挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/498

  石造りの壁の中3

 「ツィゴイネルワイゼン……」

 なんて哀しそうなんだろう……。胸が締め付けられる……。

 教室内から漏れてくるヴァイオリンの音色に、エドガー・ウイズリーは扉を開けることを忘れてその場に立ち尽くしていた。
 気が付くと曲はとっくに終わっているのに、その余韻にひたったままボロボロと泣いていた。

 「さぼっていた割には、随分といい顔で弾くようになったじゃないか」
 キャンベル先生の声だ。約束の時間をかなり過ぎてしまっている。
 エドガーは慌てて制服の袖で涙を拭うと、ノックをして扉を開けた。


 「おはようございます。先生、遅れてすみません」
 教室内に視線を向けると、キャンベル先生が、ヴァイオリンを手にした生徒の両肩に手をおいて、どこか意地悪な、嫌味な頬笑みを浮かべている。
 その生徒は背中を向けていたが、明らかな不快感を全身から漂わせていた。
 気まずい空気にエドガーは目を伏せた。いたたまれなかった。

 「初めまして、神童君」
 すらりとしなやかな手が、伏せた視界に差し出される。その下の綺麗に磨かれた靴に、何故か既視感があった。その優雅な立ち姿に見覚えがあった。
 跳ねる様に顔を起こし、背の高い相手を見上げて、驚きの余りエドガーは口をパクパクさせ、
「あの……。ありがとうございました!」
 上ずった声で、やっとそれだけ口にした。
「何のことかな?」
 何日も探し回っていたその人は、エドガーの手を軽く握ってにこやかに微笑むと、
「では、僕はこれで」
 と、素早くヴァイオリンをケースにしまいにかかった。
「まぁ、待ちなさい。紹介がまだだろう」
 キャンベル先生が、口元に皮肉な笑みを浮かべたまま引き止める。

「ヘンリー・ソールスベリー、三学年だ」

 三学年! 最上級生だと思っていた! 僕とふたつしか変わらない!

 エドガーは、先ほどにも増して目を丸くした。
「でかい目だな」
 ヘンリーはクスッと笑ったが、表情を引き締めるとキャンベル先生に視線を移した。
「オケでは彼が第一の首席、僕は前座でピアノと演奏。それでいいでしょう?」
「久しぶりに出てきて、相変わらず我儘だな。前座ならソロでパガニーニだ」
「弾けるわけがないでしょう」
「できないわけがないだろう? エドガーだって弾ける」
 エドガーの頭上で会話が飛び交う。おろおろして見守っていると、
「じゃ、彼が弾けばいい。僕は出ない」
 捨て台詞を残して、ヘンリーは教室を出て行ってしまった。
 あっという間のことに、エドガーはあっけに取られて見送るしかない。

「全く、天才君は我儘だな……。きみは、見習うなよ」
 エドガーはオロオロと先生を見つめたが、訳が判らないので黙っているしかなかった。
「クリスマス・コンサートに出るように、説得してくれないか。同じ寮だろう?」
「え?! そうなんですか!」
「なんだ、知らなかったのか?」
 入学して二カ月も過ぎたのに、全然知らなかった。上級生は恐れ多くて、関わるのは寮長くらいだ。それにしても、灯台下暗しとはこのことだ。二週間も探していたのに!
「全く、あいつは一筋縄ではいかない。頭が痛いよ」
 ぼやくキャンベル先生に、思わず大きく頷いた。

 僕もです、先生……。やっと会えたのに、思いっきり忘れられていました……。

 エドガーは、キャンベル先生と顔を見合わせて、苦笑いするしかなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ