挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
赤狐蒼狼琴奏記 作者:レルバル
15/80

はじめてのとうし。

「なーあついー!」

「……おん」

俺はぐったりしながら麓に話しかけた。
麓も麓でぐったりしながら俺に答える。
暑いのだ。
何やら知らないが冷たい空気を出す奴が壊れたらしい。
――というか

「すまん、本当に」

麓が壊した。
呪術の復讐してたらミスってぶち当ててしまったらしい。
攻撃呪術の類だったようで、なんか一発でおしゃか。

「いや、俺に謝られてもどうしようもないわけで。
 どうするんよ……これ……」

「――時間回帰呪術使うしかない。
 でも、やり方が分からないわ」

アホや。

「じゃあどうするん?」

「我慢」

「やだ」

拒否する。
暑いものは暑い。
今は朝だからまだこれだけの暑さで済んでいる。
これがお前昼とかになってみろ。
死ぬぞ冗談抜きで。
本当に。
たまらんぞ。

「じゃあ、私が一回嫌だけど家に帰って呪文覚えて帰ってくるからそれまで待ってて」

「……おう」

はじめからその考えにどうして至らなかったのかと。
はじめからそういう風にはじめからはじめからはじめから。
ああもういいもう。

「とりあえず早くお願いします」

「ん。
 待ってて」

麓は手と手を合わせると一瞬にしてその場から消えた。
きらきらと丸い光が飛び交って、ゆっくりと消えてゆく。
暑い。
なんかすごいものを見た気がするけど暑い。

「うーあー涼しいのどこー!」

下を出してはぁはぁ息をしながら探し求める。
涼しいの……水!
でも、俺水怖い……。

「うー」

この際そんなことは言ってられないらしい。
頭がくらくらとしてきたのだ。
水……ん?
氷とかあったよな。
氷ってことは……冷蔵庫!
俺は獣の姿になって冷蔵庫の前に立った。
爪を立てて扉を開けて中身をかきだす。
邪魔だどけぇっ。
ここは俺が入るスペースなんだ。
たくさん入っていた野菜を全部外へぽいっとすると今度は俺はその中に潜りこんだ。
中の壁に体をぶつけて完璧に冷蔵庫に保存されるような形になる。
隙間が完璧に消え、中に外の明りが入ってこなくなると俺はようやくほっとした。
涼しい……。
どうして初めからこうしておかなかったのだろうか。
本当に……俺はバカだな。
でも、これを思いついたってことは逆に天才?
っしゃ。

「ふあー……」

眠くなってきた。
麓が帰ってくるまで寝る……。





「んぅ」

寒い。
俺は寒さで目を覚ました。
寒いぞ。
鼻の中が凍ったみたいに冷たい。
ちょっと……寒い。
うあう。
俺はあわてて外に出ようともがき始めた。
寒い、寒い寒い。
中の壁に体をぶつけて、その勢いで引出しをあけようとする。
だが、開かない。
強力な磁石みたいなやつついてるんだよ、たしか!
うああ。
寒い。
寒い、寒い。
俺、こんなとこで死ぬの嫌だ……。

「ろく……ろくっ……」

名前を呼ぶけど応答はない。
どうしてこんなところで死ななきゃ……やだよ……。
麓、助けてよっ……。

「はいはい、なにやってんのあんた」

涙が出そうになったとき、視界が急に明るくなって麓が顔をのぞかせた。

「うー……」

俺はうるうるした目で麓を見上げる。

「ほら、おいで」

そのまま麓は狼姿の俺を抱き上げるとよしよししてくれた。
うう。

「バカなことしないの」

「でもすずしかっ――」

「バカなことすんな」

「はい」





               This story continues.
いや、タイトルお前……。
みたいな感じですがなははは。
いやぁあれです。
とりあえず……ウルバルお疲れ様。
冷蔵庫には入らないようにね。
これにこりて気を付けること。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ