挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/498

  真夏のカフェテラス2

「失礼、きみ。今、きみが口にした“シューニヤ”て、数学交流サイトにいる“シューニヤ”のことかな?」
 背中越しにいきなり声をかけられ、杜月飛鳥は跳ねる様に振り返った。

 完璧な正装の年若い紳士が立っていた。ふんわりと撫でつけられた金髪の下の、青? 紫? の、不思議な色の瞳が自分を見据えている。端正な顔立ちに上品な物腰で、日本では、結婚式でしか見たことがないような燕尾服を着ている。映画から抜け出てきたような英国紳士(ジェントルマン)だ。

「いきなり声をかけて失礼」
「はい。いえ、いいえ。そうです。数学のサイトの“シューニヤ”です」
 飛鳥はあたふたして上手く答えられない。
「同席させてもらってもいいかな? 僕も“シューニヤ”のファンなんだ」
 紳士はそういうと、優雅な仕草でカフェテーブルをトンッと指先で叩いた。
「勿論です。喜んで」
 その紳士は、飛鳥の向かいに腰かけると、すぐさまウエイターを呼んで注文を出した。
「きみは、サマースクールでここに?」
「はい、“シューニヤ”が勧めてくれて」
 紳士の眉がぴくりと動いた。

「“シューニヤ”が?」
 紳士は、黙ったままじっと飛鳥を見つめている。いや、睨まれているのか。上品なのに、変に凄みのある瞳に、飛鳥は緊張の余り硬直した。蛇に睨まれたカエルの気分だ。
 飛鳥の過度の緊張に気付いたのか、紳士は、表情を和らげ微笑みかけた。
「失礼。自己紹介がまだだったね。僕は、ヘンリー・ソールスベリー。エリオット校生だ。よろしく」
 しなやかで如何にも手入れの行き届いた品の良い手を差し出され、飛鳥はおずおずとその手を握り返した。
「こちらこそ、よろしくお願いします。杜月飛鳥、日本人です」

 エリオット校生? こっちの人は威厳があって、本当に大人っぽいんだなあ……。

 真っすぐに見つめるのが申し訳なく思えるほどの完璧な容姿に、エリオティアン・イングリッシュ。本物の貴族の子弟ってこんな風なのかな……。
 飛鳥は、ぼーっと見とれすぎて、言われたことを聞き逃してしまった。
「はい?」
「きみのハンドルネームは?」
「アスカです。名前と同じです」
「で、“シューニヤ”と話したことがあるの?」
「チャットで、数回だけですけど」
 ヘンリーは、また、眉を寄せた。

「珍しいね。“シューニヤ”が、個人的な関わりを持つことはないと思っていたよ」
「あの、僕は工学系の高校に通っていて、僕の作っているARの機械に興味を持ってくれたんです。いろいろアドバイスをしてくれて、ここの学校を勧めてくれました」
「へぇ……」
 ヘンリーは無表情のまま、膝の上で軽く腕を組んで聞き入っている。ただ椅子に腰かけているだけなのに、その姿勢から育ちの良さが感じられた。
「半導体の勉強をするならケンブリッジ大学へ進むべきだって。そのために、高校からエリオットへ留学するといいって」
「ここに留学してくるの?」
 ヘンリーは、飛鳥をじっと見つめたまま聞いた。
「いいえ。学費が高すぎて」
「奨学制度がある」
「10%じゃ、とても無理です」
 飛鳥は残念そうに笑った。
「でも、諦めきれなくてサマースクールに。“シューニヤ”が勧めてくれただけあって、素晴らしい経験になりました」
「きみが本当に英国に来たいのなら、ウイスタンを受験するといい。学費だけじゃなく、生活費まで100%援助してくれる奨学制度がある。……きみ自身にそれだけの価値があるのならね」

 ウエイターがアフタヌーン・ティーのセットを運んできた。
 紅茶のほかに、サンドイッチやスコーン、一口サイズのケーキが三段重ねのティースタンドに綺麗に盛られている。
「どうぞ。暇つぶしに付き合ってくれたお礼だよ」
 ヘンリーは、腕時計にちらりと目をやると、立ち上がりガウンを羽織った。
「もし、留学に身元引受人(ガーディアン)が必要なら紹介するよ。“シューニヤ”に伝えるといい。ヘンリーから聞いた、てね」
「彼を知っているんですか?」
「彼じゃない。彼女だ。きみに会えて良かったよ、アスカ・トヅキ。きみの、英国での滞在が素晴らしいものになりますように」
 早口で一気にそれだけ言い終わると、ヘンリーは足早に立ち去っていった。
 あっけに取られて、何も答えられないままの飛鳥を一人残して。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ