挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
赤狐蒼狼琴奏記 作者:レルバル
17/80

はじめてのりょこう その1

「そろそろお前も人間の世界に親しんできたな」

「そうか?」

ある日、俺が家の中で掃除機をかけていると麓がそう言ってきた。
確かに初めの方とは比べ物にならないぐらいに俺は強くなっているだろう。
道具に、な。

「ちょっと旅行でもしてみるか?
 ん?」

「りょこう?」

初めて聞く単語だがやたら俺の耳に残る言葉だった。
りょこう、か。
どんな字を書くのだろうか。
あとで辞書で調べてみようっと。

「ん、旅行だ」

掃除機をかける手を止めて俺は麓の顔をしげしげと眺めた。
行くってことは、どこかに出かけるということだろう。
でも、りょこうって何するんだ?

「楽しい?」

「楽しい」

「おお!
 行く!!」

なら行くに決まっている。
楽しいのを逃す手立てはない。
なんか楽しそうだし行く。

「旅行なんてもん、私もあまりしたことないけんどね。
 まー、なんとかなるやろ。
 昔親に何回か連れて行ってもらったっきりだからな」

「親、かぁ。
 いいなー麓」

普通にうらやましい。
麓だって狐のくせにどうしてここまで差が開くというのか。

「天狐だからな」

「うぐぐ……神だもんな、一種の」

「うん」

俺も神の家系に生まれてたら麓みたいにたくさんのことを知っていたのだろうか。
今のこの生活がもしかしたら逆になっていたかもしれないんだろ?
人生って不思議だよなぁ。

「よし、ウルバルも行くって決めたなら早速行こう!
 家から出るぞー!」

麓はそういうとのそりと起き上がりぶつぶつと呪文を唱え始めた。
すぐに光が麓の体を包んでゆく。
かと思うと霧散して、消えて行った。

「うむ、最近の若いもんはこういった格好をするらしいからなぁ」

光が消えた麓は、今までの着物姿ではなく人間臭い着物ばかりを纏っていた。
ひらひらとしない、青っぽいズボンに上にはきらきらした首輪みたいなのをぶら下げてる。
そして上服は変な人間の顔が描かれた模様になっていた。
その上からさらに一枚羽織ると、完璧に今までの麓の姿は消え去りただの人間がそこに立っているように思えた。

「やれやれ。
 ウルバルも服を変えないと怪しまれるからな」

「え、俺はいいよ、え、いいってば」

両手をふりふりして後ずさりする。
なんかそんなよく分からない恰好をしたくない。
薄気味悪いんだもの、なんか。

「薄気味――あーそうですか。
 じゃあお前は首輪つけて犬っころみたいにして連れて行く。
 鎖もつけるからな」

「そ、それはやだ……」

だって、それじゃまるで犬じゃないか。
俺は狼だぞ。
ペットみたいにされてたまるか。
一人前のプライドぐらいは俺にもあるんじゃ。

「じゃあおとなしく受け入れろ」

「うー……はい……」

これをしないと旅行に行けないのならなおさらせざるを得ないだろう。
するよしますよ。

「じゃあ、術かけるから動くな」

「んうー早く」

「せかすな」

麓は俺から一歩離れるとまたぶつぶつと呪文を唱え始めた。
俺には何を言ってるのかさっぱりだからマネしようにも毎回出来ないんだよな。
俺も呪術使いたいー、いいなぁー。
きらきらした光が目に入ったら嫌なので反射的に目を閉じる。

「はい、できたよ」

「あ、え、あ、ありがと……」

俺は恐る恐る目を開けた。
何も自分の体に変わったところはないと思うが……。

「ほい、鏡」

また麓は短い呪文を唱えて空中から鏡を取り出し俺に渡してきた。

「お、おお……これが俺か……」

鏡に映っていた俺は……あんまり変わらなかった。
服もいつも来ている服をちょっと麓みたいにしたぐらいだし。
変わらんじゃないか何も。

「だから変わらんて言うたやん」

大きな違いは頭に生えていた耳が無くなったぐらいかぁ。
これで旅行に行けるなら喜ぶわ。

「じゃあ、出発しよ。
 ウルバル、行くよ」

「わんっ!」

「犬やん」

「あっ」





               This story continues.
ありがとうございます。
初めての二匹(二人?)の旅行です。
ウルバルどうするんでしょうね。
麓も麓です。
どこに連れて行くつもりだお前。

ではでは、次をお楽しみにっ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ