挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
庸滅亡 作者:文叔

第十二章(終章) 次代

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

81/81

第十二章 次代 3(終)

「はてさて、どの程度伝わったかな」
 西への騎行の最中さなか、タクグスは小さく笑った。彼は央華を去るにあたり、様々な布石を打っておいた。サガルに対してだけでなく、内乱を起こしている騎馬民族全体にもいくつかの種を仕掛けていたのだ。そのすべてが発芽するとは限らないが、すべて死蔵しぞうされるということもないだろう。そしてそのうちのいくつかは、サガルによって見いだされるはずである。タクグスは確かにサガルへの布石を質量ともに最も豊富におこなっていた。
 それはなぜか。
「敵にせよ味方にせよ、話の通じる男が相手である方がありがたい」
 これがタクグスがサガルに肩入れした最も大きな理由であった。
 今の央華はあまりにも混沌こんとんとしすぎていた。誰が勝ち残るかなど予想のしようもない。タクグスも一時は自分も央華に居残りその中で覇者を目指す、あるいは覇者の手助けをして央華を再統一し、その上で叔父を迎え入れるという手段も考えていた。が、この濁流だくりゅうのような混沌の中では、数年後どころか明日の行方さえ見抜くことは難しい。
 こんな状況ではタクグスの異能は発揮しようがなかった。それどころか無駄に考えすぎ、応変さに欠け、不測の事態に対処しきれず横死おうしという可能性が最も高いとすら感じてしまう。
「惜しいが一度退くしかないな」
 ズタスがせめてあと五年、いや三年長生きしてくれれば、とも思うが、今さらせんなきことである。彼は叔父同様、捲土重来けんどちょうらいをはかるしかなかった。

 が、それでもやれることはすべてやってから去ると決めていた。サガルへの肩入れもその一つであった。
 サガルはズタスも認めた異才いさいである。年齢からくる限界は如何いかんともしがたいが、あと数年、十数年があれば、ズタスに勝るとも劣らない大器に成長する可能性がある。それは今現在、覇権を争う騎馬民族の有力者たちには求めるべくもないものだった。
 タクグスにとって、戦うにせよ和するにせよ、話の通じる相手の方が都合がいい。特に和することを考えれば。

 もちろん、サガルがタクグスの想像以上の大器になる可能性もある。そうなっては飲み込まれるのは自分の方だろう。またサガルが早々に敗死してしまい、打ってきた布石がすべて無駄になることも考えられる。
 それに北河以北で内乱を続ける騎馬民族の群雄の中からサガル以上の英雄が現れる可能性も否定できない。口裂けサガルはスッヅとの決闘までほとんど無名であったのだ。未知の大器がどこにいるか知れたものではなく、その男がサガルより大きな器量や運を持っていても不思議はないのである。
 すべては賭けだった。が、それでも賭けて損はないと感じるものがサガルにはあった。


 タクグスは、自分にズタスやサガルのような器局ききょくがないことを知っていた。彼はあまりに才が際立きわだちすぎていた。これは勇をたっとぶ騎馬民族内では負の印象にしかならない。スンク族の中では叔父の威光や立ててきた武勲で守られてきた。ズタスにくだったあとは、先制打として寧安を陥落させることによりあなどられることを避けられた。最初に一撃をかまして自分の印象をよくする必要が、タクグスにはどうしてもあったのだ。
 だが彼本来の気質や能力が勇より知に傾く以上、敬意は持たれても忠誠は得られない。タクグスは騎馬民族内では頂点に立てないのだ。
 タクグスはそのことを誰よりも承知していた。


 しかし王佐おうさに徹しさえすれば、タクグスは十全に力を発揮できる。ゆえに彼は叔父をたすけて天下を取るつもりであったのだ。
 実はこの西行も、そのための布石の一つである。
「北から長城を突破して南下する以外の道があってもいい」
 タクグスは、北の高原から大きく西へ迂回うかいして央華へ攻め入る進撃路も考慮していたのだ。
 もちろん西へ大きく回ればその分行軍距離も伸び、危険も増大してゆく。その危険をできるだけ減らすため、実地で道程どうていを確認しておきたい。サガルへ告げた「内乱に巻き込まれないようにするため」という理由も嘘ではなかったが、タクグスには別の意図もあったのである。


 サガルはまだ自分の西行の狙いに思い至ってはいないだろう。それも含めて「現時点でどの程度気づいているか」というタクグスの独白になるのだ。
「なんにせよ、何年先になるかはわからぬが、あなたとの再会、心から楽しみにしておりますよ、サガルどの」
 少し後ろを振り向きながら口にするタクグスの言葉にも嘘はなかった。再会したあとが互いにとって幸福につながるかはわからないが「再会までは楽しみ」というのは本心であった。



 そして時は流れ、ズタスが長城を破って央華に乱入してから七年後。
 長城の北の、そのさらに北方。岩石しか存在しないような山。
 その中の洞窟に一人の男が目をつぶり、剣をかかえてうずくまっていた。男というにはまだ年若く、彼は一七であった。まだ伸びるかもしれない身の丈はさほど高くない。体つきも細く見えるが、無駄な贅肉ぜいにくをすべて削ぎ落とした機能美にあふれている。
 鋭い表情には陰影すら感じられ、彼がただの少年として生きてきたわけではないことを物語っていた。
 彼自身は単純に生きてきた。強くなること。大きくなること。それだけを考えて生きてきた。大きくなると言っても体躯たいくだけの話ではない。男として、一個人として、彼そのものが歴史において強大な存在として明記されることを望んで生きてきたのだ。

 じゃり、と岩に薄く積もる砂を踏む音が聞こえた。洞窟に一人の男が入ってきたのだ。初老の域に達し始めたその男は、少年の師であった。彼に武技を仕込み、武以外のものも刻み込んできた男で、庸、そして南庸から見れば「裏切り者」であった。
「ゆくぞ」
 初老の男――呂石りょせきは少年に声をかけた。それはただ洞窟から出るというだけの意味ではない。すべてが足りなかった少年は、この山中で呂石に磨き込まれてきたのだ。それが済んだという意味であり、ようやく山から下りるときが来たという意味であった。
 少年はゆっくりと目を開いた。鋭い目つきはそのまま、だが鋭さだけではない何かをたたえるようになった彼のまなざしは静かに上げられ、彼の師を見やる。そして同じく静かに立ち上がった。
「ゆくぞ」
 もう一度呂石が言うことに、少年――ギョラン族族長オドーは従った。そこに従順さはほとんど感じられない。鞘に納められた妖剣さながらの気をただよわせながら、オドーは洞窟を出るために師の背に続いた。
 祖父の跡を継ぎ、北の高原を征し、央華をたいらげ、天下をおのれのものとするために。
 すべてを無くしたあの日から、ようやくの旅立ちであった。






まだまだ続きそうな終わり方ですが、確かにそうです(照)。
というよりここから先、250年以上かけて冀帝国により再統一される央華大陸。
その最初のぶっ壊しのお話なので、他の「泰来の戦い」「後南庸建国」「後南庸滅亡」などもこれの続きとも言えます。
次は何を書くか…直接サガルたちの話にするか、また違う時代の話にするか。
感想なんてあったら気が向いたら書いて下さったりするとうれしいです(照)。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 21:59
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全296部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 02:00
三田一族の意地を見よ

戦国時代、後北條に滅ぼされた自分の一族の本家の先祖へ転生誕生、果たして歴史を変えることが出来るか? 一族繁栄を図る為にチートした結果が、敵である北條家の婿になっ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全124部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/08/03 03:31
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全374部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 12:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全544部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
異世界建国記

異世界に転生した主人公。 どうやら捨てられた子供に転生してしまったらしい。 目の前には自分と同じように捨てられた子供たち。 主人公は生きるために彼らを率いて農作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全254部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/09/16 12:00
竹中半兵衛の生存戦略 戦国の世を操る「茶室」の中の英雄たち

竹中半兵衛? 誰だそれ? 織田信長? そんな幕末の人の話なんて知らないよ。 大丈夫です。歴史の知識が乏しくてもすんなりと入り込めます。 毛嫌いせずに是非一度お読//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全126部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 00:00
火刑戦旗を掲げよ!

勇者は戦死し、1人の男が火刑に処された。窮地の王国を救い大陸に平和をもたらしたのはその男だったというのに。時が流れ辺境に1人の不思議な子が生まれる。名をマルコ。//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全148部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2015/06/27 10:33
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1495部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 18:00
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
淡海乃海 水面が揺れる時

戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。名前は竹若丸。そして二歳で父を失う。その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全179部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 23:00
異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

35歳メタボのサラリーマンがある朝唐突に異世界に飛ばされた。 知識も無く、コミュニケーション能力も無く、特に体力的に自信が有るわけでも無い身でどうして良いのか全//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全772部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:19
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全281部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 18:02
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
加賀100万石に仕える事になった

時は戦国乱世の時代。 織田に仕えて、秀吉に近づき、家康に従って東軍につく。 テンプレを生きようとして、開始前にその致命的問題点をつかれた転生者。 あきらめて平穏//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全137部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2015/12/26 10:50
戦国小町苦労譚

ある日、一人の少女が戦国時代へタイムスリップした。 それこそ神の気まぐれ、悪魔の退屈しのぎといえるほど唐突に。 少女は世界を変える力を持っているわけではない。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全123部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/09/11 00:14
エルフ転生からのチート建国記

天才魔術師は、魔術を極めないまま死にゆく運命に抗うため、記憶を残して輪廻転生する魔術を作り上げた。輪廻転生を繰り返し、三十一周目の世界で魔術師はエルフの村に住む//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全105部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 15:17
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全462部分)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 05:38
陶都物語~赤き炎の中に~

岐阜の片田舎に、ひとりのおっさんが転生した。おっさんが現代知識を生かして幕末の美濃から雄飛する!! この物語はフィクションです。 作者の不勉強で齟齬をきた//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全284部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/06/29 01:51
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1237部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/09/21 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全158部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 14:22
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 21:11
覇王の走狗(いぬ)

平原にその名を轟かせる超大国『禍国』 三代皇帝・景の御代に『覇王』の宿星を持つと占われた皇子が誕生した――名を戰 皇子・戰が18歳になった年、父帝・景より祭国攻//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全315部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 10:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全522部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 23:28
青雲を駆ける

※ヒーロー文庫より書籍化出版中※ 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジー。 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのな//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 20:50
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全122部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 07:05
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
やる気なし英雄譚

【MFブックスより書籍化し、1〜6巻発売中】 大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全241部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 21:00
↑ページトップへ