挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

17/383

冬の応接間(ドローイング・ルーム)

 応接間の大きな窓から、眼下に広がるフォーマル・ガーデンをサラはじっと見つめていた。
 広々とした芝生も、調えられた幾何学模様の生垣も、すっぽりと雪に埋もれている。
 未だに、粉雪がチラチラと降り続いていた。
 暖炉には火がくべられ、部屋の中央には、華やかに飾られたクリスマス・ツリーが置かれている。
 もう、2時間以上サラはこの場所に立っていた。
 重たい灰色の空に夕闇が迫っている。青白く沈む雪景色の中に、黒い点が見えた。ゆっくりと近づいて来ている。
 サラは部屋を飛び出し、正面玄関へ走った。


「サラ、またそんな恰好で。風邪を引くよ。」
 正面玄関の車寄せに佇む、いつもと変わらない薄着のサラを見て、タクシーから降りたばかりの第一声がこれだった。
 ただいま、よりも先に、また、小言を言ってしまった……。ヘンリーは、苦笑いしながら、サラにキスした。
「お帰りなさい、ヘンリー。」
「ごめんよ。列車が遅れたんだ。心配してくれていた?」
 ヘンリーはサラの肩を抱いて、屋敷の中に入った。案の定、身体が冷え切っている。


「マーカス、ただいま。すぐに、お茶を貰える?」
 ヘンリーは自室に戻らずに、応接室に直行した。
 重厚な赤のブロケード張りの壁一面に、ソールスベリー家先祖の肖像画が飾られている、一見重苦しいこの部屋も、この日ばかりは、華やかに飾られたクリスマス・ツリーで輝いていた。
「わぁ、懐かしいな! あの頃のままだ! 」
 クリスマス・ツリーをぐるりと一周すると、オーナメントをひとつ外して、
「ほら見て。この天使、片羽だろ。僕が壊したんだ。」
 と、ガラスの天使をサラに見せた。
「プレップに入る前の、この家で迎えた最後のクリスマスに、ツリーの天辺に飾ってあったこの天使さまに、お願い事をしたんだ。
 ツリーから外して、こうやって握りしめて、ひざまずいてね。なのに、ツリーに戻す時に失敗して落として割ってしまった。」

 マーカスがお茶を運んできた。
 ヘンリーはサラを促して暖炉の傍のソファーに座ると、ティーテーブルにガラスの天使を置いた。
「マーカス、ツリーをありがとう。何年ぶりだろうね、この家でクリスマスを祝えるのは。
 すごく、嬉しいよ。」
「6年ぶりです。お嬢さんと、ボイドさんと私の三人で飾り付けを。」
 マーカスも嬉しそうに微笑んだ。
「メアリーは、もうハイランドに? 」
「はい。昨日出発しました。」
「こんなに積もる前で、良かったよ。
 ぼくは、道中、今日中に帰ってこられないんじゃ、って気が気じゃなかった。」
 ヘンリーは、カップに口をつけ、
「このお茶を飲むと、我が家だ、って実感するよ。」
 と、にこやかに微笑んだ。

 毎年、メアリーは、クリスマスをスコットランドの娘一家と過ごす為、休暇を取る。
 今年はヘンリーが戻ってくるので、休暇を返上しようと言ってくれたが、大丈夫だからと、断った。
 クリスマス中は、ヘンリー、サラ、マーカスの三人だけで過ごすことになった。

「温まった?」
 ヘンリーは、サラの頬に指先で触れた。
 サラは小さく頷く。
 ヘンリーは、ガラスの天使を握りしめて、目を瞑った。
 暫くして、ゆっくりと目を開くと、サラを優しく見つめて言った。
「あの時、僕は、家族でクリスマスを祝えますように、て、お願いしたんだ。
 やっと願いが叶ったよ。
 壊してしまったから、もう無理なんだって諦めていたのに。
 それとも、そのせいでこんなに時間がかかったのかな?」
 ヘンリーは、立ち上がり天使をツリーの天辺に戻した。
「チビの頃は、このツリーが天にも届きそうな大木に見えていたのにな。」



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ