挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
赤狐蒼狼琴奏記 作者:レルバル
30/80

はじめてのだんべる。

「おおー……!」

「これ、すごいなぁ」

俺と麓はそういって、テレビにかじり付く。
テレビでは肉体が自慢の人達がでており、その肉体を披露していた。
中でもすごかったのは十二番の人で

「おお!?」

胸の筋肉をピクピクと動かしていた。
まるで別の生き物がそこにいるみたいだ。
なんかよーわからんが麓はそういうのが好きらしい。
意味分からん。
人間のなんというか、肉体美とかいうやつか。
それに引かれるらしい。
わけわからん。

「はー」

まー俺からしたら若干不機嫌である。
面白くない。

「でもこれぐらいにムキムキになられるとやだ」

麓は次の番号の人には辛辣な評価を投げた。
どうやらほどほどがいいらしい。
細マッチョとかいうやつだ。
俺は自分の毛むくじゃらの足を眺めてみた。
狼として生まれたにも関わらずここ最近は山一つ超えていない。
運動能力は落ちているだろう。
それは足のラインで表れる。
少し ぽにょっとしてた。
狼の姿でこれだから人間の姿になったらと思うとぞっとする。
これは少し鍛えねばならぬ。

「ちょっといってくる」

「ほへ?
 どこへ?」

麓の問には答えず俺は玄関から外へと飛び出した。





「ただいま」

俺は自分の体力の衰えに唖然とした。
昔と比べて各段に落ちている。
山を一周しただけなのにこの息のあがりようだ。
まずいぜよ。

「なにしてきたん」

麓はお煎餅をかじりながら聞いてきた。
うるせーばか。

「鍛えたいんならダンベルとか使えばいいんよ」

俺の心を読んだのだろう。
そういうと麓は呪文を唱え、なにかを俺の前に置いた。
だんべるとかいってたけどもどう使うのこれ。

「どう使うって、こうな、持つやん?
 ほんで、こうぐわっと、いけばいいんよ」 

麓はだんべるを持とうとして腕がプルプルしていた。
当然持てていない。
だめやん。 

「まーこんな感じでやって行けばウルバルも持てるようになるし。
 なによりあのむきむきに近づくことできるようになるけん。
 ちょっとがんばってみたら?」

ふむ。
ちょっとがんばってみるか……。

「あ、その前にあんた人間にならんでどうするの。
 その獣の恰好じゃどうしようもないでしょうに」

あー。
そっか。
俺は人間の姿になると改めて鏡の前に立ってみた。

「ちょ、ちょっと待って。
 ウルバル、ストップ。
 あんたやっぱりそれ維持してくれん?」

「ほへ?」

なんだ。
よー分からんけど胸ぴくぴくせんけど。
これでいいのか。

「うん、それでいい。
 それでいい、それで」

ふーん……?
なんやよう分からんけどいいのか……。
ふーん……。
おう。
おう?
……おう?





               This story continues.
ありがとうございました。
つまりそのままでいいってことですね。

ウルバルなんだ。
そのままでいいのか。
うらやましい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ