挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
赤狐蒼狼琴奏記 作者:レルバル
6/80

はじめてのタブレット。

「はい。
 じゃあ次はこいつだ」

なんだそれは。
麓が手に持っていたのは白い薄い板のようなものだった。
というかただの板だろ。

「……?」

「なんか知らんが今人間界ではやっているものらしい。
 たぶれっ……なんちゃらとかいうやつだ。
 こいつはすごいぞ」

麓は耳をぱたぱた、しっぽを振り振りして俺に言ってきた。
ふむ……。
何がどうすごいのかいまいち分からんが。

「これはだな。
 触ると動くのだ」

満面の笑みで麓は俺に言ってきた。
いやぁ……。

「普通じゃね?」

触ると動くのは普通だろ。
俺は麓から板を受け取ると地面においてちょいと指でつついた。
畳の床の上をずりずりっと、滑る板。
ほら、動く。

「これぐらい普通だろ。
 触れば動くもんだって……きゃん!」

頭をがっつりと叩かれた。
板の角で。
毎回角で叩くのやめろ!
涙目で麓に講義する。

「いーから、聞け。
違うんだよ、ウルバル。
 まー、私に貸してみんさい。
 仔犬風情には理解できると初めから思ってはいなかったよ」

鼻で笑われた。
なんだよ、動いたじゃんか。
いまいち不満を隠せない俺。

「やれやれ……。
 はい貸して」

麓は板の透明なガラスが張ってある面を指でつついた。
するとテレビのようにぼーっと光りはじめる。

「どう?」

してやったりの表情の麓を目の端に追いやって板を凝視する。
触ると動くってこういうことか。
なんだ、あんまり使えないんだな。
つまらない。
光るだけか。

「これだけで終わりと思っていただろ?
 違う、甘い。
 いいか、ウルバル。
 よく見てろ?」

俺にデコピンを喰らわせて麓は指を画面の上に乗せ、ついっと横に動かした。
なん……だと。
それと連動して液晶の記号も移動する。

「!?」

ついて行ってるということか?
まさか、触ると動くってこういうこと?

「どうだ?
 驚いただろ?」

腰に手を当てふんぞり返る麓の裾を引っ張って

「俺もやる」

くれくれ、とねだって板を受け取った。
早速液晶に指を乗せついっと横に払う。
指の動きに合わせて板の中の記号もついっと動く。
これは楽しい。
あっちへ行くと思わせて……行かない!
こっちへ行くと思わせて……行く!
人間の道具って面白いなぁ。

「……でもさ」

しばらく遊んでいたところで思ったことがあるから言いたい。

「ん?」

「この板はこれ以外に使えないの?」

ついっと動くだけ?
え、これだけなん?

「そうだ」

麓は頷くと「よいしょ」という掛け声とともに床に座った。
リモコンを手に取り、テレビをつける。

「本当にこれだけなの?」

「そうだ」

しばらくリモコンをいじっていたが面白い番組が見つからなかったのだろう。
電源を消すと麓はふぅ、と息を吐いた。

「これだけかぁ」

面白ない。
もっとすごい機能を期待していた俺は別の利用法を考えることにした。
何かないかなぁ。
板だろ、だって……。

「うちわとか?」

ふとした提案だった。
うちわにするとかどうだろうか。
触ると動く、だけのこの板はそれ以外の使い道が分からない。
麓の肩をちょいとつつき「どう?」と聞いてみる。

「あー……」

麓はなるほど、と俺の頭をなでなでするとごろんとねっ転がった。
そして指を立てちょいちょいと俺に耳を貸せと言ってくる。
なんだろう。

「ん?」

俺は麓の口近くに自分の耳を持って行った。

「あ・お・げ☆」

「はぁ?」

俺はあからさまに嫌な顔をして見せた。
煽いで涼しさを与えろと。
この俺に。

「ん」

一言で麓は肯定の意思を示すと起こしていた上半身もくてっとさせた。
くそっ……。

「…………」

そういえば板は触ると動くんだよなぁ。
俺は麓の背中で人差し指をついっとしてみた。

「んー?
 にはは。
 私には効かないよ」

っち。
効かないタイプか。

「黙って煽ぐんだな。
 私を涼しくさせるがいい」

……はぁ。
逆らう術なし。
今回ばかりは麓のいうことを聞かざるを得ない。

「じゃあ行くぞ。
 はーやれやれ……」

「ん」

にしてもこの板重い。
煽いでいるうちに冷えてゆく麓とは対象に俺の体が熱くなってくる。

「もう、やめていい?」

「ダメ」

くっ……。

「あと何分?」

「でんぷん」

面白くもないギャグ飛ばすし。
むしろ寒いわ。

「ん、だまって煽げ」

自分のギャグが滑ったことを恥ずかしく思ったのか、麓は顔を背けた。
耳たぶが真っ赤である。
やれやれ……。
俺は気が付かなかったふりをして思いっきり煽いでやる。

「んー……涼しい涼しい」

だろう?

「あっ」

その勢いにのった板は俺の手から離れた。
あわてて手を伸ばすも届かない。
まずい。
ごり、と鈍い音が響き麓の頭に板が命中した。

「いったぁ~!」

「ご、ごめん!」

謝るよ。
謝りまくるよ。
怖いもん、怒らせると!

「許さない。
 死ね」

「きゃんきゃん!」

ぎゅっと、締め付けてくる。
こ、今回のは事故だろ事故だろ事故……!!
ごふっ。





              This story continues.
今回はウルバルのM心じゃないですよっ!
事故です、事故!!

はいっ!!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ