挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うろな町の不思議な人々 作者:稲葉孝太郎

第1章 コンビニデザート盗難事件

8/71

第7話 万引きの条件

 バットの快音。沸き立つ歓声。店主のそばに置いてあるラジオから、アナウンサーの絶叫が響き渡る。
 野球中継のオーバーリアクションを聞きながら、池守は手帳の記録を眺めていた。食べ終えたラーメンは、既に油を浮かべて冷えきっている。昼休みは残り30分。箸を動かす間にこねくりまわした考えを、順番に整理している最中だった。
 その隣で姿勢を正し、黙って正面を向いているのは、昨日紹介されたばかりの高校生、吉美津いづなだった。少年の異様な落ち着きを前にして、池守は彼の年齢に若干の疑いを抱いてしまう。まるで老人のようだ。
 そんなことを思いながら、池守は唇を動かした。
「吉美津くん……だったかな?」
 名前を呼ばれ、少年はにわかに首を45度捻った。
「はい」
「君は、今回の事件についてどう思う?」
 刑事が高校生に助言を求める。おかしな光景だが、池守は敢えて恥を忍んだ。ひとつには捜査が息詰まりかけていることもあったが、それ以上に、吉美津は遠坂から預けられた助っ人なのだ。ならば、大いに利用させてもらおう。それが、池守のポリシーである。
 池守が見守る中、吉美津はその薄い唇を開いた。
「まだ、何も言えないかと……」
 曖昧な物言い。池守は、少し踏み込んでみる。
「それは、何もアイデアがないという意味かな?」
 失礼な言い方だが、これくらい挑発した方がいいだろうと、池守は計算した。
 しかし、それでも吉美津は物腰を崩さず、冷静に対処してくる。
「いえ……まだ何かを断言するのは、時期尚早ということです……」
 池守は手帳を閉じ、それを胸ポケットに放り込んだ。
「……そうかもしれないね」
 コップの水を飲み干すと、刑事は攻守を交代する。
「じゃあ、俺がここまでの結論を話す。何か間違っている点、あるいは思いついた点があったら、遠慮なく指摘してくれないか?」
 池守の提案に、吉美津は静かに頷き返す。
 それを見た池守は呼吸を整え、自説を披露し始めた。
「事件の鍵になるのは、いつゼリーが消えたか、これに尽きると言っていいはずだ。ゼリーを店内に並べたのは白川というアルバイトの男で、それを同時刻に確認したのは、早見。彼女から話を聞いたのは君たちの方だから、俺には伝聞でしか内容が分からない。そもそもどうやって聞き出したのかもよく分からないんだが……まあ、それはいいとしよう……」
 息を継いだ池守は、横から少年の視線を感じる。
 なぜこの歳になって年下にどぎまぎしなければならないのか、池守は内心首を捻った。
 だがもう時間がない。池守は先を続けた。
「君たちの話によれば、早見は白川がゼリーを並べるシーンを見ていない。ただ、そばを通りかかったとき、棚に不審な点はなかったと言っている。そういう理解でいいんだね?」
 池守の質問に、吉美津は曖昧に頷き返す。
 少し不安を覚える池守だったが、時間に押されてその気持ちを押さえ込んだ。
「となると、だ。白川と早見が共謀して葦原をハメたのでない限り、ゼリーはそこにあったことになる。しかも、その後は霧島が雑務をこなし、2人が棚に近付いた形跡はない。もしここで棚に不審な点があれば、やはり霧島が気付くだろう。すると、3人が口裏を合わせていない限り、白川と早見が帰る7時までは、犯行時刻から除外していいはずなんだ。そうだろう?」
 そう尋ねた池守に、吉美津は別の質問で返した。
「3人が口裏を合わせている可能性はないとお考えなのですね?」
 池守は一瞬口を噤んだ後、伸びかけた無精髭に手をあてた。
「……ないと思うな」
「なぜです?」
「昨日の夜、話をした限りでは、霧島はそういうタイプには見えなかったんだよ」
 突っ込まれるかと思ったが、意外にも吉美津は沈黙を守った。
 池守は安心し、先を続ける。
「さらに霧島の話では、8時半までは異常はなかったという。そうなると、犯行時刻は8時半から10時の間に絞られるわけだ。この90分のどこかでゼリーは消えた、そう考えていい。そして、一番怪しいのは……」
「葦原くんがレジで一人きりになった時間帯……ということですね……」
 吉美津の補足に、池守は軽く首を縦に振った。
「だが葦原は犯人じゃない……俺はそれだけは信じている……。そこで、俺は一晩考えたんだが……」
 池守は微妙に体を動かし、空っぽのグラスを半ば宙に上げかけた。その無意味な動作は、投資した時間と得られた結論が、明らかに不均衡であることを匂わせている。
 吉美津は、黙って池守の言葉を待った。
「……結局、出発点が間違っていたんじゃないだろうか?」
「……万引きではない、という仮説ですね?」
 少年の理解の早さに、池守は少しばかり戸惑った。自分の心を見透かされたようで、気味が悪くなったのだ。
「ああ……そういうことだ……。そもそも、俺たちが万引き犯でないと認定したのは、大量の商品を持ち出せないと考えたからだろう……。確かに、4時から8時半までの間は、複数の眼が店内に光っていた。だがそれ以降は、葦原が一人きりだった時間帯があるんだ。彼がゼリーの棚を常時監視していたとは思えない……だとすれば……」
 池守は、この推論に強い確信を持っていた。証拠はないが、店長の自作自演を疑うよりはよほどありえそうに思われる。コンビニで商品が盗まれたとなれば、それは万引きと相場が決まっているのだ。
 そう考えた池守に、吉美津が口を挟む。
「お言葉ですが、その推論、少しお待ちいただきとうございます」
 少年の妙な言葉遣いを訝しがりつつ、池守は耳を傾けた。
「少々心理的な側面から考察してみましょう……。万引きというのは、大雑把に言えば2つの動機から生じます。ひとつは生活苦で、食事に困った老人などが、しばしばスーパーで食料品を万引きするのがそれです。もうひとつは、全く金銭とは関係のない、スリルを求めた犯行です。恵まれた中高生が軽い万引きに走るのが、この場合に当たります。いずれの類型も、甘味の大量失踪にはそぐわないかと……」
 少年の犯罪講義に、池守は首肯せざるをえなかった。事実、中高年の万引きの大半は、食糧の調達、あるいはアルコールなどの嗜好品の入手が目的である。他方で青少年の万引きに限定してみると、その対象は極めて些細なもの、例えばガムなどであり、大規模な窃盗にまで発展するケースは稀だった。
「しかし……だとするとどうなる……?」
 池守は、人差し指でコップの縁をなぞった。彼の推理は、暗礁に乗り上げている。
 そこへ、吉美津が言葉を掛けた。
「池守さん……ひとつよろしいでしょうか……」
 ああ何でも言ってくれと、池守はそんな表情で少年を見つめ返す。
「今回の事件、犯行の手口ではなく動機から入った方がよいのかもしれません。ゼリーを20個近く盗む動機を考えれば、自ずと可能性は見えてくるかと……」
 吉美津の韜晦じみた言い回しに、池守は眉をしかめた。
「どういう可能性だ?」
「犯人は、事件をわざと発覚させたかったのではないでしょうか?」
「わざと……発覚させる……?」
 長年刑事を努めている池守にとって、これは盲点だった。自分から犯行を明らかにさせたがる犯罪者など、普通は存在しないのだ。
 もし例外があるとすれば、池守にはひとつしか思い浮かばない。
「愉快犯か……?」
「……そうかもしれません」
 他の可能性がまだあるのだろうか。少年の返事に、池守はさらに言葉を継ごうとした。
 そのタイミングに合わせて、ポケットの携帯が鳴る。休み時間の終了を知らせるタイマーだ。
 池守は舌打ちすると、渋々席を立った。
「吉美津くん、いろいろと参考になったよ。ここは俺がおごるから、今日はここで」
「いえ……別におごっていただかなくてもよいのですが……」
「高校生に捜査を付き合わせて、はいさよならじゃ体裁が悪いだろ?」
 そう言ってニヤリと笑う池守に、吉美津は無表情にお礼を返す。
「どうも……ありがとうございます……」
「それはこっちの台詞さ。じゃあ、遠坂によろしく。近日中に会おう」
 2人の推理劇は、一旦そこで幕を閉じた。
 会計を済ませて店を出る池守を見送った吉美津は、しばらくその場に腰を落ち着け、先ほどの刑事の推論をもう一度追っていた。
 数分したところで、店の入口が開き、吉美津は後ろを振り返る。
 敷居の向こう側には、背丈の低い少女が立っていた。入江である。
 新聞から顔を上げた店主が、子供と見紛う来客に眼を見張った。そんな店主の反応を無視して、入江はゆっくりと吉美津のそばに歩み寄ると、その唇を動かす。
「そちらはどうでしたか?」
「五里霧中ですね……犯人の目星がつきません……」
「店長ではないのですか?」
 店長という言葉に、カウンター奥の店主がぎょろりと目玉を動かした。
 この場は不味い。そう考えた吉美津は、その重い腰を上げる。
「外へ出ましょう。話は、その後で……」
 暖簾をくぐった2人は、炎天下のアスファルトへ靴底を乗せた。汗を掻きながら右へ左へと通り過ぎる人々とは対照的に、吉美津も入江も涼し気な顔をしている。そして、そのままうろな駅の方向へと歩き始めた。
「歩くのは疲れます」
 入江が、無感動にそう言ってのけた。
「白昼堂々アレを使うのは、人目につきますので……」
 そう答えた吉美津の横で、ふと入江が顔を上げる。傍目から見れば、兄妹のような身長差だ。吉美津は視線を落とすと、作り物のような少女の眼が光る。
「いづなくん、今夜決行しましょう」
「今夜ですか? また急な……」
「遠坂先生も、そう言っていました」
 恋は盲目。そんな格言を思い出しつつ、吉美津は抵抗を止めた。
「分かりました……集合場所は?」
「いつもの空き地です。うろな町までは、私が運びます」
 吉美津が頷き、そこで会話は終わった。
 2人はだらだらと大通りを歩き、うろな駅へと向かって行った。

 ◇
  ◇
   ◇

 閉じた瞼の裏に光る、眩いライト。
 男が意識を取戻したとき、そこは見知らぬ建物の中だった。全く影のない、白とも銀ともつかぬ壁に囲まれ、男はベッドの上に寝かされている。
「何だここは……?」
 辛うじて動く舌を使い、男はそう呟いた。
 しかし、答える者はいない。
 男は、自分の身に何が起こったのかを思い出そうとした。まだはっきりとしない頭を振り絞ってみると、自分が経営するコンビニを出て、自宅へ戻ろうとしたとき、ふと空が明るくなった記憶が蘇る。
 確か夜だった。その後の出来事を、男は思い出すことができない。
 男はもう一度室内を見回す。ドアが見当たらない。見えない方向にあるのだろうか。そう考えて首を捻ろうとした瞬間、切れ目のなかった壁に黒い空間が現れ、人影が揺らめく。
「起きたようです」
 子供の声。女の子だろうか。男は限界まで顎を引き、正面に目を凝らした。
 男の予想通り、小柄な少女が視界に映る。ただその隣には、さらに2人の人間が立っていた。1人は大人の女性、1人は高校生くらいの美少年。
 いずれにせよ助かった。そう信じた男を無視して、3人は相談を始める。
「どうしますか? 記憶を直接トレースしますか?」
 意味の分からない台詞。それは、少女のものだ。
 話し掛けられたのは、隣に立っている大人の女性らしい。女性は身長差に苦労しながら視線を落とし、少女と目を合わせる。
「どのくらい時間がかかるの?」
「抽出に3時間、コーディングに3時間というところでしょうか。さらに、7月23日の重要な点だけを編集する必要があります」
「……時間がかかり過ぎるわね。例のやつでお願い」
「分かりました」
 男は、目の前の会話を全く理解しなかった。ただ、少女が女の指示に軽く頷き、こちらへやってくるのだけが見える。
「お嬢ちゃん、助けてくれ。動けないんだ」
 男はそう言って身を捩った。手足どころか胴体も言うことを聞いてくれない。何かで拘束されているようには思われないのだが、神経が麻痺してしまったかのようだ。
 少女は男の懇願を無視して、彼の眼を覗き込んできた。能面のような顔が、男の視界を覆う。男は少女の冷たい瞳に囚われ、それを見つめ返した。
「……!」
 男の意識が飛んだ。首の緊張を解き、後頭部を硬い台に打ち付ける。
 男は痛がりもせず、ぼーッとした目付きで、天井を見上げていた。
「遠坂先生、準備完了です。10分以内でお願いします」
 少女が後ろに下がり、代わりに女が男のそばに立つ。そして、すぐに口を開いた。
「あなたが大通り前コンビニの店長ね?」
「……そうだ」
「葦原瑞穂というアルバイトを首にしたのもあなたね?」
 遠坂の声は、少しばかり怒りを含んでいた。
 しかし、一切の感情を失った男は、黙って頷くばかりだ。
 女は、質問を継ぐ。
「彼を首にした理由は?」
「店内の商品を……盗んだからだ……」
「証拠は?」
「状況からして……彼としか……考えられない……」
 男が口を噤み、遠坂も怪訝そうに若干視線を逸らした。自分の考えが的を射ていなかったときの戸惑いを垣間見せている。
 女は、犯人を追い詰めるように、さらに質問を放つ。
「それは、あなたの自作自演じゃないの?」
「……違う」
 男の返答に、遠坂は軽く眼を見開いた。
 しばらく沈黙を続け、2、3歩その場を右往左往する。
 視界の外側から、若い男の囁き声が聞こえてきた。先ほどの少年のものだろうが、男にはそれを考える力もない。
 女は虎のような徘徊を止め、再び男の頭上に視線を落とした。
「あなたがゼリーの紛失に気付いた経緯を教えてちょうだい」
 女の質問に、男はすぐには答えなかった。その理由を了解しているのか、遠坂は急かすこともなくその場に佇んでいる。
 1分ほど経過したところで、男は唇を動かした。
「夜の10時に……私はいつも……店の売上を精算する……。まずはレジの金をチェックして……それを売上伝票と……照らし合わせる……のだ……」
「そのとき、3000円ほど合わないことに気付いたのね?」
「……違う」
 男の返答に、遠坂は眉をしかめた。
「違う? どういうこと?」
「レジの金は……あった……。レジから……金が盗まれたのでは……ない」
 男の説明に、遠坂は納得したらしい。話を戻すため、もう一度声をかける。
「じゃあ、どの時点で気付いたの?」
「在庫を……確認したとき……」
「在庫の確認はどうやって?」
 男は再び沈黙する。じれったそうに待つ女の前で、男は記憶の整理を進めた。
「棚の商品を……バーコードで……管理する……」
「もう少し詳しく説明してちょうだい」
「数の減った商品から……順番に……リーダーで……読み取る……。それによって……品出しと売上と……在庫の数を比較し……差をチェックする……のだ……。もともとは……万引き被害の……管理システム……全てコンピューターで……処理されている……。だから最初に……被害額が判明……した……」
 遠坂は顎に手をあて、直立不動の姿勢を取った。
 そして、おもむろに話をまとめ始める。
「……つまりこういうことね。あなたはまず、レジのお金と売上をチェックし、両者には誤差がないことを確認した。それから、棚の商品をバーコードリーダーで読み取っていき、仕入れた数−買われた数=在庫の数になっているかどうかを調べた。そのとき、在庫の数が予想より遥かに少ないことに気付いたのね?」
 長々とした遠坂の説明を聞き終え、男は数秒視線を泳がせた後、静かに頷き返した。
「でも、それならなぜ店員を疑ったの? あなたの話では、これは万引きチェック用のシステムなんでしょう?」
 女の口調は、問いつめているというよりも、何かを確認したがっているようだった。
 男はすぐに答えを返す。
「ゼリー24個は……多過ぎる……」
 やはりそうか。そんな表情を浮かべて、女は質問を打ち切った。
「そろそろ10分ね。目が覚めるとまずいんじゃない?」
 遠坂が、誰かにそう尋ねた。
「では、もう一度眠らせましょう」
 姿は見えないが、先ほどの少女の声だ。
 その瞬間、男の視界は完全に暗転した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ