挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第一章

23/265

  石造りの壁の中6

「どうだった?」
 アーネストは消灯前の見回りを終えて自室に帰ってくるなり、膝にノートパソコンを載せてキーボードを叩いているヘンリーに声をかけた。
 一般の寮生は10時に消灯だが、寮長には制限は設けられていない。
 その為、ヘンリーは、消灯後はアーネストの部屋で勉強を続けるのが常になっていた。
 3学年にして、学習内容は最終学年レベルのヘンリーの我儘を、寮監も見て見ぬふりをしてくれていた。

「ん? 何が? 」
 まともに聞く気もないのか、ヘンリーは生返事でパソコンのモニターを追いかけている。
「エドガー・ウイズリーさ。」
「ああ……。噂通りだな。」
 ヘンリーは顔も上げずに答える。
 アーネストは深くため息を付いて、
「机を使っていいよ……。」
 と、ヘンリーのパソコンを取り上げて机の上に置いた。
「お茶でも飲む? 」
「もうすぐ終わる。」
 ヘンリーは場所を移動して作業を続けた。
 こうなると、だめだ……。
 アーネストは、諦めて電気ポットで湯を沸かし、紅茶の準備を始めた。

「で、何だって? 」
 ヘンリーがこちらを向いたのは、それから1時間は経ってからだった。
 ソファーに座ったまま寝掛かっていたアーネストは、眠そうに目を擦った。
「何だ? 疲れているのか? 寝てていいよ。」
「いや、聞きたい。エドガー・ウイズリーあの場所にきたんでしょ? 」
「ああ。キャンベル先生も、手回しが良くなってきたな。新入生を使うなんて。」
「ちゃんと、きみの好みを押さえているしね。」
「取りあえず、僕のヴァイオリンにウイズリーがピアノ伴奏してくれるらしい。音楽のキングズスカラーが伴奏じゃ通らないだろうから、おそらく、別で、ソロヴァイオリンを弾かせる。オケは最上級生が首席奏者ってところでおさまるんじゃないか。
ウイズリーは、なかなか気が強くてしたたかだな。僕に張り合ってきたよ。」
 ヘンリーは、面倒くさそうに報告する。
「それで、きみは出てくれるの? 」
「先生次第だな。」
「今の時点で、オッズは、5倍で出ないが優勢だよ。それとは別で、生徒会は、きみが出るんだったらチャリティーチケットの値段を引き上げるって言っているよ。」
「どこまで僕で稼ぐつもりなんだ? 前にデヴィッドにやった入試予想だって、相当稼いだんだろう? あれ、まだ使っているのかい? 」
「コピーで200ポンド。新しいのを作ってくれたら、軽く10倍の値段がつくよ。いまだに、人気衰えずだね。」
 ヘンリーは顔をしかめて、蔑むような口調で言った。
「ここのやつら、みんなおかしいんじゃないのか? 
 せいぜい、ウイズリーが先生と上手く交渉してくれるように祈っておくといい。」
「いつ決まるんだろうね? 」
「ウイズリーに聞いてくれ。とにかく僕は、キャンベル先生と顔を合わせたくないんだ。」
 ヘンリーは嫌悪感を隠すこともなく、吐き出すように言った。
「相変わらずだねぇ。」
 アーネストは、ソファーに頭をもたれさせて薄く笑う。
「むこうも相変わらずだった。べたべた触りやがって。」

 入学当初よりはマシになったものの、もう少し人あしらいが上手くならないものか。そうやって露骨に拒絶するから、余計に惹きつけられるんだよ……。
 アーネストは、また、パソコンに向き直ったヘンリーの背中を眺めながら憂慮し、顔を曇らせる。
「お茶、入れようか? どれくらいかかる? 」
「朝までには終わらせたい。コーヒーがいい。」
 ヘンリーは振り返りもしない。
「ヘンリー、勉強も大事だけれど、この学校でそれ以上に大切なのは人間関係、みんな人脈を作りにきているんだ。」
「判っている。」
「だったら、もう少しみんなに協力してくれてもいいんじゃないの? 」
「協力するも何も、僕をネタにしていつも勝手に盛り上がっているじゃないか? 賭けでもなんでも好きにすればいい。僕は、遊んでいる暇なんてないんだよ。」
「きみを見ていると、なんでそんなに必死なのかわからないよ。成績優秀、今更詰め込む必要なんてないじゃないか。」

 アーネストは、今までずっと疑問に思っていた問いをぶつけてみた。ヘンリーは学年を重ねるごとに睡眠を削り、食事時間まで削って勉学に打ち込む。昔はこんな子じゃなかったはずだ。
「僕は凡人だからな。少しでも、サラに近付きたいんだ。同じ景色を見ることはできなくても、ほんの片鱗でもいいから、サラの見えている世界が知りたい。」
 ヘンリーは、やっと画面から顔をそらして、アーネストを真っすぐに見つめた。
「きみのお姫さまは、そんなに遠いの?」
「僕なんかよりずっと、未来にいるんだ。」
妹の話をする時だけ、本当に自慢げな、幸せそうな顔をして、ヘンリーは、再びモニターに視線を戻した。

 ヘンリーは僕を見ない。常に、目の前を擦り抜けて、真っすぐに未来を見つめている。
 みんな、きみのその一途な姿勢に魅了される。
 きみが、妹を思うように、僕も、おそらくみんなも、きみの見ている世界を知りたいし、その世界を共有したいんだと、どうして気付いてくれないんだろう? 前を向いて進むだけでは、誰かと視線が絡み合うこともない。永遠の片想いだ。
 この学校内では誰よりもヘンリーの近くにいるのに、寂寥感が水紋のように広がってきて、時々溺れそうに息苦しくなる。
 アーネストは、モニターに向かうヘンリーを背後から抱きしめ、すっと離れて言った。

「OK、ヘンリー。きみが彼女に追いつけるように、もう邪魔はしないよ。」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ