挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

33/436

真夏のカフェテラス

「時間が空いたな」
 二つ折りの携帯電話を閉じたヘンリー・ソールスベリーは、エリオット校学舎の南にあるサウスパーク前のカフェテリアで、ぼんやりと通りを行く人々を眺めていた。

 やたらと、東洋人が多いな……。

 揃いのTシャツを着た四~五人のグループや、制服らしい揃いのブレザーを着た学生の団体が大勢行きかっている。

 サマースクールか……。

 夏季休暇中のエリオット校は、毎年、海外からの短期留学生を受け入れ、サマースクールを開講している。
 この時期のエリオットにいたことがなかったので忘れていた。そういえば、ケンブリッジに進学したアーネストがOBとして戻って来てサマースクールのサポートをしている、と言っていた。
 カシャッ!
 シャッター音がする。
 ヘンリーは眉をひそめて不快感を露わにした。
 夏季休暇中、学生は皆帰省し、エリオット校の制服を着て歩いているものなどいない。
 戻って来るなり、ヘンリーは観光客の好奇の目に晒され神経を苛立たせた。
 ケンブリッジ大学の教授に会うからと言って、正装で来いと言ったメイスン先生を恨んだ。
 このくそ暑いのに、ガウンまで羽織らなければならないなんて!

 ことの発端は、一本の電話だった。
『ソールスベリー、きみが提出したレポートの裏の落書きのことでね』
『落書き? それは、大変失礼をいたしました』
 哲学のフォード先生からの電話の内容は、哲学のレポートの裏に書かれていた特殊関数の定理とその証明に、数学のメイスン先生が大変興味を持たれた。恩師のケンブリッジ大学教授ハワード先生に見ていただいたところ、論文にして発表するべきだ、詳しく話をしたい、という流れになった、とのことだった。
 先生からの直々の申し出を電話口で断る訳にもいかず、休暇中というのに、ヘンリーはエリオット校に出向いてきたのだった。

それにしても、サラの落書きを見落としていたなんて!

ヘンリーは自分のうかつさに腹を立てていた。
サラの能力が評価されるのは嬉しいのだけれど……。
本人は、表舞台に出ることを極端に嫌がった。特に、数学。数字はサラにとって特別な意味を持つ。それなのに、サラは数学に取り組むことに、ことさら罪悪感を覚えるようだった。数字は遊びで、たまの楽しみ。それがサラの数学の位置づけだ。

 ヘンリーは、氷の溶けかかったアイスティーのグラスを手に取った。
 約束の時間が変更になり、後一時間、時間を潰さなくてならない。
 それに、先生の申し出にどう返事するかも決めかねている。
 ヘンリーも、サラを人に注目されるような場所に出したくなかった。

 通りを挟んで、東洋人の少女たちが、ヘンリーをチラチラと見ながらこそこそと囁き合っている。
 その集団から離れて、東洋人の少年が一人、道を横切ってこちら側に渡ってきた。

 とうとう、話しかけにくるのか? 

 ヘンリーの不機嫌に拍車がかかる。イラついた気分のままに、その少年を睨め付けた。
 もっさりとした黒髪に、細身の紺のブレザーに灰色のスラックス。おそらく、これも制服なのだろう。サマースクールに参加しているのなら、自分とそう年齢は変わらないだろうに、その外見はまるでプレップスクール生と変わらないほどに、貧弱で幼く見えた。

 少年は、予想に反してヘンリーには目もくれず、真っすぐにテラスに入ると、ヘンリーとは背中合わせに座り、ウエイターに注文をだした。
 そして、すぐに手にしたカバンから小型のノートパソコンを取り出すと電源を入れた。
「やっぱり、シューニヤ、いないなぁ……」
“シューニヤ”という単語だけが、ヘンリーの耳に飛び込んできた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ