挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

30/343

  石造りの壁の中8

 クリスマス・コンサート当日がやってきた。
 一曲目が、ソールスベリーのヴァイオリン、ウイズリーのピアノでサラサーテ作曲『ツィゴイネルワイゼン』、
 二曲目が、ウイズリーのヴァイオリンでパガニーニ作曲『カプリース№24』
 三曲目からオーケストラ演奏で、ブラームス作曲『交響曲第一番』

 エドガー・ウイズリーが、伴奏も独奏も勝ち取れたのは、ウイズリー以外が予想しえなかった理由による。
 当初、ピアノ伴奏は元々ピアノ担当の別の生徒に決まっていた。それが、前日になって辞退してしまった。ヘンリー・ソールスベリーが一度も練習に来なかったからだ。

 本当に、ソールスベリーは演奏会に出演するのか? 学内の話題はそれ一色で、出る、出ない、の賭けで盛り上がっていた。

「先輩は絶対に演奏してくれます。」
 と、ウイズリーは伴奏の選考から落とされても、ヴァイオリンと並行してピアノ伴奏の練習を続けた。そして、
「僕は一度先輩の演奏を聴いているから伴奏できます。」
 と、前日になって奏者の椅子を勝ち取ったのだ。
 先輩は練習には出て来ない……。
 と、漠然と初めから感じていた。
 あの人は、我儘で、一筋縄ではいかないひとなんだ。

 チケットは完売。座席数1000では収容しきれず、生徒会は立見席まで売り出した。

 開演20分前だ。とうとう当日の音合わせにすら来なかった……。
 先輩が来ないなら、僕が弾いてやる……。

「やぁ、ウイズリー、今日はよろしく頼むよ。」
 ヘンリーが、にこやかにエドガーの肩を叩いて言った。

 エドガーは、ヘンリーを睨めつけながら手を差し出した。
「こちらこそ、よろしくお願いします。足を引っ張らないように頑張ります。」
 ヘンリーは、軽く握手を返す。
「心配していないよ。きみは、耳がいいからね。ところで、きみ、僕が出る方に賭けたかい? 」
「僕はそんなことには参加していません。」
 エドガーは、厳しい面持ちを崩さずに答える。
「それは残念だ。最終オッズは25倍だったのに! きみなら当然、僕が出る方に賭けていると思っていたんだがね。」
 ヘンリーは、歌うように軽やかにしゃべり続ける。今日はやたらと機嫌がいいようだ。

 開演のベルが鳴る。
「行こうか。」
 緊張のかけらもない顔で、ヘンリーは笑った。

「僕の女神に。」
 舞台の中央に立ち、小声で呟くと、ヴァイオリンを構えた。
 それだけで、客席からため息が漏れた。
 ヘンリー・ソールスベリーは、ただそこに立っているだけで美しかった。
 ヘンリーの腕が、優雅に踊るかのように奏で始める。

 サラ、この曲をきみに捧げる。
 差別と迫害に晒され、脅かされ続けてきたロマの歴史は、そのままきみの歴史だ。
 その事実を思うとき、僕はいまでも涙が止まらなくなる。
 その時、その場に、きみの傍にいてあげられていたら……。
 無力な自分が情けなくて、惨めさに打ちひしがれる。
 神に無理やり負わされてきた試練に、きみは負けたりしない。
 決して歩みを止めることをしない。
 そんな辛い目にあってきたのに、
 自らを憐れむことすらない。
 いつでも力強く大地にその足を踏みしめて歩み続ける。
 哀しい過去を踏みしめて。
 自分を貶めてきた者にすら笑顔を向けて。
 美しい未来をその手で紡ぎ続けるきみに、この曲を。

 曲の途中から、むせび泣きが聞こえてくる。それ以外は、演奏が終わっても、水を打ったように静かだった。
 ヘンリーは、一礼して退場した。

 舞台袖から走ってエントランスに回るった。ヘンリーの背中越しに歓声と拍手が響き渡っている。
「サラ! 」
 ヘンリーは、ホールから出て来たばかりのサラを勢いよく抱き上げた。
「気に入った? 」
「最高よ、ヘンリー。」
 サラはヘンリーの首に腕を回して頬にキスをした。
「きみのための曲だよ。」
「ありがとう。すごく綺麗だった。暖かい太陽の色だったわ。赤や黄色のスペクトルが輝いて、放射されていたの。まるで宇宙の始まりのよう。」
「きみの宇宙に少しは貢献できたかな?」
 ヘンリーは、ちらっと、視線を外す。
 誰か来る……。
「もう、行かなきゃ。」
 もう一度だけサラをぎゅっと抱きしめて、そっと下した。
「頼んだよ、マーカス。」
 傍らに立つマーカスに頷きかけ、サラの漆黒の髪をひと撫ですると、ヘンリーはすぐさま走って戻っていった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ