挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

25/408

石造りの壁の中

「ご、ごめんなさい……。50ポンド札しかないんです。構いませんか?」
 赤レンガ造りの細い路地で、少年が一人、二人組に挟まれ壁に押し付けられていた。金をせびられているようだった。
 まだあどけなさの残る黒髪の小さな少年だ。街の中心から坂道を登った所にあるパブリックスクール、エリオット校の制服を着ている。良家の子弟が通うことで有名なこの学校の生徒が街へ下りると、こうしたトラブルに巻き込まれることが多々あった。
 少年は、震えながら内ポケットから財布を取り出そうとしていた。

「きみ、火を貸してくれないかな?」
 突然、背後から声をかけられ、帽子を目深にかぶった男たちは振り返って歯を剥いて怒鳴った。
「うるさい!さっさと行け!」
「きみたちが邪魔で通れない」
 声の主は、長い指に煙草を挟み、優雅な仕草で通りを指し示す。
「火がないのなら、そこ、どいてくれるかな?」
 気取ったエリオット校特有のアクセントには、この男たちをイラつかせるのに十分な効果があったらしい。一方の男が怒鳴り散らし、声の主に殴りかかった。
 いきなりの展開に、少年はぎゅっと目を瞑って身を強張らせた。

「きみ、金が欲しいんだろう?」
 そっと目を開くと、殴りかかっていった男は、声の主の長身の青年の足元に伸びている。
 青年は、財布から5ポンド札を取り出し、ひらりと足元に落とした。
「ほら、遠慮せずに拾え。這いつくばって」
 酷薄そうな青い瞳が残った片割れを見下し、唇には冷笑をたたえている。

 片割れは、身じろぎもせずにじっと長身の男を睨み付けた。
「どうした? 施しより、恐喝の方がマシか? その方が、きみのプライドが保たれるのかな? なら、奪い取りに来いよ」
 青年は、両腕を広げて挑発した。
 片割れは、歯を食いしばったまま動かない。ただ、その瞳を憎悪でぎらつかせている。
 黒髪の少年は、事の成り行きが理解できないまま、青年に目が釘付けになった。
 そこに立っているだけなのに、有無を言わせぬ威圧感で見る者を制圧する。優雅に佇む貴族然とした姿は余りに静かで、何故だか怖ろしさを感じさせた。少年は、恐喝されていた時よりも、胸がドキドキしていた。

 暫くの間をおいて、
「つまらないな」
 と、青年は一息つくと少年の方に向かって歩き出した。
 殺意さえ感じさせるほどの瞳で睨み続ける男の横を、何事も無かったように通りすぎ、少年の腕を掴んで、ついてくるようにと促した。
「どこの寮?」
「カレッジです」
「キングススカラーか。優秀だな」
 青年は思い出したように歩みを止め、振り返ると、優雅な仕草で倒れている男を指し示した。
「ああ、そこのきみ。きみの連れ、ちゃんと連れて帰ってやれよ。そんなところで寝ていると風邪をひく。あと2~3時間は起きないと思うからね」
 そして、ポケットからライターを取り出して、煙草に火をつけた。

「きみ、今日銀行に行っただろう?」
 青年は、少年に歩調を合わせてゆっくりと歩きながら聞いた。
「はい」
 少年はどぎまぎしながら答えた。
「きみのジャケット、背中にチョークで×が描かれてある。僕は現金を持っている鴨です、て、印だ」
 少年は、慌てて背中を見ようとしたが、もちろん見えるはずがない。
「きみみたいな小さいのは、あまり一人で出歩かない方がいいな」

「あの、あなたもエリオット生?」
 青年は、エリオットの制服を着ていなかったが、この学校特有のアクセントに間違いない。それとも、卒業生だろうか。
エリオット校の入り口で、少年は勇気を出して訊ねてみた。
青年は、にっと笑うと片手を上げ、踵を返して行ってしまった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ