挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/499

夏の木陰


 三日間ほど降り続いた雨が止み、ようやく晴れ間が広がった。一気に気温が上がり、七月らしい陽光が降り注いでいる。
 ゴシック様式のマナー・ハウスを一望できる広々とした芝生に面した池の傍には、ゴールデンアカシアの大木がライム・グリーンの葉を茂らせている。夏の光を受けて輝くその枝葉は、対照的に黒々とした影を作りだし、そこに置かれたガーデンセットと腰かけている少年に、涼しげな木陰を提供していた。

「解けない……」
 少年は、ブロンドの髪をかき上げ、眉をしかめてため息を付いた。
 白い鉄製のガーデンテーブルには、ティー・セットと何冊もの参考書や問題集が置かれている。少年は、それまで睨みつけるように見ていた問題集を押しやると、ペールブルーのコットンシャツの袖をたくし上げ、襟元を緩めて、テーブルにつっぷした。

 他の教科は問題なかったのに……。
 算数だけ!算数だけに足を引っ張られているんだ!
 夏休み前にもらったyear6の成績表は、算数だけレベル4だし、SATs(十一歳全国学力模試)も、結果はまだだけれど、自己採点では算数だけがひどかった……。
 まさか、特待生クラスに入れないなんて!
 このままじゃ、エリオット校の受験すら危ない。
 家庭教師のブラウン先生には、散々に説教されて、最後にそう脅された。最悪だ。

 池の面から渡ってくる風が、心地よくさわさわとライム・グリーンに輝く葉を揺すり、まるで少年の混乱しきった脳味噌を冷ましてくれているかのように、その頬や、額や、髪を、撫でていく。
 きらきらと光りの踊る水面をぼんやりと眺めていると、
 こんなに良い天気に、僕は何やっているんだ! 
と、無性に腹立たしい、理不尽ないら立ちがふつふつと沸いてくる。
「算数なんて、この世からなくなれ!」
 目の前の問題を視界から追い出す為に目を閉じる。急速に眠気が襲ってくる。
 考えても、考えても判らない……。疲れ切った脳味噌には、これ以上は耐えられないようだった。
 さっきまで頭の中をひっかき廻していた数字や数式達が、散り散りばらばらになってどこかへ消えて行く……。
「ざまあみろ」
 お前らなんかに僕の頭を占領されてたまるか……。
 どうでもいい……、
 どうせ、考えたってわからないんだ……。
 少年は、睡魔に抵抗することすらなく、眠りに落ちていった。


 どのくらい経ったのだろう。
 目を開けると、見知らぬ少女が目の前に立っていた。
 深紅のインドの民族衣装を着て、漆黒のおさげ髪は、腰まで届きそうに長い。
 淡い褐色の肌、瞳は……。
 少年は、はっと目を見開くと跳ねるように立ち上がり、一気にまくしたてた。たった今まで寝こけていたとはとても思えないほどに。
「初めまして。英語は、しゃべれる? 僕は、ヘンリー・ソールスベリー。君は?」
 少女はびくりと身を震わせ、何か言おうとしたが、緊張しているのか声にならない。 
「失礼。まずは、座って」
 自分の向かいの椅子をひいて少女に勧めた。
「どうぞ」
 少女は、真っ赤になってもじもじと俯いた。
「紅茶、飲む?」
 ヘンリーは、乱雑に散らかった参考書やノートを慌てて片付け始めた。
 だが、新しい紅茶のカップを取ろうとして伸ばした手は、カップではなく問題集を持ち上げている。
 少女の顔から、一気に血の気が引いていく。
 ヘンリーは、何度もページを繰りながら問題集を食い入るように見つめていて、少女のそんな様子にも気が付かない。

「ごめんなさい」
 消え入るような声で少女が呟いた。
 慌てて面を上げた。今度は、ヘンリーの方が顔を紅潮させている。
 テーブルから乗り出して少女の方へ手を伸ばすと、少女は身を強張らせた。

「君が解いたの? すごいな! 賢いんだね。そんなに小さいのに! これ、レベル5の問題だよ! 僕は二時間考えても判らなかったのに!」
 ヘンリーは興奮して捲し立てながら、少女の頭をわしわしと撫でた。その手の下で少女は、眉をしかめて唇をきゅっと結んでいる。だが、そんなことには気が付かないのか、ヘンリーは夢中でしゃべり続けていた。

 乱雑に置かれた参考書の間からノートを引っ張り出しテーブルに広げ、
「答えだけじゃ判らないから、ここに式も書いて、判るように教えてくれる?」
 と、ヘンリーは好奇心に瞳を輝かせながら、少女の顔を覗き込んで懇願する。
 少女は無表情に頷くと鉛筆を持って、ノートにさらさらと式を書いていく。
「こっちの問題の式も」
 どさりと椅子に腰かけると、少女の手元と、問題の横に答えの数字だけがつらつらと落書きされた問題集と、付属の解答集を見比べ、答え合わせをし、驚きを隠せず感嘆した。

 全問正解。信じられない。すごすぎる。僕の寝ている間に、いったい何問解いたんだ?

 問題集は、何ページにも渡って答えが書き記されていた。
「算数が好きなの?」
 少女は、嬉しそうに頷いた。
 ヘンリーは、ほっとしたように微笑み返す。
「うらやましい。僕は、算数が大の苦手なんだ」

 しゃべるのを止め、じっと少女を見つめた。
 少女も、ヘンリーを見つめ返している。
 ゆっくりと立ち上がり、少女の正面に立つと、ヘンリーはにっこりと頬笑んだ。

「君は、サラだね? 君の瞳、このゴールデンアカシアの葉っぱと同じ。お父さんの瞳の色に似ているから、って、結婚記念に植えたんだ」
 ヘンリーは、背後にそびえ立つゴールデンアカシアの木を視線で示すと、そっと少女の肩に手を置いて、その額にキスして囁いた。
「よろしく、僕の義妹いもうと。こんなに早く逢えると思ってなかった。君に逢うのをずっと楽しみにしていたんだ」



 サラは、余り笑わない。余りしゃべらない。聞けば答えてくれるけれど、自分から話しかけてくることもない。
 ヘンリーは、最初、そんなサラの様子をインドからイギリスに来たばかりで慣れないからだと思っていた。が、それだけではなく、ヘンリーの知っている普通の女の子と、サラは確かにかけ離れていた。

 サラの部屋は、南向きで日当たりが良く、ライラック色のブロケード張りの壁、白塗りの框の大きな窓にドア、白い天井には化粧漆喰で可憐な花状の模様が施されている。クリーム色のカーテンには、全面に細かなライラックの花と葉が刺繍されている。天蓋付きの四柱式ベッドも、壁と同系色のベッドカバーも、いかにも女の子の部屋といった感じで、ヘンリーは、サラのことを聞いた時から、この部屋の主人になる愛らしい女の子が来るのを楽しみにしていた。

 実際のサラは、想像通りに可愛らしい外見をしていた。小さな顔に大きすぎるくらいのつぶらな瞳は濃く長いまつ毛に縁どられている。小さな鼻に、花びらのような小さな口は、人形のようだ。首も手足も折れそうに細くて、華奢だった。六歳という年齢の割には背が低く、せいぜい四~五歳にしか見えなかった。だが、見かけに反して、無表情で感情を表に出すことが少ないサラと向き合っていると、とても幼い子どもとは思えなかった。

 サラは、あてがわれた自分の部屋からほとんど出ることもせず、いつもじっと床に座って紙に何か書いていた。瞬く間に部屋の床は、何枚もの紙切れで埋もれていった。紙だけではなく、床にも何やら数字や記号、アルファベットが落書きされている。サラは、部屋の隅の絨毯の敷かれていないマカボニーのフローリングに直に座るのが好きみたいだった。おそらく、紙がなくなったら、そのまま床に書きつけられるからだろう。ライラックの部屋に隠れるように縮こまって座る、原色の赤や黄色のパンジャビ・スーツを着たサラは、異質でちぐはぐに見えた。


「何をしているの?」
「遊んでいるの」
 サラは、ヘンリーを見上げて答えた。ヘンリーは、サラの横に同じように座り込んで、サラの手の中の紙を眺めた。ヘンリーには、訳のわからない数式が並んでいる。
「それは? 」
「擬テータ関数の証明」
 ヘンリーは、ため息をついて言った。
「それが終わったら、いっしょに朝ご飯を食べよう、サラ」
「もう、終わっているわ」


「何か必要なものはない?」
 サラがここに来てから一週間、ヘンリーは、毎日、同じ質問を繰り返す。サラは、食事もダイニング・ルームに来ることはなく、自分の部屋で食べたがった。けれど、こうしてヘンリーが部屋を訪ねれば拒むこともなかったので、毎朝ヘンリーがサラの部屋で朝食を取ることが日課になりつつあった。
「何も」
 返ってくる答えも、いつも同じだ。
「服は? 替えがもっといるんじゃないかな?」
 サラは、この家に来た時、わずかな着替え以外何も持ってこなかった。それなのに、家政婦のメアリーが用意した洋服には、決して腕を通そうとはしなかった。
「洋服は嫌いなの」 
「どうして?」
「ガサガサして気持ち悪いの」
「いつも着ているようなインドの服がいいなら、インターネットで買えるよ」
 いきなりサラが顔を上げて、手に持っていたティーカップをガチャリと音を立てて置いた。
「パソコンがあるの?」
「図書室に」
「行きたい」
 初めて、サラが意思表示した! ヘンリーは、思わず笑みがこぼれた。
「案内するよ。でもその前に、お茶を飲んで、朝食を食べなくちゃ」
 サラは、急いでカップを持つと一気に残っていたミルクティーを飲み下し、顔をぎゅっとしかめた。
「大丈夫? 熱かったんだろ?」
ヘンリーは驚いて立ち上がる。
「図書室へ行ってもいい?」
「サラ、ちゃんと答えて。口の中、やけどしていない?」
 ヘンリーは厳しい顔で問いただす。
「少し、痛いけれど、大丈夫、と思う」
サラは、たどたどしく答えた。その瞳が怯えたように震えている。
「怒っているんじゃないよ。心配しているんだ」
ヘンリーは、困ったように付け足して言った。
「行こうか」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ