挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
不正破壊者の我侭姫 作者:桜崎あかり

ステージ1

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/187

エピソード8

>更新履歴
・9月14日付
誤植修正:子の→この

 このゲーム終了後、既にログアウトをしていた人物がいた。デンドロビウムではなく、ヴィスマルクの方だった。
デンドロビウムが、その事実に気付いたのは――周囲のプレイヤーがログアウトをし始めた辺りである。
ログアウトに関しては一斉にログアウトする訳ではなく、ゲーム終了後から任意のタイミングでログアウトが可能だ。
ただし、ゲーム中のログアウトは不正の観点から出来ないようになっている。その一方で、災害等が近辺で起きた際は運営側で強制ログアウトがされる仕様だ。
ログアウトの仕様に関しては、ガジェットの取扱説明書にもちゃんと書かれており、それを無視してログアウトしたとは――到底思えない。


 ヴィスマルクがログアウトした際、こんな会話がある場所で聞こえたと言う。
既に一部のプレイヤーもログアウトしていたのだが――このプレイヤーはログアウトせず、フィールドにとどまっていた。
「まさか、ビスマルクか?」
「サブアカウントは禁止されているはず。名前が似ているだけの別プレイヤーだ」
 これは相手側のプレイヤー、今回敗北した側のプレイヤーの会話である。
表情としては深刻そうな物で――何かを恐れているようにも見えるのだが、遠目から――と言うのもあって、顔は見えない。
「別プレイヤーだとしても、あのビスマルクだ――便乗じゃないのか?」
「こっちだって、そう思った。しかし、便乗だとしたら――あの強さの説明が出来ない」
「便乗の場合、動画サイトにアップされた動画の動作をトレスしようとする傾向がある。それはARゲームでも一緒だ」
「それは無理があるだろう。ARゲームが攻略本を片手にクリアできるような作品ではないのは、分かっているはず――」
「便乗と言えば、最近になって青騎士が増えている気配がする」
「まさか、あのヴィスマルクが青騎士の便乗?」
 青騎士と言う単語が出たと同時に、もう一人の人物が否定をする。
ネット上では色々な炎上案件や都市伝説と言った物に青騎士が関係すると言う話があった。
それを踏まえると、彼が否定したがるのも分かるだろうか。何でもかんでも青騎士の仕業にするというのは――。
 その後、この2人の人物はチートを使った事によってガーディアンに確保されることとなる。
それ以外にも、チームメンバーの1名以外が全員チート及び不正アプリの使用を疑われる事になった。
実際にプレイログを解析した結果、見事にチートが使われていたことが判明する。
しかも、チェックをすり抜けられるようなチップまで取り付けられていた事も判明し――不正ガジェットを締め出すべきと言う声が強くなる事になった。


 一連のチート問題に頭を抱えているのは、運営やプレイヤーだけではない。
これによってイメージがダウンする事を恐れた草加市やガーディアン等も同じである。
草加市役所では、一連の事件を踏まえた緊急会議が行われていた。そこに集まったのは市議会議員を含め、様々な外部関係者――。
そう言った面々が会議室に集まっていたのだが、議題とは別の話題が出てきた事で会議は混乱を極めていた。
「特定芸能事務所から裏金を受け取っていたのは、そちらではないのですか!?」
「我々は芸能事務所などとパイプは持っていない。そう言った発言は名誉棄損に当たる」
「こちらも芸能事務所と言っただけで、有名なあの事務所を名指しした訳ではない。芸能事務所と言えば、あの事務所がすぐ出てくる方が――」
 ある男性議員が超有名アイドルの宣伝が草加市内で露骨に行われている件に対し、裏金を受け取っているのではないか――と発言した。
それが、まさかの会議を中断させるに値する論戦を生み出すとは――誰が予想したのだろうか?
 詳細な内容が流出しない理由の一つとして、この会議室にジャミング電波が展開されており、これによってスマホの電波を遮断している事にある。
ARガジェットであれば、このジャミングは効果がない物かもしれないが――ARフィールド以外でARガジェットは本来の力を発揮しない。
つまり、市役所内でARガジェットの通信機能を含めたARゲームのシステムは使えないのだ。


 会議終了後、マスコミが市役所に詰めかけるような状況にはならなかったと言う。
それよりも別の話題があって、マスコミやテレビ局が足立区へ向かったのも不幸中の幸いだろうか?
「ここまで都合よくマスコミを動かすとは――よっぽど、話題を取られるのが怖いと言える」
 コンビニの帰りに草加市役所の近くを通り過ぎた山口飛龍やまぐち・ひりゅうは、市役所にテレビ局の車さえも姿がない事に疑問を持つ。
しかし、それからしばらくしてネット上で超有名アイドルの新作CD告知を兼ねたゲリラライブが足立区内で行われているという情報が入り、そこへ向かったと判断した。
「しかし、このような手法を使ってまで超有名アイドルは話題を提供し続けなくてはいけないのか――WEB小説を毎日更新するケースのように」
 市役所には特に用事もなかったので、大きな変化がないと確認後――アンテナショップの方へと様子を見る為に向かった。
一体、彼は何をする為にアンテナショップへ向かおうと言うのか? 山口の姿を見て、プレイヤーが指をさしたりしないのが――その証拠かもしれない。
山口の知名度は決して低い物ではない一方で、彼自身は悪目立ち勢力と一緒にされて欲しくないという考えがある可能性が高いだろうか。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ