挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

14/411

  春の墓廟4

 塀の外にでると、来たときとはすっかり様子が変わって辺りは柔らかい朝の木漏れ日に明るく照らされていた。
 サラは、澄み切った空気を胸いっぱいに吸い込んだ。
「また、頑張って歩かなくっちゃ」
「ゆっくり、休みながら行こう。行きは、ちょっと急ぎすぎたね」
「夜明け前が、一番綺麗な時間なのね。ありがとう、ヘンリー。ここへ連れて来てくれて。」

 二人はゆっくりと来た道を下って行く。
「やっぱり、サラはもっと運動した方がいいね。いつも、部屋に閉じこもりっきりだろう?マーカスも、メアリーも心配していたよ」
 ヘンリーは、サラの手をひいてゆっくりと進む。
 それでも、時々サラは、草に足を取られてつんのめったり、転びそうになったりする。
 行きは、気が急いでいて気付かなかった。サラは必死にヘンリーの後をついて来ていたのだろう。

 僕はいつも、サラが小さい女の子だということを、忘れてしまう。

 賢いサラ。高等数学の専門書だの、『ネイチャー』のバックナンバーを欲しがるサラ。
 いつもパソコンの前で、ヘンリーにはよく判らない何かに夢中になっているサラ。      
 ちょっと歩いただけで、頬をバラ色に染め息を弾ませているサラや、小さな子供のように泣くサラをヘンリーは知らなかった。
 そういえば、サラがここに来てからもう二年と九カ月になるのに、いつも部屋の中か、せいぜい庭の東屋でお茶を飲んだくらいの記憶しかない。

「次のハーフタームには、いっしょにどこかへでかけようか?」
「本当?」
サラは瞳を輝かせて嬉しそうな声を上げた。
「約束する。どこがいいかな?」
「博物館に行ってみたい」
「ロンドン……」
ヘンリーは困ったように呟いた。
「ロンドンもいいけれど……。そうだ、ピクニックに行かないかい?お弁当を持って。サラはもっと外にでなくちゃ。ロンドンは、夏休みにしよう。ゆっくり時間をかけて、見るものが沢山あるからね。博物館だけじゃ、サラは満足できないよ」
ヘンリーは片目をつぶってサラに微笑む。
「ヘンリー!」
サラは、ヘンリーに飛びつくように抱き着いた。
「ヘンリーありがとう!」
「だからサラはそれまでに運動して、体力を付けて、しっかり歩けるようにするんだよ。」
ヘンリーは、サラの頭を撫でて言った。
「わたし、毎日お庭をお散歩してたくさん歩けるようになるわ」
 サラは突然歩みを止めた。驚いたように眼前を見つめる。

 いつの間にか、林は終わりネモフィラの花畑まで戻って来ていた。
 薄暗がりの中で見たネモフィラと、朝日に照らされ目の前に広がるネモフィラは、確かに同じ花なのに、異なる色彩を放っている。

 どうして気付かなかったんだろう。サラは、呆然として立ち尽くし、動けなくなった。
「サラ、どうしたんだい?疲れたの?」
ヘンリーはしゃがみこんで、下からサラを覗き込んだ。
「サラ、ごめんよ。僕はいつもきみが八歳の女の子だということを忘れてしまうんだ」
 ヘンリーはサラに背中を向けて、
「背中におぶさって。ここまで頑張って歩いたから、ご褒美だよ」
 平気、そう言おうとしたのに、言葉にならなかった。ヘンリーに言われて初めて、サラは自分が随分と疲れていることに気が付いた。手足が急速に重たく感じられた。サラは素直に甘えて、その背中におぶさった。
 ヘンリーは、ゆっくりと立ち上がって歩き出す。

「ねぇ、ヘンリー、わたしここのお花が一番好き」
サラはヘンリーの背中で揺られながら、囁くように言った。
「そうだね。サラに似合っているよ。小さくて、可憐で、愛らしい」
「暗い時には判らなかったの。このお花、青い空の下だと、セレスト・ブルーなのね。神様のお住まいになる空の色。ヘンリーの瞳の色と同じ。ヘンリーが寮に戻って、淋しくてどうしようもない時は、ここに来るわ」
サラの声は、眠気をはらんで、とぎれとぎれになっていった。
「ヘンリー、大好き」
「僕もサラが好きだよ」

 サラが、この花が好きだと言うのなら、僕も、好きになれるかも知れない。
 この花も、この瞳の色も。今まで一度だって、好きだと思えたことは無かったけれど。

 ヘンリーには、サラの、父と同じライム・グリーンの瞳が羨ましかった。
 そして、母に似た自分の瞳が大嫌いだった。
 ここ数日、ヘンリーの心を締め悩ませていた問題がまたぞろ頭に浮かんでくる。
 来月、母が、米国から帰って来る。
 冬休みに米国の祖父の家で会った時は、そんなそぶりさえ無かったのに。
 どうせ、ロンドンのシティー・ハウスにちょっと寄るだけだ。
 ロンドンから四時間もかかる、こんな田舎まで来るはずがない。
 もともと母は、ここが嫌いなのだから。
 ずっと自分にそう言い聞かせていても、ヘンリーの不安は拭えなかった。
 母がサラを見たら、ひどいことをするんじゃないのか、インドに追い返すのではないのか、ヘンリーは気が気ではなかった。


挿絵(By みてみん)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ