挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
赤狐蒼狼琴奏記 作者:レルバル
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/80

はじめてのタブレット2

「なー」

「ん?」

俺は麓に話しかけた。
というのも用があるからだ。
この前貸してもらったタブレットとかいうやつの新しい使い方を思いついたのだ。

「見てくれよこれ、結構重いだろ?」

「うん」

俺はタブレットを頭に掲げると見てて見てて、と麓を誘導して台所まで引きずっていく。
麓はくだらない、とか思っていそうだがなんだかんだで俺のやることが気になるのだろう。
おとなしく頭の耳をぴこぴこさせてついてくる。

「ほら、ここに野菜あるやん?」

「うん」

俺はタブレットを台所の上に置くとその上に野菜を置いた。
今回の野菜は晩御飯に使う人参だ。

「ほら、まな板」

そういうと俺はとんとんとん、とそのまま切って見せた。
いかがなものかーっ。
美しいだろう。
圧倒的な手さばきだろう。
ふふふのふ。

「……で?」

「……そんだけ、ごめんなさい」

俺は麓を見て肩を落とした。
心底つまらない、といった顔をしてやがる。

「はぁ……。
 まぁ、それも一つの使い方なのかな」

麓はそう言ってタブレットに付着した野菜の汁をふき取る。
人参の赤っぽい汁が雑巾に吸い込まれにじむ。

「そんだけ?」

確認のためだか知らないが麓は俺がそれで終わりといったのにまた聞いてきた。
くだらないのは分かっていたけどここまで馬鹿にされるとは。

「そんだけだよ……」

「ん、そか」

なんか……泣けてきた。
ダメだったかなぁこのアイディア。
個人的にはうまいことやって来たと思ってたんだけど……。




その夜は麓がどうやら料理をするらしい。
こっそりと台所を覗いてみる。

「結構使い心地いいなぁ、これ……」

野菜を切りながらぼやく麓が使ってたのはタブレットだった。
なんだかんだ言って結構使ってくれるのな。
笑える。






               This story continues.
もちろんにやにやしていたウルバルがこの後麓にぶち殺されたのはいうまでもありません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ