挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
スクールバトラー 作者:時田一哉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/17

第10話 : 弁当交換?

「キョウ!!明日お弁当を作って来なさい!!!命令よ!!」
「は?」
「少しの量でいいから。あ、有希ちゃんもね」
 真白のこと有希ちゃんっつったこいつ。
「…はい…わかりました…」

 はい、次の日
 俺は朝早く起きた。
 いつもよりかなり早く起きた。
 ってなんで俺がこんなことしないといけないんだよ!!
「はぁ…まずは玉子焼きでも作るか…」
 俺は玉子焼きが一番自信があった。
 ジューーー…
 くるん!
 ポスッ
「よし、出来た」
 いつも妹に作ってるから当たり前だな。
 誰だ今俺のことをシスコンっつったのは?
「あとは…小松菜とマスターソースの和え物…と…」
 なんやかんやで、極少な目のご飯だが俺と綾羽と真白の分を極々少なめだが作った。



「キョウと有希ちゃんお弁当作ってきた?」
「はぁ…作ったぞ」
「…作りました…」
「じゃあ出して」
 俺と真白は綾羽に弁当を渡した。
「じゃあ、私もね。作ってみたのよ」
「は?」
「何よ」
「いや…意外だなって…」
「む…まぁ…初めてなんだけど、
 料理長に教えてもらいながら作ったから、まぁまぁおいしいんじゃない?」
 キョウみんなの分作ってきたの!?すごいわね」
「すごくねぇし」
「じゃあ食べるわよ!!!」
 そして真白と綾羽の弁当を分けて、俺の弁当は綾羽と真白に渡った。
「えええ!!有希ちゃんのおいしいし、可愛い!!!」
「…そうでしょうか…?」
「真白のこのいろどりすごいな」
「…嬉しいです…」
 にこ。
 あぁ…あの日曜日以来笑顔になるのが多くなってきた真白。
 可愛い…
「む…んん?キョウ…これ…」
「なんだよ」
「…おいしい…なにこの玉子焼き…ふわふわ…有希ちゃんと同じぐらいふわふわ…」
「そうか?ってゆうかお前に作ってきたものカロリー高っ」
「え?そう?」
「高い。お前もうちょっと考」
「恭介あ~ん」
「ん?」
「おいしい?」
「あぁ。ってつぐみ?いつの間に居たんだよ?」
「今」
「そうか…つか、このタコウィンナーうま」
「えへへ」
「む…キョウの馬鹿!!!!!!」
「は?」
あぁ…恭介が…鈍感!!!!!!!

なんでwwww

ひどwwwww

こんな…小説を読んでくれる人は、また見てください*
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ