挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/525

  冬の応接間6

 いつも暗闇の中にいた。
 歩き回って探してみても、出口がないことはもうわかっている。
 凍り付きそうな寒さに耐えながら、身を丸めて待つしかなかった。
 目が覚めて、この夢が終わるのを……。
 だから、眠ることが嫌なのだ。
 どんなに幸せな日々を送っていても、必ずこの夢の中に戻って来る。
 本当は、ここが現実で、幸せな夢を見ているだけなのかもしれない……。

 変わることの無かった闇世界が、今日は違っていた。
 親鳥の羽に包まれているように、ほんわりと温かい。
 暗闇の中に、チラチラと明かりの揺れる出口が見える。

 目を開けると、暖炉の炎がゆらゆらと揺らめいていた。
 ああ、この火が瞼越しに透けて見えていたのね……。
 サラは身体を起こそうとして、身じろぎした。
 暖炉の火に照らされた、はちみつ色の髪が視界に光る。
 ヘンリーが、ソファーの端にもたれかかったまま、すやすやと眠っていた。
 サラは、寝乱れたヘンリーの髪を指ですき上げて整えた。
 ヘンリーに身を寄せて、その額に自分の額をこつんとくっつけて、小さく呟いた。
「この世界が現実ならいいのに」

「現実だよ」
 サラは驚いて、反射的に額を離した。
「現実だよ、サラ」
 青紫の瞳がサラを見つめている。
 ヘンリーは起き上がってソファーの端に座り直した。
 そして、サラの身体を引っ張り起こしぎゅっと抱きしめた。
「良かった。ちゃんと戻ってきてくれた」
 ヘンリーは、強く、強くサラを抱きしめながら、むせび泣いた。
「怖かった、すごく怖かった。サラがいなくなってしまいそうで。もう、絶望の中に戻らないで。
 ずっと僕の傍にいて」
「ヘンリー」
 サラはヘンリーの背に腕を回した。
「ヘンリー、心配かけてごめんね」

「サラ」
 ヘンリーは力を弱めることなく、サラを抱きしめ続ける。抱きしめているのか、しがみついているのか、自分でもわからなかった。ずっと押し殺してきた感情が、関を切って溢れ出して止まらない。
「サラ、過去よりも何よりも、僕のことを一番に考えて。どこにも行かないで。夢の中ですら、僕のいないところには行かないで。僕を一人ぼっちにしないで。約束して、サラ」
「わたしの一番は、いつだってヘンリーよ」
 サラも、ヘンリーを抱きしめ返す。

 ヘンリーがこんな風に取り乱すのは、初めて、いや二度目だ。わたしがアウトカーストだと言った時も、ヘンリーは怒って涙を流した。わたしの過去は、ヘンリーを傷つける?

「もう、過去に捕らわれたりしない。約束する」
「本当?」
 ヘンリーは、やっと腕を緩めて身体を離した。その身体が小刻みに震えている。いつものヘンリーらしくない、弱々しく潤んだ瞳でじっとサラを見つめている。
「本当」
 サラは、掌でヘンリーの涙をぬぐい、あやすようにもう一度抱きしめて、耳元で囁いた。
「ここがわたしの家。ヘンリーがわたしの家族。これからわたしは、ヘンリーと共有する未来で過去を上書きしていくの」

 闇がわたしを捕まえていたんじゃない。わたしが闇に逃げ込んでいたのだ。
 今の幸せを信じるのが怖くて。失うのが怖くて。
 自分は幸せになってはいけないのだ、と暗闇の世界を作り出していた。
 自己憐憫に溺れていたのだ。
 でも、
 望む未来があるのなら、がむしゃらに掴まなければならない。
 そのために闘わない者に未来は来ない。
 もう、決して逃げたりしない。ヘンリーの片羽の天使に誓って。

「ずっと、傍にいるわ、ヘンリー」

 壊れていたサラの時間が動き出す。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ