挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

35/270

  カレッジ・ホール4

 エリオットと隣町を分ける川にかかる橋の麓に、学校所有のボート小屋がある。
そこから更に上流に上った場所にある、今は使われていない朽ちかけたボート小屋は、エリオット生の間では、特別な場所だった。土日や休日に、寮内や校内ではできない事をするために、この場所は使われてきた。
この場所の使用権と使用ルールは、生徒会とセレクトと呼ばれる20名の監督生の間で厳格に定められ、使用中は、絶対に邪魔をしない決まりだ。
 普段、生徒会とセレクトは対立関係にあり仲が悪いとされているが、この一点での結束は固かった。時には、一般生徒には知られては困るような密談も行われる、彼らには必要不可欠の場所だったからだ。

ヘンリーが小屋に着いた時には、エドワードは既に、埃っぽいソファーの上でくつろいでいた。小屋と言っても、以前は大量のボートが収納されていた大倉庫だ。だだっ広い空間の片すみに、汚い応接セットや壊れかけた椅子が何脚も置かれている。
「飲むか?」
 明かり取の窓から外灯の光が差し込んでいる他は明かりの無い薄暗い部屋で、エドワードはビール瓶を差し出した。
「いらない。知っているだろ。臭いが嫌いなんだ。」
 ヘンリーは、エドワードの横に腰かけ、上着を脱いだ。
「伯爵さまは、ワインじゃないと駄目だったな。」
 エドワードは、鼻で笑って、ローテーブルに置いてあるキャンプ用のランタンに火を灯した。
「僕はまだ平民だよ。ビール以外ないのかい? 」
 ヘンリーは、煙草を取り出し、火を付ける。
「これならある。」
 エドワードは、テーブルの下からシャンパンの瓶を取り出した。
「冷えている?」
「そこは、我慢しろ。」
 エドワードは、シャンパンを勢いよく開けると、テーブルの上のロックグラスに注いだ。
そして、携帯CDプレーヤーのスイッチを入れる。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が流れ始める。
「乾杯! 」
「何に? 」
「俺たちの友情に。」
「高くつきそうだな。」
 ヘンリーは、薄く笑って、グラスを合わせ、一気に飲み干した。
 とたんに口を押えて、前かがみに崩れ、テーブルにつっぷした。手から滑り落ちたグラスを、エドワードが予測していたように受け止める。
 ぎゅっと顔をしかめ、激しく肩で息をしながら、やっとの思いで顔を上げた。
「何を飲ませた? 」
「約束のものさ。心配するな、直に治まる。すぐに天国が見えて……。」

 心臓の音が、ビッグベンの鐘の音のように鳴り響き、エドワードの言葉をかき消した。辺り一面が明るく輝きだす。7色の光のスペクトルが乱舞する。まるで万華鏡の中に立っているかのように、目まぐるしく世界が、自分を軸に回転していた。
 頭がくらくらする。とても立っていられない。地面が、空気が、波打っている。その輝く極彩色の波には、リズムがあった。一定の調和があった。ここから始まり、大きくうねってまた、ここに戻って来る。光の波が、音楽のように、寄せては引いていく。このまま、この光の中で溺れてしまいたい……。
 光の波に自らを投じてみると、光はその身体ごと包み込んで、暖かくヘンリーを慈しんだ。
 僕は、音楽に包まれているのか。僕は、音を視て、音に触れているのか。
 青色、黄色、紫……。その色一つ一つに、温度があった。優しく、激しく、暖かい色彩たち。
 僕が、この一音、一音を愛するように、この一音も、僕を愛してくれている。
 僕は、今、音楽のなかにいるんだ。

「サラ……。」

 ヘンリーの唇が小さく呟いた。
 酩酊して倒れ込んでいるヘンリーをソファーに寝かせ、
エドワードは、ぐびぐびとビールを飲み、ヘンリーが火を付け置いたままにしていた煙草を吸った。
「きつい銘柄吸いやがって。」
エドワードは、顔をしかめて煙を吐き出した。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ