大丈夫なのか? 腕を見せろ。」
 エドワードは、池の傍の、楡の木の根元にもたれて座るヘンリーの背中に声をかけた。
「心配ないよ、ちゃんと加減はしている。」
「見せろ。」
 エドワードはヘンリーの横に膝をついて左腕を引っ張った。
「痛いよ、エド。」
 ヘンリーは小さく笑って呟いた。
 上衣の袖を引っ張り上げ、シャツの袖をまくり上げる。包帯の巻かれた腕が痛々しい。
 エドワードは顔をしかめてヘンリーを睨み付ける。

「なんだってこんな馬鹿な真似を……。」
「ちょっとしたパフォーマンスさ。この学校とも、もうお別れだしね。」
 ヘンリーは袖を直しながら、穏やかに微笑んで言った。
 余りの衝撃に言葉が出ない。
「やっと、準備が整ったんだ。ウイスタンに転校する。」
「試験はどうするんだ? 」
 声を絞り出すようにして、やっとそれだけ言えた。
「Aレベルはとっくに終わっているよ。きみみたいに、遊んでいないからね。」
 ヘンリーは、ごろりと寝ころがり、エドワードの膝に頭をのせた。

「これからの一年は好きな事をするさ。」
「ここじゃ、ダメなのか? 」
「どこに所属するかで一生が決まる。きみが言ったんだ。
 エリオットを出て、オックスフォードに入学し、Dクラブに入る。それがきみたちの理想だろう? 罪と恥でお互いを縛り合って、権力の椅子をほかに掠め取られないように見張り合う。エリオットの伝統だな。」
 ヘンリーは、生い茂る楡の木々の間から、晴れ渡った空にぽっかりと流れる雲を眺めながらのんびりと言葉を続けた。
「時間が同じ速さで流れている場所はないんだよ、エド。
 エリオットは、500年以上同じことを繰り返し、今の伝統を作り上げた。これからの500年も、それが変わらず維持されていくと信じて疑わない。
 ウイスタンは、金にあかせて世界中から優秀な頭脳を集めている。奨学制度という形でね。僕は、アンティークの椅子よりも、生きた頭脳が欲しいんだ。」
 エドワードは厳しい表情を崩さず、黙ってヘンリーの話を聞いている。

「僕が、なぜ合気道を習わされていたかわかるかい? 」
「好きでやっていたんじゃないのか。」
 エドワードは、押し殺すような声で答える。
 ヘンリーは、薄く笑ってエドワードの目を見つめた。
「エリオットに入学したら、僕がどんな目で見られて、どういう扱いを受けるか、判っていたからだよ、父にはね。それも、伝統だからね。」
 エドワードは、またもや押し黙るしかなかった。
 池の上を初夏の爽やかな風が渡り、微かに水面を揺らす。木漏れ日がさざ波に乱反射し、より一層木々の緑を鮮やかに照らし返す。
 眩しさに一瞬目を眇めた。

「エリオットは、お前にとって苦痛でしかなかったのか? 」
 エドワードはぽつりと尋ねた。
「この場所は好きだよ。」
 ヘンリーは目を閉じて囁くように言った。
「マナー・ハウスの庭にある池に似ているんだ。僕が、初めてサラに会った場所に。」
 ヘンリーから直接妹の話を聞くのは初めてだった。アーネストからは、断片的には聞いてはいたが。

 アメリカにいる妹弟とは別に、5歳下の庶子の妹がいるということ。マナー・ハウスに引き取ったということ。どうやら共感覚の持ち主らしいということ。その妹を溺愛しているということ。そして、その妹が来てから、ヘンリーが劇的に変わったという事実。
 プレップ・スクールではトップだったエドワードを楽々と追い抜いて、エリオットに入学、いつの間にかキングススカラーになっていた。一言の相談もなく。今だって、いきなり、『転校する』だ。
 昔は、俺がこいつの面倒をみていたのに! 算数の苦手だったヘンリーに、ずっと教えてやっていたのに……。

「何が、お前を変えたんだ? 」
「サラが僕に初めてねだったのは、『純粋数学要覧』ていう本だった。きみ、知っているかい? 」
 エドワードはしかめっ面のまま頭を横に振った。
「19世紀のトライポス(ケンブリッジ大学卒業試験)用数学公式集だよ。サラが6歳の時だ。僕らの目標は、彼女の気晴らしのおもちゃと同等ってことさ。」
 ヘンリーは、一息置いて自嘲的に笑った。
「僕はそれまで、疑ったことすらなかったんだ。僕たちは、神に愛された選ばれた特権階級だと。青い血に生まれたことを誇りに思っていた。こんな、ちっぽけな胡桃の中の世界だなんて思いもせずに。
 僕は、サラの描く未来が見てみたいんだ。青い血に縛られた無限ループの世界から抜け出してね。
 この胡桃の中の小さな王国に我慢ができなくなった時、ここに来て、空を見上げる。
 この殻の外には、僕には思い描くことさえできなかった広い世界があるんだ、と。
 サラの教えてくれた世界の片鱗を、僕は自らの手で掴み取るんだと。」
 ヘンリーは空に向かって片手を差し伸ばした。
 そして、優しく目を細めて微笑みながら、その手をエドワードの頬に当てた。
「この場所と、きみとこうして過ごす時間が、僕は本当に好きだったよ。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ