挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

20/312

  冬の応接間5

 記憶が一気に逆流する。叔父や叔母のサラをののしる声が響き渡る。
「ごめんなさい!ごめんなさい! 」
 サラは泣きながら亀のように縮こまり折檻に耐えた。
「ごめんなさい! 」


「サラ! サラ! 」
 突然、悲鳴を上げ崩れ落ちて泣き出したサラを、ヘンリーはどう扱っていいのかわからなかった。
 とにかく、サラの、折れそうに細い身体を抱き起した。
「サラ? 」
 訳が分からない。
「僕の声、聞こえる?」
 サラはまるで夢の中にいるように泣き続けた。
「マーカス! マーカス! スミスさんに電話して。」
 ヘンリーは、床に座り込んだまま、サラの頭を自分の肩にもたせて、その背を優しくさすってやった。
 サラは悲痛な面持ちでずっと泣きながら何か呟いている。
 やっとマーカスが電話を持ってきた。スミスに繋がったようだ。


「神様は、どこまでサラに残酷なんだ……。」
 電話を切ったヘンリーは、暗澹たる思いで呟いた。

 結局、僕はサラのことを何も知らないんだ。
 今まで自分のしてきたことが、全て自己満足に思えてきた。
 サラは、いつも喜んでくれる。嬉しそうに笑ってくれる。
 だから……。
 クリスマスに、クラッカーを鳴らし、一緒に食事をして、記念写真を撮る。
 僕は、僕自身のためにそうしたかったのか?
 サラの上に、自分自身を重ねていた。サラが喜んでくれれば、幼い頃の自分が救われる気がした。
 幼い頃の、両親のいないクリスマス。
 祖父母や母はパーティー三昧で、弟や妹は友達や親戚の家で過ごす、本当に、顔を見せに行くだけのアメリカでのクリスマス。
 家政婦の用意した食事を食べ、眠るだけだ。
 毎年この時期に呼ばれるのも、母の、父に対する嫌がらせとしか思えなかった。
 せっかく、今年は、母がロンドンに来たから行かなくてすんだのに……。
 自分のことばかり考えて、舞い上がっていたから、しっぺ返しを食らったんだ!
「ごめんよ、サラ。温かい羽で包んで欲しかったのは、僕の方なんだ……。」

 いつの間にか、サラはヘンリーにもたれたまま眠っている。
 さきほどまでの様な苦し気な表情をしていなかったのが、せめてもの救いだ。
 そっとサラを抱きかかえると、ソファーに寝かせる。
「マーカス、今日はこのままここで眠ってもいいかな?傍についていてあげたいんだ。
 いくら兄妹でも、レディーの部屋では眠れないからね。」
「お部屋にいらっしゃいませんと、サンタクロースが来ないかもしれませんが? 」
「サンタクロースには、僕へのプレゼントは、今宵のサラの穏やかな眠りにしてくれって、伝えておいて。」
「かしこまりました。毛布を持ってまいりましょう。」
「ありがとう、マーカス。」

 ヘンリーは床に腰を下ろし、サラの眠るソファーの端に頭を預けた。
 見るでもなく、暖炉の炎の揺らめきに目をやり、パチパチと薪のはぜる音を聞いていると、後悔と自己嫌悪で押しつぶされそうな嫌な気持ちが和らいでくる。
「僕はとてつもなく、大馬鹿者だけど、きみのことが大好きなのは本当だよ。
 きみだけが、ぼくの家族なんだ。」
 ヘンリーは、静かに眠るその額にキスを落として、囁いた。
「メリークリスマス、サラ。」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ