挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
庸滅亡 作者:文叔

第一章 長城突破

4/81

第一章 長城突破 4

 幾人もの庸兵が殺されたことに気づかないまま死んでゆく。彼らを直接殺すのはコナレ族の兵士たちだが、この状況を造り出したのはただ一人この殺戮に加わっていない馬上の男である。
 その男に向けて走ってくる庸兵がいた。酔いに強い体質なのだろうか、槍を構えて突進してくる足取りにふらつきはない。馬上の男を狙ったのは偶然だったろうか。
 しかし馬上の男は恐れ気もなく庸兵をじろりと見ただけで、手にした剣を構えることすらしない。庸兵も普段のままであればそんな男に、何かえもいわれぬ迫力を感じただろうが、このときは酔いが残っている。勢いのまま突進し、そのまま斬殺された。
 不自然なのは剣より槍の方が長いにも関わらず、斬られたのは槍を構えた庸兵だったことだ。男は庸兵の槍をよけた風には見えず、ただ無造作に自分の剣を振るっただけなのだ。まるで気迫だけで庸兵を斬ったかのようである。
 その不思議が不思議に見えないズタスの威であった。


 騎馬民族は大小様々な部族に分かれている。その中でコナレ族は中程度の規模だった。大き過ぎもせず小さ過ぎもせず、大勢力になることもなく、かといって勢力を縮めることもない。それは彼らが戦闘力に秀でており、他の部族から一定の敬意と恐怖を得られていたこと、しかし大規模な勢力を築けるほどの器量を持った人材を得られなかったことが理由であった。言ってみれば「喧嘩は強いが頭が悪く器量も小さい」という存在だったのだ。
 しかし四十年ほど前この部族に生まれた男子は、彼らの「頭と器」になれる資質を持っていた。部族長の次子ズタスである。騎馬民族は姓を持たないゆえ、彼の名はズタスでしかない。
 彼は子供の頃から勇猛なコナレ族の中でも有数の力量を持っていた。
 三頭の狼に囲まれながらわずかな傷を負うだけで斬り伏せたのはわずか十歳の頃。十五歳のときには二頭の獅子を一本の槍でまとめて串刺しにしたなどの逸話が残っている。これらは後世伝説化した話であるため信憑性の乏しいところはあるが、まるっきりの嘘でないことも確かだろう。実際これくらいの勇猛さがなければ、気性の荒い騎馬民族の中でもさらに荒くれ者ぞろいのコナレ族を束ねてゆくなど不可能である。
 騎馬の民は、相手の知性や徳などには心服しない。
 力。純粋な力のみを畏れ、ひれ伏すのである。

 ズタスは次子だったが、同時に実質的な末子であった。彼の下に弟は二人いたが、二人とも夭折ようせつしたのだ。もともと幼児や乳児の死亡率が高いのが古代であるが、北方の厳しい自然環境はその確率を飛躍的に高める。生き残れるだけで彼らは勇者だった。
 そして末子相続の騎馬民族の則に従い、ズタスは父から部族を譲り受けることになっていた。次期族長として父の代わりに部族を率い、いくつもの戦いにも臨んだ。同じ騎馬民族との争いもあれば、遠く西方の王朝へ攻め入ったこともある。そして当然、南の大国である庸帝国の軍隊と戦ったことも。
 そのときの庸軍に対する若きズタスの感想は「なんとぬるい」であった。数十騎同士の小規模な戦闘であったが、騎馬民族同士のそれとは違い、ほとんど手応えがなかったのだ。
「これならば蹴散らせる」と笑みを浮かべたズタスだったが、かなわぬと知ったか庸軍は早々に逃げ出す。そして彼らを追ったズタスが見たものは、両端が見えぬほどの長い城壁、長城だった。
 ズタスも長城のことは知っていた。そして見たこともあった。だが攻めるためにその長大な壁に取り付いたことはなかった。ズタスはこの日、初めて長城の真価を体験したのだ。

 逃げ込んだ庸の騎馬隊に代わってズタスたちに立ちふさがった石の壁は、せいぜい八長(八メートル)程度の高さである。だが当然馬で飛び越えるわけにはいかず、乗り越えようにも壁面は注意深く突起が削られていて手がかりすらない。またそのような壁を乗り越えるため、打ち壊すための技術も道具もズタスの手元にはなかった。
「……手も足も出ぬか」
 話には聞いたことがあったが、これほど盤石の守りを誇るものだとは考えていなかった。ズタスは自分と自分の部族の強さに絶対の自信を持っていたため、たかが石の壁に屈するなど屈辱の極みであった。
 この「敗北」は彼の誇りを傷つけた。
「見ておれ、いつか必ず汝を破砕してみせるぞ」
 これ以上ここにとどまっていてもいたずらに兵糧を食いつぶすだけと察したズタスは、物言わぬ石の壁に向かい激しい闘争心をこめた一語をぶつけた。その一語が堤を崩す一穴となるのは、これよりおよそ二十年後のことである。


 ズタスはこの後、すぐに部族の長を継いだ。父親が他部族との戦いで死んだのだ。彼の後継はなんの不都合もなくおこなわれた。この時期になると、ズタスはすでに部族の長としてふさわしい実力も実績も身につけていたのだ。
 そしてこの時からズタスの二つの戦いが始まった。一つは他部族との戦いに勝利し、彼らを吸収して一大勢力を築くこと。そしてもう一つは築いた大勢力をもって央華を征服することである。
 騎馬民族は央華の民を蔑んでいた。「ぬくぬくとした土地にしがみつき、愚にもつかぬ詩歌などにうつつを抜かす惰弱者たちの群」というのが彼らの央華文明に対する評価だった。人として、ことに男として生まれたからには、広い平原で馬を駆り、雄々しく戦いそして死んでゆく。それこそが彼らにとって理想の生き様だった。ゆえに文明や文化など軟弱な央華人の自己満足としか思えなかったのだ。
 だがズタスは違った。彼も最初は同胞と同じように央華を侮蔑していたのだが、その惰弱な文明が生み出したただの石の壁に敗れたことが、彼をして央華文明を知る必要があることを痛感させたのだ。「勝利のためには敵を知ること」と明文化したわけではないが、戦いの民である騎馬民族は、経験でそれを知っていた。それまでの騎馬民族たちも長城に何度も撃退されているのだが、「正面から戦ったのではないから負けではない」という意識の前にはその経験も活かされず、ますます央華を見下す材料にしかしてこなかった。
 央華を同等の敵と認識したのは、この時代の騎馬民族ではズタスがほぼ最初の一人と言っていいだろう。央華文明は一つの「勝利」から、史上最大の敵を生み出してしまったのである。


 他部族との戦いは、最も身近なところから始まった。すでに独立していた兄との抗争がそれだった。
 前述したように、騎馬民族は上から順に独立してゆき、末子が親の財産を相続する。かといって親の部族と完全に関係が切れるわけではない。親戚として近しい協力関係にある部族として交流を持つのが常であった。
 だがズタスの兄は己に自信がありすぎた。弟が継いだ父の部族も自分の配下に吸収しようとしたのだ。
 しかしこれに関してはズタスも兄を責められない。なにしろ彼も兄の部族を吸収して自分の勢力を強化しようとしていたのだから。だがそれももっと先のこととズタスは考えていたのだが、兄は父の跡を継いだばかりの弟の基盤はまだゆるいと見て速攻を仕掛けてきたのだ。
 が、ズタスも潜在的な敵である兄の動向を警戒していないはずもなく、兄が攻めてくると同時に討って出た。これは兄にとって思わぬ反撃で、機先を制したつもりが逆に制されてしまい、彼は弟に完全に押され、撃滅されてしてしまった。
 この「サンガルド平原の戦い」はズタスの勝利に終わり、彼の兄は戦死し、その部族は弟に吸収された。
 雪だるまの「核」は完成したのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ