挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/541

  カレッジ・ホール2

 ヘンリー・ソールスベリーが、音楽のクラスを取らない。
 新学期早々、こんな噂が校内を駆け巡った。
 ヘンリーは、キングズスカラーの音楽試験で満点を付けて合格した。
 その為、音楽での奨学生ではないにも関わらず、学校側からの要請で音楽のクラスを取らされていた。授業に最低限しか参加しない、演奏会に参加しない我儘が通っていたのはそのためだ。
 クリスマス・コンサート後、ヘンリーは、動画サイトへの自分の映像公開を、プライバシー及び肖像権の侵害だとして学校への抗議を申し入れ、音楽クラスからの離脱を勝ち取った。表だっては言われないものの、音楽主任のキャンベル先生との確執は知れ渡っていたので、キャンベルは、とうとうヘンリーを取り逃がした、と陰で散々な嘲笑が囁かれた。

 だが、それ以上に驚かされたのは、今まで文系志望科目を選択してきたヘンリーが、理系志望科目にガラリと選択を変えてきたことだった。
 理系から文系への変更はできても、その逆はあり得ない。
 また前例のないことをやってのけようとしているヘンリー・ソールスベリーは、再び、時の人だ。
 音楽選択拒否の本当の理由は、大学の進路に直結するAレベルの科目選択のためだった。
 それまで、ヘンリーと同じ選択教科を取っていた友人たちは衝撃を受け、同じクラスで授業を受けたいがために頑張ってきた連中は落胆して言葉も出ない。
 今までヘンリーが取って来た授業と被る科目が一つもないのだ!

「お前の頭の中はどうなっているんだ?」
 出合い頭、エドワードはヘンリーを恫喝した。
「声が大きい。うるさいよ、エド」
 ヘンリーは、鬱陶しそうにエドワードを見やると、足取りを緩めることもなく綺麗に刈られた芝生を突っ切って行く。
「おい!」
「これからコンピューター学なんだ。遠いんだよ。時間がない」
 ヘンリーは迷惑そうにちらりとエドワードを見て早口で言った。
 殴りつけたい衝動を抑えながら、エドワードはヘンリーを睨み付けた。
 こいつだけは、本当に……。
「ちゃんと説明しろ」
「その辺のやつに聞けよ。僕以上に知っているよ。僕の知らないことまで知っているからね、あいつらは」
「ハリー!」
 ヘンリーはやっと立ち止まって、苦笑いする。
「ハリーって呼ぶなよ。急かされている気分になる。……ランチの後なら時間が取れる。ガーデンで待ってろ」
 それだけ言うと、エドワードの背をトンと叩き、足早に行ってしまった。
 エドワードも、怒りで頭を沸騰させながらも、それ以上追わなかった。

 父親に連れられヒマラヤに登った。いつかは、エヴェレスト登頂がエドワードの夢だ。これからの2年間は6thフォーム進学のためにこれまでのように遊んではいられない。夏季休暇の一カ月をかけてのインド旅行とヒマラヤ登山のプレゼントだった。
 それが、新学期に一週間遅れて戻ってきたら、そっくりなやつが入れ替わったんじゃないかと思えるくらいに、ヘンリーは別人のように変わっていた。
 いや、初日はちゃんとヘンリーだった。日曜日に、池で会った時は、ちゃんと俺の知っているヘンリーだった。
 おかしいのは授業が始まってからだ。選択科目を全て変えたことだって、一言もきいていない。聞きたくても、まず捕まらなかった。
 俺は本当にあいつの友人なのか?
 言いようのない苛立ちが、また込み上げてきた。
 石造りの回廊に囲まれた内庭に立ち竦みながら、エドワードは奥歯をギリギリと噛み締めた。
 あいつは、一体、何を考えているんだ?
 共に過ごす時間が、長くなればなるほどにわからなくなる……。
 エドワードは、大きく深呼吸して秋晴れの空を仰いだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ