挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
赤狐蒼狼琴奏記 作者:レルバル
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/80

はじめてのせんぷうき。

「あつい……」

「な」

みんみんと蝉が元気に唸っている。
太陽が上から熱を振りまくおかげで気温はうなぎのぼりと言えた。
俺はぐったりとして麓に話しかける。
麓は麓でぐったりして、頭の上でいつも元気に立っている狐耳はぐったりとしていた。
天狐もぐったりするんだなぁとどうでもいい発見をしてしまう。

「暑い……。
 麓、暑いじゃない、熱い」

俺はうなるとゴロゴロと床の場所を移動した。
冷たい木の床を順々に移動する。
一か所に集まっているとすぐに温くなってしまうのだ。
温くなると温くなるとでうっとおしい。
自分の体温が憎い。

「私も暑いわ。
 溶ける、本当に」

「なー。
 熱い死ぬ」

「面倒だけど呪術使う……。
 でなきゃ死ぬ」

麓はのそりと両腕を上げるとくるくると回し始めた。
この糞暑いのに 何をやっているのやら。
呪術で涼しくなるものなのか、と。
あほらし。

「いでよ、扇風機」

麓がそういうと同時に空中からひとつの機械がどんと落ちてきた。
なんか中にぐるぐるするものが付いており、その周りを金属の網が囲んでいる。
スイッチとかいうやつは四つついていてそれぞれ強さや時間を示しているみたいだった。
だいぶ人間の道具にもなれたなぁ。

「ん。
 おい、これ刺せ」

「はあ」

麓が扇風機とかいうやつから伸びているコードを俺に渡してくる。
たしかこれはコンセントとかいったっけ?
上半身を起こしてコードを手に這うようにして壁に向かった。
狼の姿でいてもよかったのだが、狼の姿だと毛がうっとおしい。
それに比べ人間だと毛が少なくて、その分涼しく過ごせると言えた。
自分でさせよこれぐらい……。
愚痴りながらも

「刺したよー」

俺は麓に合図を送る。

「ん」

あいからわずの返事が返ってきてぴっ、と音がした。

「お?」

ゆっくりと扇風機の中身が回り始める。
いったい何が起こるんだ……?

「あー」

回るとほぼ同時に麓の長い髪の毛がはためき始めた。
まるでそこに風が吹いているかのように。

「な、え?」

俺も扇風機の前に行って風があるのかどうかを確かめようとする。
すると麓は足で扇風機を動かし

「ダメ。
 これ私のだから」

と、独り占めし始めた。
ずるい。

「俺にも、俺にも」

「はぁ?
 嫌よ」

「…………」

睨む。
俺だって欲しい。

「出すのたぎぃ(だるい)」

じー。
くれ。

「あーもーはいはい。
 やれやれ、新しいの出すから」

          ※

そんなわけで新しいのをもらった。
早速コンセントにプラグを差し込みスイッチを押してみる。

「お」

中に入っているものがゆっくりと回り始めそれと同時に風が俺の顔を吹きつけた。
涼しい。

「ふー」

うちわであおぐよりも多い風がそよそよと顔を吹きつけてくる、

「おあーあー」

と、ここで気が付いた。
なんか声が変なのである。
なんだこれは。

「ほ?」

なんかおかしい。
まさか俺喉おかしくなったのか?
病気……?

「麓、麓―!」

思わず麓の名前を呼んだ。
歩いて側まで行く。

「あ?」

だるそうに麓は顔をあげて俺を睨む。
だがこの睨みに負けてはならない。

「なんか声が……」

と、ここでまた気が付く。

「なんでもない、ごめん」

「死ね」

麓と話しているときは何ともなかった。
じゃあなんだ?
つまり、扇風機の前にいるとこうなるのか?
歩いて元の場所に戻り扇風機の前に陣取った。

「……あー」

扇風機をがっしりと捕えて金属網の中に話しかけるように声を出してみる。

「おおっ」

じゃみじゃみとなんかよくわからん感じに声が反射される。
やはりこれが原因だったようだ。
それにしてもだな。
これ……楽しい。

「あーうーあーわんっ」

おおお。
これ……楽しいぞ。

「あーうーあー」

「あーいーあーあー」

こんなうめき声じゃなくても同じようになるのだろうか。
気になることはすぐに実践だ。

「麓のボケー」

おお、なる。
なるぞ。

「麓のアホー」

声がぶれぶれして気持ちいい。
楽しい。

「麓の大馬鹿―」

はまる。
これははまるぞ。
なに、人間もこうやって楽しんでいたりするのだろうか。

「麓の「お前いい加減にしろよ」

「きゃん!」

頭にごすっと思いパンチが落ちてきた。
ぎゃう、ごめんなさい調子に乗りました。
うぐぐぐ……。
でもこれ楽しいんだもの……。
これから扇風機があったらやってみようと思う。
以上、暑さで壊れたウルバルからの報告でしたっ。




               This story continues.

~あふたーすとーりー~

「あーあーわれわれはうちゅーじん」

「おい、ウルバルなんだそれ?」

「分からないけどなんか言わなきゃいけない気がした」

「ん、そか」
ありがとうございました。
あーわれわれは宇宙人ーっ。

わーいっ。
我々は宇宙人ですっ。

わーいっ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ