挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

10/342

春の墓廟

 コン,コン、コン。
 ノック三回はヘンリーの合図。サラは、急いで扉を開けた。
 ヘンリーは、サラの恰好を見て思わず噴き出した。
「きみだけ真冬みたいだね。もう4月も半ばなのに。」
ヘンリーはカーデガンを羽織っているだけなのに、サラはいつものパンジャビ・スーツの上に分厚いダッフルコートを着て、頭をストールで覆っている。
「だって、寒いんだもの。」
 いつまでたっても寒い。サラにとって3回目の英国の春だったが、未だにこの国の気温には慣れなかった。
「ちょっと歩くから、すぐ暑くなるよ。」
 ヘンリーは笑いながらそう言うと、サラの手を引っ張って、歩き出す。
「行こう。すぐに夜が明けてしまうよ。」

 南玄関で、執事のマーカスに呼び止められた。
「坊ちゃん。外はまだ冷えますので、これをお持ちになって下さい。暖かい紅茶と、軽くつまめるものも入れてあります。」
「ありがとう、マーカス。」
 ヘンリーは、バスケットを受け取ると、サラの手を引いて、表に踏み出した。
 扉を開くと刺すように冷たい空気が流れ込んでくる。ヘンリーも、思わず身を縮めずにはいられなかった。
「ほら、やっぱり寒いじゃない。」
 サラは、自分の主張の正しい事が証明されたとばかりに、満足してヘンリーを見上げる。
「20分後には、きみはそのコートを脱いでいるよ。賭けてもいい。」
ヘンリーは、自信ありげににやりと笑うと、まだほの暗い薄闇の中、テラス階段を降りて行った。

 夜明け前の内庭は、一面朝靄に包まれていた。
 ヘンリーは黙ったまま、2メートルはある綺麗に刈り込まれた生け垣の間を、黙々と進んでいく。
 生け垣の内に作られた幾つものガーデンルームをただ通り抜けて行くだけで、何も言わない。
 未だ辺りは薄暗く、色とりどりのチューリップも、固くその花びらを閉じてまどろんでいる。ほとんどの花が夜の眠りから覚めずにいた。
 その中で、白い花を植えたガーデンルームだけは、ユキヤナギやコデマリの小さな、けれど豊かな花々が、枝全体に咲き誇って、薄闇の中に幻想的に浮かび上がり息をのむほど、美しかった。
 サラには、小さな白い花々がリンリンと鈴を振るような音を奏でているように聴こえた。
 昼間とは、別のお庭にいるみたい。
 辺りをうっとりと眺めながら歩いていたので、ついヘンリーに遅れてしまいそうになる。
 それなのに、ヘンリーは足を止める事もなく通り過ぎて行く。
 サラを誘っておいて、別の事を夢中で考えているようで、サラは少し悲しくなった。

 一番大切な場所に連れて行ってあげる。とても綺麗な所だよ。
 イースター休暇も明日で終わりというぎりぎりになって、ヘンリーは、サラにとても重大なことを告げるように大真面目な顔をして言った。
 だから、明日は早起きするんだよ。
 それだけ言うと、さっさとベッドに追い立てられ、いくら聞いても勿体ぶって教えてくれなかった。
 大切な場所ってどこだろう?何があるんだろう?この家に来てもうじき3年になるのに、サラは、この家のことも、庭も余り知らなかった。
 ヘンリーが、寮に戻る日には、いつも心細くて、不安で泣きそうになってしまう。そうならないように、サラの気がまぎれる何かを、また、見つけてきてくれたのだろうか?サラがずっと読みたかった、絶版になって諦めるしかなかった専門書や、売り切れてしまった雑誌のバックナンバーを、そっと置いていってくれたように。
 そう考えて、期待して、嬉しくて、サラはなかなか寝付けなかったのに。

 長い生け垣が終わると視界が開け、広大なフラワーガーデンには青紫色のネモフィラの群生が広がっている。
 朝露に濡れた野草を踏みしめながら、ヘンリーはずんずんと進んで行く。
 見渡す限りの青の花が薄明りの瑠璃色と混じり合う。
 前を歩くヘンリーが、青の中に飲み込まれて消えてしまいそうで、サラは急に怖くなった。
「ヘンリー!」
 息を弾ませながら、ヘンリーの手を引っ張り、立ち止まった。
「もう、庭は、終わりでしょう?」
 ネモフィラの花畑を抜けると、この先はキッチン・ガーデンで、その向こうにはなだらかな丘陵が続くコロラド・スプルースの林の入り口だ。
「もう、疲れたの?サラは、運動が足りないよ。」
 そう言いながらも、ヘンリーは立ち止まってサラの息が整うのを待った。
「どうしても、学校には行かないの?家で勉強はできても、運動はできないよ。体を鍛えるのも、大事なことだよ。」と、真面目な瞳でサラを見つめて言った。
 唐突に学校の話題を出されて、サラは驚いたように大きな目を更に大きくしてヘンリーを見返した。
「そりゃ、プレップ・スクールなんてサラには物足りないかも知れないけど。
 いっそのこと、大学に行くとか・・。」
 ふふ。サラは可笑しそうに笑って、  
「大学にいっても、それこそ、この体格差じゃ、スポーツなんてできないじゃない。」
「確かに。」
 ヘンリーも苦笑いして頷いた。サラは年齢以上に小柄で、背の高いヘンリーと20インチ(約50cm)近い身長差があった。
「ちょっと待って。コートを脱ぐから。」
 サラはストールを外し、コートを脱ぎ始めた。
「ヘンリーの勝ちね。わたし、何をしたらいい?」
「そうだな、着くまでに考えておく。」
 ヘンリーは、自分のカーデガンを脱いでサラの肩にかけ、サラのコートをさりげなく持つと、
サラを促して言った。
「さすがにその恰好じゃ冷えるよ。僕のを着ているといい。もう、少しだから。」
「ヘンリーは寒くないの?」
「大丈夫。すぐだから。」
「あと、どのくらい。」
「この丘の上。」
ヘンリーは、林を指さして言った。
サラは思わず顔をしかめて、それからそっと上目遣いにヘンリーを見上げる。
「うちの庭は、丘を下ったずっと先の川の辺りまでだよ。まぁ、そこまでは行かないから。
 さぁ、運動。運動。」
ヘンリーは、にっこりと笑うと歩き出した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ