挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

41/312

  カレッジ・ホール5  

 ヘンリーが目を覚ました時には、夜はとっくに明けていた。だが、辺りは薄暗く、静かな雨音が天井を打っていた。
 ソファーに座ったまま眠っているエドワードの足を、ヘンリーは軽く蹴とばす。
「おい、起きろ。」
「ん……。」
 寝返りを打って更に寝こけるエドワードを、ヘンリーは、今度は力を込めて蹴っ飛ばした。
「おい、エド! 」
「うるさい! 」
 逆切れか! ヘンリーはイラッと眉をひくつかせ、上着を取ると埃を払い、腕を通す。
「一生、そこで寝てろ。」
 と、背を向けて立ち去ろうとした時、エドワードが、ガバッと起き上がった。
「待てよ、ハリー。腹、減ったな。何か食いに行こう。」
 ヘンリーは、エドワードの寝ぼけた顔を見ると、不機嫌そうに歪めていた顔を緩め、声を立てて笑い出した。
「やってくれたな。親友にいきなり薬を盛られるとは、さすがに予想できなかったよ。」
「いい思いできただろう? 」
 エドワードは、バタバタと身体を叩くと大きく伸びをする。
「冗談じゃない。もう、こっちの世界に戻って来られないかと思ったよ。」
「そんなわけあるか。お前は、あの子がこの世界にいる限り、地獄の底からでも這い上がってくるさ。」
 エドワードは、真面目な顔をして言った。
「否定はしないね。」
 ヘンリーは複雑な笑みを浮かべている。
「で、僕に何を飲ませたんだい?」
「親父に貰った、軍が開発中の幻覚剤だよ。純度100%、不純物なし、副作用なしの試験薬さ。」
「僕を実験台にしたってわけ? 」
「まさか! 」

 二人は霧雨の降る川沿いの道を下って、繁華街に出ると行きつけのカフェの奥の席を選んで座った。もう、昼近い時間だったが、客席はまばらだった。
「こんな小汚い恰好で人前にでるなんて、一生の不覚だよ。」
 ヘンリーは、顔を隠すように長い指で顎を覆う。
「そうか? いつもよりずっとマシな顔をしているぞ。ずいぶん、元気そうだ。」
 ウエイターが、紅茶とクラブハウスサンドを運んできた。
 注がれた紅茶を一口飲んで、ヘンリーは、冷たくエドワードを睨め付けた。
「さっきの話だけれど……。自白剤だろ。軍が開発しているのは。幻覚作用が強すぎて実用化には至っていない。僕に、何をしゃべらせたんだい? 」
 エドワードは、サンドイッチを頬張りながら首を振った。
「しゃべらなかったよ、お前は。何もね。ずっと、泣いていたんだ。だから、何も聞けなかった。」
 エドワードは、顔を近づけて小声でそう告げた。
「音が視えただろ? すごく、幸せそうな顔をして泣いていたんだ。お前の妹の見ている世界の片鱗を、視ることができたんだろ? 」
 少し淋しそうな、それでいて優しい瞳でエドワードはヘンリーのセレスト・ブルーの瞳をじっと逸らさずに見つめた。
 ヘンリーは、厳しい表情のまま微動だしない。
 二人ともそれ以上何も言わず押し黙った。
 窓の外に降りしきる雨は、降り止む気配もなく音もなく落ちてくる。
 離れた席に座る観光客の外国語や、カチャカチャと食器を片付ける音が、静かな店内のBGMのように聞こえてくる。
 先に沈黙を破ったのは、ヘンリーの方だった。
「なら訊けよ。何が知りたい? 」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ