挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

41/383

  カレッジ・ホール3

 広大なエリオット校の敷地内には、三つのガーデンがある。
 その中でヘンリーが好んで休憩に使うのは、川沿いの道にある薔薇に囲まれたフェローガーデンだ。遅咲きのピンクやオレンジの薔薇が、盛りを過ぎたとはいえ、未だその香しい芳香を漂わせている。
 ガーデンの片隅にある、雨に晒され塗料のはげ落ちたベンチに腰掛けるヘンリーの姿を、高く伸びた薔薇の生け垣が、まばらに遊歩道を行きかう生徒たちから隠してくれていた。

 ベンチの背もたれに寄りかかるようにして眠っているヘンリーの横に、エドワードがそっと腰かけた。
「お前、また、眠れなくなっているのか?」
 普段でも怒っているように見える厳つい目を更に眇めて、エドワードが静かに尋ねる。
「そういうわけじゃない。勉強しているんだ。真面目にね」
 ヘンリーは、そのままの姿勢で目だけ開いて答えた。
「なんだって、進路をいきなり変更したりしたんだ? 経営に進むんじゃなかったのか?」
「ちょっとした軌道修正だよ。大学は、電子工学部に行く。今の経営学部はもう骨董的価値しかないよ。僕の学びたい分野で、行く価値が見いだせるのはIT分野だけだ」
 ヘンリーは、けだるそうに頭を起こし、金色の髪をかき上げる。

「約束は?」
「僕が父の貿易会社を継いで、きみが外務省に入って、英国の財政赤字を変えてやる、ってやつ?」
エドワードは、口をへの字に結んだまま頷いた。
「ちゃんと覚えているよ。大学院は、ビジネス・スクールに進むよ。院の方は評価できるからね。アーネストも、きみも、どうしてそう心配症なのかな?」
「お前が何も言わないからだろう」
 エドワードは憮然と答えた。
「心配するから、言えないんだよ」
 ヘンリーは脱力したように笑って言った。
「その疲れ切った顔を見ていたら、言いたくもなるだろうが」
 と、その大きな手でヘンリーの額にかかる髪をかき上げて頭を掴み自分の方に向けさせる。
「クマができているぞ。顔色も悪い」
「乱暴だな」
 エドワードはそのままペチッとヘンリーの額を叩いた。
「しっかりしろ」
 ヘンリーは顔を伏せてクスクス笑う。

「時間を作れ。お前に、土産があるんだ」
 エドワードはヘンリーの耳元に顔を寄せて囁いた。
「共感覚、知りたいだろ?」
「きみ……」
 ヘンリーは、眉を寄せて言いよどんだ。
「土曜の夜、ボート小屋。来るだろ?」
「考えておく」
 ヘンリーは立ち上がりエドワードを促した。
「授業が始まる」

遊歩道に戻り、二人で肩を並べて校舎に向かう途中、
「ソールスベリー先輩!」
と、ヘンリーを呼び止める声がした。
「こんにちは。先輩」
エドガー・ウイズリーが息を弾ませて追いかけて来ていた。
「やぁ、久しぶり」
ヘンリーは振り返り声をかけると、足を止める事もなく歩き続けた。
「先輩、今年のコンサートは……」
「またお使いかい? 僕はもう関係ないよ」
「客演で、出てもらえませんか?」
「きみがいるじゃないか。でも、もう僕の真似は止めた方がいい。去年のカプリースはつまらなかった。今年は、期待しているよ」
ヘンリーが冷たく言い放つと、エドガーはその場に立ち竦んだ。

遊歩道を足早に進みながらエドワードは、ヘンリーの肩を組み小声で訊いた。
「あのちっこいのが、今の先生のお気に入りか?」
「そうみたいだね」
「また可愛らしいのを……。大丈夫なのか?」
「さぁ、あの人の好みは金髪碧眼だろ」
「細身のな」
エドワードは、その腕でヘンリーの肩をバンバンと叩きながら笑った。
「厄介な心配ごとがひとつ減ったのは、嬉しいよ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ