挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
赤狐蒼狼琴奏記 作者:レルバル
27/80

はじめてのおきゃくさん。

「おいっすーですます」

「おいっす……ってなんでお前がおるんじゃ!」

ある日。
そんな騒ぎを耳にして俺は布団から起き上がった。
麓が誰かと騒ぎ合っている。
そして声には聞き覚えがあった。
秋生だ。

「あ、こんにちは」

「あら、こんにちは」

俺が部屋から目をこすりながら出てきたのを見事に秋生さんに見つかった。
挨拶をしてきたから、挨拶を返す。

「じゃないけん!
 なんでおるんよあんたがー!!」

なんでって……あー。
一週間前、俺は麓に洗濯機を送った。
その洗濯機のお礼に俺のごはんが食べたいとか言ってたんだよな。
それで来たと、なるほど。

「おいっす、おいっす」

「うーがるるる……」

唸る麓をものともせず秋生は俺に手を振る。
俺も手を振りかえして頭をぽりぽりと掻いた。

「まったく、いいじゃないの少しぐらい。
 遊びに来ただけよ?
 べーつにあんたの仔犬を取りに来たわけじゃないのよ?」

のんびりと秋生はそういうと家の中にどかどかと入って来た。
この人もこの人で結構遠慮しないタイプなんだな。

「とりあえず私はお客様よっ?
 ほら、お茶淹れてよお茶。
 のみたいわ」

「うーうー……ウルバル……お茶を……」

「あら、淹れてくれるの?」

はぁ、まぁ……。
すっかり茶の間に入り浸って、ずっとここに住んでいたような感じの秋生さんは俺の目をじっと見てきた。
淹れてくださるの?といった表情に頷く以外の選択肢が消される。

「でも、もう少しで晩御飯ですし。
 そろそろ俺はご飯作りますから……」

「あら?
 もうそんな時間?」

そうなんですよ。
俺は昼寝から覚めたばっかりなんですよ。
時計見たらもう夕方の五時ですもの。
そろそろご飯作りますよおいらは。
というかあんたも狙ってこの時間に来たんじゃないんですか。

「あらあら。
 じゃあごはんもらおうかしら」

「ガルルルルルル……」

麓も少し落ち着けよ。
お前狐だろ、そもそも。
がるるるるはおかしいんじゃないか。

「いいの!!」

「お、おおうっふ。
 ごめんて、落ち着け」

まったく、何かあるとすぐにこれだもんの。
やれやれである。
そんなに秋生さんのこと嫌わなくてもいいだろうに。
いい人じゃん。

「そもそもあんたなんできたんじゃ?
 私はよんじょらんよ?」

「あら?
 あなたに呼ばれなくてもそこにいる狼君に呼ばれたのよ?」

「んだって!?」

麓はそういうと俺をきっと睨みつけてきた。
なんなんですか、もう。
洗濯機をもらう時にですね。
ご飯食べさせてあげるって約束したんですよ。
それなんですよ、それ。





          ※





「おいしかったー!」

「食べたなら早く帰りんしゃい」

麓はむっつりとした表情で秋生をせかす。
秋生は「そうね」と言うと俺の横に座って来た。

「?」

「あなたさ。
 本当に私のところに来ない?
 来たら麓がしてくれないようなことしてあ・げ・る」

「っ!?」

秋生はそういうと俺の胸をつーっと撫でた。
くすぐったいなぁもう。

「効かない!?」

「何がですか。
 というか、ほら。
 前も言った通り俺は行きません。
 まったくもう……」

「残念だったな、秋生!
 ウルバルにはそんなこと教えてないけん無駄よ」

「くっ……!
 お、覚えてらっしゃい、麓!」

そういうと秋生は座ったまま消えて行った。

「なんだったの、結局」

「……さあ」

飯食いに来ただけか……。
何しに来たんだろうな。





               This story continues.
結局何しに来たんでしょうねぇ。
秋生。
何がしたかったのやら。

どうやらウルバルに色仕掛けしようとしていたみたいですがウルバルには通じなかったみたいですね。
ウルバルも鈍感ですね、アホですね。

人間だったらコロって行ってますね。
ではではっ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ