挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

43/338

  カレッジ・ホール7

 五月に入り、ASレベル夏季試験がスタートした。二カ月に渡る試験期間中には、年間を通しての最大の行事である創立祭があり、四学年生は、祭典の要となる『ボートの行列』の漕ぎ手となる。ハーフタイムを挟んで、次期生徒会選抜投票、二十名の監督生セレクトの決定と、次年度、最終学年を迎えることになる四学年生は、他のどの学年よりも浮足だっていた。

 創立祭を数日後に控えた、五月最終土曜日の昼に、カレッジ・ホールで恒例の正餐会が行われた。通常は、キングズスカラーの食堂として使用されるこの歴史あるホールは、月に一度、生徒会役員、監督生を招待しての正餐会が催される。
 ドロップ型のシャンデリアのほの暗い明かりの下、使い込まれた木製の細長いダイニングテーブルには白いテーブルクロスがかけられ、正式なセッティングがされている。
 西側の天井近くにあるステンドグラスの窓からは、色とりどりのガラスを通して柔らかい光が注がれていた。
 百名を超える生徒と教師が着席し、食事が始まると、それまで静まりかえっていたホールもさざ波のような話し声が流れ始めた。
 創立祭は、家族や友人を学校内に招き入れ案内できる特別な日だ。この日の話題も、誰を呼ぶか、誰が来るか、に終始していた。良家の子弟の集まるエリオット校では、その家族が集合するこのイベントはアスコット競馬場並の社交場となるのだ。

「きみは、今年も誰も呼ばないのかい、ヘンリー? 」
 今まで、誰もが気にかけ、そして意識して避けてきた話題を、生徒会メンバーの一人があえて口にした。
「予定はないね。」
 ヘンリー・ソールスベリーは、そっけなく答える。
 ヘンリーに家族の話題は禁句だ。
 周囲のキングススカラーたちに緊張が走ったが、黙って成行きを見守っている。
「きみ、一つ二つ下に妹がいるそうじゃないか。ぜひ紹介して欲しいよ。きみに似て美人なんだろう? 」
 周囲の気まずい雰囲気に気付いていないのか、それともわざとなのか、その生徒は話し続ける。
「妹も、金髪碧眼? 」
「さぁ、どうだったかな。暫く会っていないから。」
「アメリカの石油王の一族だったよね。きみのお母さん。」
 ヘンリーが段々とイラつきを増してきている。さすがに、事情を知るキングススカラーの一人が助け舟を出してきた。
「僕のうちも、来られるかどうかわからないんだ。水曜日だし。」
「服がないのかい? 野外なんだし、ドレスコードはそこまで厳しくないぞ。配管工の作業着でさえなけりゃ、入ってこられる。」
 クスクスとそこかしこで笑いが漏れる。
 卓越した成績で選ばれたキングススカラーは、中流や、中流上位の家の子がかなりの数を締める。
 ヘンリーや、エドガーのような貴族の子弟の方が少ないくらいだ。
 その生徒は、家族を馬鹿にされ、真っ赤になって黙り込んでしまった。
 ヘンリーの青紫の瞳が冷たさを増していく。

 その背後で、どっと笑い声が起こった。エドワード・グレイのテーブルだ。
「エドワードは、インド旅行で知り合ったインド美人を招待したらしいぞ! 」
「気を付けろ! 毎日、カレーを食わされるぞ! 」
「おい、聞けよ。インドっていったって、外交官の家だぞ。純粋に、英国の教育に興味を持ってだな……。」
エドワードは、慌てて弁解するように声を張り上げた。
「興味を持って、結婚! カラードの我が子もエリオットに! 」
「青い血に、黒い血を混ぜたら何色になる? 」
 さっきまでヘンリーに絡んでいた生徒も、ターゲットをエドワードに変えて煽り始める。
「由緒あるエリオットもそのうち、雑種の収容所か! 」

「雑種で悪かったな。」
 ヘンリーが静かに立ち上がった。
 辺りが一瞬で静まり返る。
「だ、誰もきみの話はしていないよ。」
 エドワードを囃し立てていた一人がしどろもどろに言い訳する。
「僕のことだろう? 青い血とアメリカ成金の雑種だ。みんな知っている。」
「きみは、違うよ! きみのお母さんだって元をたどれば英国貴族じゃないか! きみぐらい完璧な青い血はそうそういないよ。」
 ヘンリーはおもむろに上着を脱いで片袖を捲り上げた。
「僕の妹はカラードだよ。
 僕の血は青く、妹の血は黒いのか?
 僕たちは、一つの茎に咲いた二つの花だ。
 同じ血が流れている。」

 ヘンリーが、テーブルに置かれたナイフを手にすると、周囲だけでなくホール全体に糸を張ったような緊張感が走る。全員が、固唾を飲んでヘンリーを見守った。
 ヘンリーは、丁寧にナプキンでナイフを拭くと、いきなり、自分の左腕を切り裂いた。
 辺りに鮮血が飛び散り、真っ白なテーブルクロスに点々と赤い染みを滲ませた。
ヘンリーは、血の滴る片腕を高く上げ、静かに、けれど力強く言い放った。
「この血は何色だ? 血の色に、青だの黒だのあるものか。薄皮一枚の下には、誰だって同じ赤い血が流れているんだ。」
 静まり返ったホールでは、唖然として誰一人身動きひとつできなかった。
「僕を貴族と呼ぶのなら、僕にとって貴族の証は血の色なんかじゃない。
 何を考え、どう行動するかだ。
 『高貴さは義務を強制する』
 そんなことすら知らない連中と同席する気にはなれない。」
 ヘンリーは、言い終わると、テーブルを離れホールを後にした。
 朱色に黒の幾何学模様が描かれたホールの床に、深紅の血痕だけが、ポツリポツリと残っていた。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ