挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

創作論

ものすごくふるくさくて、ありえないほど遠い

作者:N.river
知ってることと、教えてもらったことのおすそ分け。考えたことと感じたことの、お披露目。あなたとナニカかをつなぐお手伝いができたらいいなぁ、と思いつつ。
ご縁のある方だけが読める仕組みになっているので、ビビビときたら、どうぞ。「書きながら考えた、大事かもしれないこと」の姉妹編。(このエッセイはスマホ閲覧用、およびPDF化を目的にホームページ『N.riverの食っちゃ寝、創作!@HOME』より転載したものです)
吉本隆明は言ってる
2017/01/06 17:35
共闘と競走
2017/01/06 17:37
怒りの扱い方
2017/01/06 17:38
ひとつ、確かなこと
2017/01/06 17:38
大林宣彦から聞いた
2017/01/06 17:40
晦渋
2017/01/06 17:41
文学は役に立たないのか
2017/01/06 17:41
面白いと面白くない
2017/01/06 17:42
数字の向こう側
2017/01/06 17:43
かわいい
2017/01/06 17:44
2017/01/06 17:45
100年あまり
2017/01/06 17:46
ものすごくふるくさくて、ありえないほど遠い
2017/01/06 17:47
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ