挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
不正破壊者の我侭姫 作者:桜崎あかり

ステージ1

4/102

エピソード3


 7月10日、動画が話題になってしばらくした頃だろうか。
デンドロビウムの動画を見て、何かの違和感を持つ人物が現れる事になった。
「これをチートと言う人間は――どうかしている」
 目の前にあるコーヒーの入ったタンブラーを片手に、この人物はモニターの近くにあるイートインスペースで動画を視聴していた。
高身長で30代位の若者は、いかにもファンタジーの様な装備をしているのだが――これはAR技術ではなく、コスプレである。
しかし、その下に着ているのはグレーのARゲーム用インナースーツであり、それを隠す為の服なのかもしれない。
「あの動きでチートとか言われたら、プロゲーマーとかどうするよ?」
 彼はコーヒーで酔っ払っている訳ではないのだが、ひとりごとに近いような愚痴をこぼす。
実際には酒を飲んで酔っている状態ではなく、単純に酔っ払いの真似と言うべきだろう。
彼はプロと言う訳ではなく、純粋にARゲームが好きなプレイヤーの一人だ。
しかし、ここ最近のプレイスタイルはチートプレイヤーには情け無用と言うデンドロビウムに近いと思わせるスタイルに変化している。
そう変えてしまったのは、チートプレイヤーが増え続ける無法地帯と化したARゲームに対する抵抗――なのかは分かりかねるが。
「プロゲーマーでも、アレだけの反応速度を出せる人間は存在しない――とは言い切れない」
 そんな彼の隣に姿を見せたのは、身長が190はあると思われる女性である。黒髪のロングヘアーに、眼鏡をかけているようだが――彼の方は目を合わせる気配がない。
服装はカジュアルなもので、周囲にいる人間と比べると若干の場違いな気配があるかもしれないが――それにツッコミを入れる余裕はないのだろう。
実際、彼を含めて周囲の人物の服装は狩りゲーと呼ばれるジャンルのコスプレイヤーが多いようにも見えるだろうか?
逆に言えば、彼女の服装の方がイレギュラーと言う可能性が高いのかもしれない。
「リアルチートでもいると――言うのか? 現実味があるとは言い難いな」
 男性の方は彼女の方を振り向く。そして――リアルチートの単語に関しては否定的な反応を見せる。
もしかすると、リアルチートという言葉を使う事が不適切と言う様な空気が周囲にあるのかもしれない。
実際、一部のギャラリーがリアルチートと言う単語に反応して視線を長身の女性へと向けていた。
「まるで、チートと言う単語を犯罪者と言う様な意味で使っているようにも――」
 女性の方は、これ以上の言及を避けた。迂闊に周囲を敵に回せば、生きて帰る事は出来ないだろう。
デスゲームの類がARゲームでは厳しく禁止されており、それに違反すればライセンスの永久凍結される可能性が高い。
彼女の方も、それに関しては得策でないと考えている為か――周囲の出方をうかがう。
「そう言った用途でチートと言う単語を使っているのは――あいつだ」
 男性は右手の人差指で、現在視聴している動画の人物を指差した。
その人物がデンドロビウムなのは周囲の人間は理解しているようだが――?
「馬鹿馬鹿しい。チートとバランスブレイカーを同列に語るような人物と一緒にしては困る」
 顔では冷静さを保っているようだが、男性の行動に対して不快感を持った可能性は高い。
それ程に彼女はデンドロビウムに対して同族嫌悪でも抱いたのだろうか?
あるいは、デンドロビウムとは違うプレイヤーを指差して、そちらと同じレベルと言う例えをされた事に腹を立てたのかもしれない。
彼女の名は北条高雄ほうじょう・たかお、仮にもプロゲーマーと呼ばれる部類の人間である。


 同日午前11時35分、草加駅近くのアンテナショップで装備のカスタマイズを行っていたのは、スパッツにタンクトップと言う姿の女性だった。
彼女がデンドロビウムと気付く人間はいない。低身長という特徴は共通するのだが、髪の色が黒と言う事でスルーされているのだろう。
「ここのプレイヤーは、まだ分かる人種だ――」
 彼女が分かる人種と言ったのは、チートに関する考え方である。
ロビーで待機していた男性は「チートこそがい悪であり、排除すべき」と彼女に語り、肩を叩いていた。
この人物がどのような理由で接触したのかは分からない。多分、仲間を集めたいと言う考えがあるのだろう。
「しかし、自分の様な天の邪鬼は一人で十分だ――これ以上、タダ乗り便乗で悪目立ちする人間が現れてたまるか」
 デンドロビウムは自分のような役割の人間は1人だけで十分とも考えていた。
迂闊に何人も同じような人間が現れれば、トータルバランスが崩れる可能性があると考えているのかもしれない。
それに――自分が使用しているガジェットは独自カスタマイズ過ぎて、他人が使えるとも思えないシロモノだ。
量産されたとしても、それを実際に扱える人間はすぐに出てくる事はないだろう――と断言する程。
自分は英雄になろうとも思わないし、WEB小説であるようなチートで無双するような主人公でもないと。
彼女の真意を探るのは非常に難しい。周囲は何となくだが、彼女の心の闇に触れるべきではないとも考えていた。
やがて、青騎士騒動が大きくなっていくにつれて――彼女の心の闇は表面化していく事になる。
「とにかく、こっちはアーケードリバースのルールに外れたアウトローを狩るだけだ」
 デンドロビウムの表情は、まさに狩りの時間に入ったようなハンターと同じような目つきをしていたのである。
その表情を見た周囲の待機プレイヤーは目を合わせるのを意図的に避けていた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ