挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

39/410

カレッジ・ホール

「お帰り、エド」
 楡の木の生い茂る池の辺で、幹に背を持たせて座っていたヘンリー・ソールスベリーは、振り返りもせずに声をかける。
「なんだ、驚かそうと思ったのに。相変わらずだな」
 エドワード・グレイは、残念そうに両手を広げ、肩をすくめてヘンリーの横に腰をおろした。
「きみの気配はうるさすぎるんだよ。武道家なら、少しは気配を殺しなよ」
「殺気で相手を威嚇する。これでいいんだ」
 エドワードは、明るいブラウンの瞳を自信満々に湛えて、笑った。こげ茶色の短髪にがっしりとした体躯には、学生というよりも軍人のような厳しさが漂っている。
「きみとはやはり意見が合わないな。僕は、危険を察知したら一目散に逃げろ、と教わったよ」
 ヘンリーは、煙草をくゆらせながらのんびりと言った。
「俺を一瞬で地面にキスさせておいて、奥義は逃げるか?」
「たまたまだよ、あの時は。僕がきみにかなうはずがないだろ」
 ヘンリーは、ぼんやりと柔らかな陽光を反射する池を眺めていた。
 穏やかな風がさわさわと水面を揺すり、光もそれに合すかのように小さく踊っている。

 プレップ・スクールの五年間、ヘンリーとエドワードは同じ寮で過ごした。
 空手黒帯のエドワードと、習っている期間では勝っているヘンリーの合気道とどちらが強いか、クラスで盛り上がったことがあった。エリオットの入学一次試験を間近に迎え、みんなぴりぴりしていた頃だ。合気道は、他人と競うものではない、とヘンリーは断ったが、エドワードは諦めず、挑発を繰り返し、掴みかかった。そして気がつくと、ヘンリーに床に転がされ、利き腕を捻りあげられていた。あまりの鮮やかさに、怒りが沸くことさえなかった。
 だが、その時には互角だった体形も、今ではヘンリーよりもずっとたくましくなり、身長も追い越している。今なら、負ける気はしないのだが……。
 その一度きりで、エドワードが何度頼もうと、ヘンリーはその後一切手合わせをすることはなかった。きみと本気でやると、腕を傷める、と言われると無理も言えなくなってしまった。
 エドワードだって、ヘンリーのヴァイオリンが聴けなくなるのは困る。

「きみ、生徒会に入るの?」
 ラグビーで鍛えたエドワードのがっしりした体躯に身に着けた派手な赤いウエストコートに目を止めて、ヘンリーは眉をひそめる。
「ああ、知らなかったのか? お前だって、監督生セレクトじゃないのか?」
「断った。監督生だの寮対抗だのが嫌でキングススカラーになったんだ。学業優先が許されるのは、スカラーだけだものね。特権は、せいぜい利用させてもらうさ」
「断った!?」
 エドワードは、驚きの余り大声をあげた。

 生徒会役員は生徒の人気投票で選ばれる、勿論、ヘンリーはだんとつで票を集めている。成績優秀者上位二十名から選ばれる監督生にも、ヘンリーは選ばれている。生徒会役員は、赤いウエストコートに灰色のスラックス、監督生は、灰色のウエストコートとスラックスを着用できる、エリオット校内ヒエラルキーの頂点だ。このどちらかの集団に所属することが卒業後の進路に大きく関わってくるため、皆、選ばれるための自己アピールに精を出しているのに!
「代わりに銀ボタンを貰ったよ」
 ヘンリーは、ついでのように呟いた。
 銀ボタンは、最優秀キングススカラーに与えられる栄誉だ。監督生と同じ特権を持ち、監督生の負うべき義務を持たず、学業に専念できる。だが、基本は最終学年生しか選ばれない。学年を超えて、ヘンリーはこの学校でトップの成績だということか……。最優秀とはそういうことだ。

 ヘンリーは、くわえていた煙草を揉み消すと、ごろりと横になりエドワードの膝に頭をのせる。
「膝をかしてくれる?」
「もう、のっているだろうが」
「きみのウエストコート、趣味が悪いな。似合っていないよ」
「余計なお世話だ」
 エドワードは熊手のように大きな手でヘンリーの髪を梳いてやった。
 こうしてやるとヘンリーは楽に眠れるからだ。

 アーネストの言っていた通りだ……。
 全く、どうしてこいつはこうなんだ?
 いつだって、切れる寸前の張りつめた弦のようだ。
 その繊細な弦を、がむしゃらに力任せに弾き続けている。
 だからこそ、存在そのものが芸術品のようになってしまった。
 見ているこっちの身にもなってくれ。弦がいつ切れるかと気が気じゃない。

 一度、そう言って怒った。
 一学年生の時か。ヘンリーが壮絶にいじめを受け、誰にも言わずに一人で耐えていたことが分かったときだ。
 ヘンリーは、笑って、
「心配いらないよ。僕には最強のG線があるんだ」
 と、わけのわからない事を言っていたっけ。
 ヘンリーは、変わった。ある時期を境に急速に変わってしまった。
 八つの時から知っていたヘンリーは消え、今のわけのわからないヘンリーに翻弄され続けている。
 エドワードはヘンリーが眠りに落ちたのを確かめて、そっと手を止めた。
 そのまま、静かに身体を木の幹に寄りかからせ、空を見上げる。
 羊の群れの様な雲が流れていく。
 新学期が始まったばかりというのに、もう秋の気配だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ