挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
庸滅亡 作者:文叔

第七章 摂津(せっしん)の戦い

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/81

第七章 摂津(せっしん)の戦い 4

 騎馬民族が自分たちの軍船を駆り北河を渡ろうとしていることは、すぐに庸の宮廷の知るところとなった。コナレ族が長城を破って侵入してくるまでほとんど機能していなかった庸の諜報ちょうほう機関だが、この時期はさすがに情報収集に力を入れるようになっている。が、騎馬民族が集めた船団は、そのような専門機関の調査能力が必要ないほど大規模なものであった。
 予想していたこととはいえ庸の宮廷は戦慄せんりつする。
「とにかく迎撃の準備だ」
 諜報活動同様、そのための準備はすでに全力でおこなわれており、基本戦略も定められていた。
 水際で叩く。これ以外に存在しなかった。
 北河の南岸にも当然軍船は存在する。数から言えば互角で、加えて庸には造船技術があり、その気になれば突貫作業でさらなる軍船の増強も可能であった。さらに操船技術も敵軍とは比べ物にならないほどのものだろう。騎馬民族側の操船も庸人がおこなっているであろうが、彼らが進んで協力しているとも思えない。士気の差は歴然であり、それどころか騎馬民族に協力している庸人による戦闘中の妨害・寝返りも期待できる。
 これだけ有利な条件がそろえば船を出して北河上での決戦も考えそうなものだが、彼らはその選択を断念している。
 それはやはり勝ち目がないからだ。
 軍船同士の戦いと言ってもこの時代の水上戦は、相手の船に乗り込み、白兵戦で決着をつけるというものである。いかに揺れる船上の戦いに不慣れとはいえ、正面から騎馬民族と剣をもってぶつかり勝利できると断言できる庸人はほとんどいなかった。それほどまでに個人戦闘能力で騎馬民族は庸人を圧倒しており、そしてなにより庸人は騎馬民族を恐怖していた。実力の劣る者が最初からおびえていて、勝てると思う方がどうかしているだろう。


 それでも上陸中の騎馬民族であれば勝算はある。それも充分に。
 水の近くに帯陣たいじんすることは兵法でも固くいましめる常識である。最初から逃げられない方向が一方でもあり、しかもその方向に追い落とされれば大打撃を受けること必至である以上、そんな場所の近くにいることは、実際面でも心理面でも圧倒的に不利なのだ。「背水の陣」は本来邪道であり、これを有効に扱うのは異能の天才将軍以外には不可能であった。
 また上陸中の軍は無防備になる。上陸を終えた兵もすぐには戦いの準備はできないし、上陸途中の兵は言わずもがなである。しかも上陸中と上陸後の兵の行動は不統一であり、軍組織としては最悪の状態と言っていい。加えて騎馬民族はそもそも水が不得手だった。恐れていると断言していいほどである。
 これだけ有利な状況であれば、いかに弱兵の庸軍であっても勝てるはずであった。


 その危険をズタスが見落とすはずもなかった。
 が、彼の幕僚や属将の理解は薄かった。彼らも頭ではわかっているのだが感覚としてわかりにくいのだ。相手はすでに何度も勝っているどころか一度も敗北したことのない庸軍である。どのように不利な戦場であろうと負けることなど想像もできなかった。加えて彼らは水辺での戦闘の経験がほとんどなく、その危険を体感したことがなかった。また戦いは頭ではなく勇気――場合によっては蛮勇――でするものだと信じている男たちである。
「泳ぎと北河以南での戦闘とが同時に初体験できるか。なかなかに珍妙な経験だな」
 と豪語して笑う者がほとんどであった。油断といえば油断であるが、既体験は勝利のみであり、危惧すべき対象が未体験の事柄では、見通しが甘くなるのも無理からぬことである。そのことにこそ危惧を抱くズタスだったが、ただ一人例外がいることも見抜いていた。
 すでに彼の幕僚の一員となっていたタクグスである。
 彼は大族を率いてくだってきたため、最初からコナレ族の陣営でもそれなりに重きをもって迎えられたが、スンク族の将兵以外で彼個人に信服する将軍や兵は少なかった。騎馬民族は智者ではなく猛者に無条件で敬意を払う。ズタスの智力も相当なものだが、コナレ族が族長を慕う、あるいは畏れる理由は、その器量と勇猛さに対してが大部分であった。
 この度、まだ少年から若者の域に入っただけのサガルも幕僚として初めて抜擢ばってきされたが、それに異を唱える者も皆無に近い。それはスッヅを討った勇猛さが認められたためであり、彼らにとっては当然の処遇であったのだ。


 ゆえに今コナレ族でタクグスの真価を理解しているのは、ズタスを含め少数しかいなかった。そしてズタスとしては彼をどうしても軍師として自分のかたわらに置いておきたかった。智力で彼を補佐してくれる存在は、どうしても必要だったのだ。
 しかし今ズタスがタクグスを重用すれば他の部下たちに不満と不安が生まれるのは必至である。少なくともタクグス自身が彼らに一目置かれるまでは、控えるしかなかった。


 が、当のタクグスにおとなしく控えるつもりはなかった。
 ギョラン族とスンク族のコナレ族編入の大わらわの中、北河渡河と央華進撃のための作戦会議は何度か開かれていた。作戦会議と言っても、具体的な「作戦」を持っている人物など参加している将軍たちの中にはほぼ皆無であり、自分たちの武勇を大声で語り合い、自らを鼓舞することを目的とした「決起集会」の色合いが濃い集まりである。作戦のほぼすべてはズタスが一人で考え、一人で準備し、一人で実施する。彼らはズタスの命令を過不足なくこなすことに全精力を注ぎ込めばよかったのだ。ズタスの負担は想像を絶するが、この程度で音を上げる男では、そもそも央華大陸を征服するような野心を持つはずがなかった。
 ゆえにズタスに不満はなかったのだが、三度目の会議の折、発言を求められたタクグスが言い切ったのである。
「汝らはこの戦いでどこまでを求めておる」
 今日に限らずこれまでの会議でほとんど無言だったタクグスの発言に、その場にいた全員が軽くぎょっとして静寂に移った。発言時に諸将が小声とはいえ好き勝手しゃべっていたことからも、新参の若将であるタクグスがいかに軽んじられていたかがわかる。だがその若造の挑発的な言葉に一瞬の静寂を作ってしまった将たちは、そのことも含めて不快げに応じた。
「どこまでとな。庸の弱兵を完膚なきまでに叩きのめしてやるまでに決まっておろうが」
「それだけか」
「それ以上に何がある」
寧安ねいあんを落とす」
 タクグスの一言に、またも場は一瞬静まりかえり、そして爆笑に包まれた。
 それも当然であろう。庸帝国の帝都・寧安は、確かに北河流域にあり、遠方にあるわけではない。だが帝都である以上、防衛には庸全土で最も力を入れている場所でもある。
 城壁は長城を越えるほどに高く、厚く、防御用の武器も最新式で豊富。また兵もりすぐりの精兵をそろえているであろう。あるいはその兵も自分たちとの戦いに投入され、帝都とはいえさほどの兵は残らないかもしれない。だがまったく兵がいないことはありえず、逆に庸の軟弱な廷臣たちであれば、自分たちを守るために精兵を残しておく可能性も充分ある。騎馬民族から見れば、庸程度の兵の中から選ばれたのなら精鋭とはいえたいしたことはないと鼻で笑うだろうが、それでも城壁越しの戦いである以上、容易に勝ちを得られるとは思えなかった。
 なにしろ騎馬民族は攻城戦を大の苦手としているのだ。城攻めの技術情報ノウハウも体系化されておらず、攻城用の兵器もほとんど持っていない。そもそもそんなものがあれば、もっと容易に長城を越えられていたはずなのだ。


 その寧安を、膨大な戦力と時間をつぎ込み莫大な損害をこうむった上ならばともかく、激戦の予想される北河渡河のついでのように陥落させようというのだ。将軍たちの嘲笑ちょうしょうも無理はなかった。
 彼らの大笑、嘲笑の中、タクグスは表情一つ変えずに黙っていたが、しばらく続いた彼らの笑いが収まると鋭く続けた。
「では汝らは寧安は落とせぬというのだな」
「汝の夢想の中では落とせようがな。我らは命を張ったまともな考えの中で生きているゆえ、そのような夢物語につきあってはおられぬ」
「ではおれも自分の考えに命を懸けよう。おれの策で寧安が落とせなんだときは、汝らに首をやる」
 その言葉は新たな嘲笑で応じられてもおかしくなかった。が、将軍たちの耳に届いたタクグスの鋭い言葉は、新参の若将が本気であることを示し、彼らの心に突き刺さった。
 嘲笑の声が止まる。命懸けの言葉にはそれだけの力があるのだ。
 先ほどと違う種類の静寂が起こり、その瞬間をズタスは逃さなかった。
「よかろう、まずはその策を話せ。使えるものであれば採用しよう」
 絶対君主であるズタスに命じられれば将軍たちも何も言えない。半ばの興味と半ばの不満とともに居住まいを正す将軍たちの前で、タクグスはズタスに一礼すると、彼の考えを話し始めた。
 そしてその策は、採用された。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ