挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

13/270

  冬の応接間3

  重厚な赤色の壁に、金の額縁の肖像画、漆喰製円花飾ローズの天井。暖かく静かに燃える暖炉。
 典型的なヴィクトリアンスタイルの応接間に、燕尾服のヘンリー。
 ここは、おとぎ話の世界だ。
 この家の時間は、19世紀で止まっているの? と尋ねたら、
 インドと英国の時差は500年だろ?これ以上差が広がると困るからね、と返された。
 それじゃ、正確な今の時間を生きるなら、どこに行けばいいの? と聞くと、
 グリニッジさ!
 と、ヘンリーは笑って答えた。

 時間は同じには、流れない。
 同じ空間で、同じ時間を共有しているはずなのに。
 ヘンリーの時間はまっすぐに進み、わたしの時間のベクトルは、同じ場所でクルクルと回り続けている。

「サラ、ダイニングへ。」
 ヘンリーが戻って来た。スーツを着てネクタイを締めている。
サラに合わせて、略式スタイルにしてくれていた。
 大人数用の正式なダイニングテーブルに着席する。
 マーカスが、料理を運んできた。
「前菜のピーマンの野菜詰めです。」
「豆と野菜のスープです。」
「緑と紫の野菜サラダです。
「カシミール風じゃがいものカレーです。」
「ムングダールタルカです。」
「野菜のビリヤー二です。」
 大皿に盛られたインド料理が次々と置かれていく。
「七面鳥よりいいだろう? 」
 ヘンリーが誇らしげに言った。
 サラは、顔を伏せ固まったまま動かない。
「サラ? 」
「…………。」
「サラ? 」
 ヘンリーは、不安げに立ち上がろうとした。
「嬉しくて……。」
 サラは顔を上げ、涙の溜まった目を瞬かせた。
「ありがとう、ヘンリー。」
「でも、」
 ヘンリーは、人差し指を立てて眉根をよせ、口を尖らせて言った。
「デザートは、メアリーが作っておいてくれたクリスマスプティングだからね。
 これだけは譲れない。
 大丈夫、スエット(牛脂)は抜いて貰ったから、サラも食べられるよ。」
 サラは、頷いた。涙を我慢し過ぎて唇が震える。上手く笑顔にならない。

 ヘンリーとサラの時間がかみ合った気がした。
 サラはいつまで経っても、イギリスに慣れない。サラの感情も、感覚も、ここに来る以前のまま変わっていない。
 けれどヘンリーは、一度だってイギリス人になれ、と言ったことはなかった。
『僕の妹』がインド人でも、一向にかまわなかった。
 いつもそのままのサラを尊重してくれる。
 サラが上手く進んでいけないなら、きっとヘンリーは、自分の歩みを止めてサラのところまで来てくれる。
 それでは、ダメだ。
 わたしの時間を、進めなければ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ