挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冬過ぎて、春来るらし 作者:稲葉孝太郎

最終章 カラシ入りチョコレート事件

69/71

第67話 バカミス

これは2014年2月15日(土)の話です。
 午後5時。
 遠坂(とおさか)に呼び出された葦原(あしはら)は、町内の喫茶店に来ていた。
「はい、一日遅れだけど、チョコレート」
 年上にチョコを渡されて、葦原は驚いた。
「い、いいんですか?」
「いいも何も、葦原くんのために買ってきたんだから」
 包みは薄紫色をした花柄模様で、どことなく品があった。
 このあたりは、いかにも遠坂好みといった感じだ。
 同世代ならば、赤とかピンクとか、そういう色を好みそうだった。
 葦原は一礼してそれを受け取ったが、すぐには開封しなかった。
「あら? ここで食べてもいいのよ?」
 遠坂の台詞を受けて、横に座っていた蔵前(くらまえ)が振り返る。
「持ち込み可なんですか?」
「別に、チョコレートなら良くないかしら?」
「そこでケーキ売ってますし、どうですかね……」
 遠坂は、商品コーナーを盗み見て、なるほどと頷いた。
「それも、そうね。葦原くんったら、気が利くのね」
 遠坂の解釈は間違いで、葦原は、持ち込みが禁止されているかどうかなど、まったく気にかけてはいなかった。というのも、葦原の思考は、目の前のチョコレートに誘われて、昨日の出来事に結びつけられていたからだ。
 そして、ある発想に至った。
「遠坂さんと蔵前さんに、ちょっと聞いて欲しいことがあるんですよね」
「何かしら?」
「勉強のことなら、相談に乗りますよ」
「いえ……そういうことじゃなくて……」
 葦原は、昨日の出来事を話した。
 話したと言っても、投函されていたチョコにカラシが入っていたというだけで、それ以上のことはないのだが、遠坂は顔を真っ赤にして怒った。
「葦原くんにイタズラするなんて、どこのどいつよッ!」
 店内に響き渡った怒声に、蔵前は慌ててなだめすかす。
「まあまあ、葦原くんの身に何もなくて、良かったじゃないですか」
 いや、舌にはいろいろとあったのだが。葦原は、内心で突っ込んだ。
 一方、蔵前はコーヒーを啜りつつ、葦原へと向き直る。
「しかし、気になる事件ですね」
「ええ、僕も若干……同じようなイタズラが起こると困りますし……」
「イタズラなんですかね?」
 蔵前の一言に、葦原はハッとなった。
「どういう意味ですか?」
「僕は、なんとなく明確な意図があってやったように見えますが……」
「明確な意図?」
「それは、市販品だったとか、そういうことは?」
 蔵前の質問に、葦原は首を左右に振った。
「手作りでした」
「そうですか。ちょっと推理が外れましたね」
「外れたというのは?」
「てっきり、ライバル会社の市販品に細工をして、騒ぎを起こしたのかと」
 どうやら蔵前は、以前の駐車違反事件と同じことを考えていたようだ。
「そういうんじゃないと思います。他に似たような事件も聞きませんし……」
「僕も聞きません。となると、やはりイタズラ……」
 蔵前がそこまで言ったところで、遠坂は口を挟む。
「とは限らないんじゃないの? 手が込み過ぎよ」
「しかし、目的が……」
 そのとき、喫茶店の入り口で、鈴の音が鳴った。
 振り返ると、池守(いけがみ)紙屋(かみや)が、こちらに向かって微笑んでいた。
「遅かったわね」
 遠坂は、池守にそう愚痴った。
「遅いもなにも、勤務中だからな」
 池守はスーツを椅子に掛けて、そこに腰を下ろした。
 その向かい側に紙屋が座る。
「ところで、なんの話をしてたんだ?」
「実は……」
 葦原は、池守たちにもさきほどの話を伝えた。
「ふーむ……こいつは見過ごせんな……」
 注文を済ませた池守は、険しい顔をした。
「え? 犯罪なんですか?」
「そこは難しいが、鬼道(きどう)グループの一件もあるしな」
 その一言に、場の空気が凍り付いた。
「先輩は、鬼道グループによる嫌がらせだと見るんですか?」
 紙屋が心配そうに尋ねた。
「分からん。分からんからこそ、不気味だ」
 コーヒーが運ばれてきた。
 池守はそれを一口飲んで、軽く肩を回した。
「とりあえず、身の回りには注意した方が良さそうだな」
「葦原くん、誰かにつけられてるということはないですか?」
 紙屋は、横合いから尋ねた。
「そういうことは、ないと思います」
 とはいえ、自信があるわけではなかった。プロに尾行されて、気付くことなどできるのだろうか。葦原を、急に不安が襲った。
「んー、楽観視するわけじゃないけど、その線は薄いと思うわ」
 遠坂が口を挟んだ。
「なんでだ? おまえが一番心配しそうなもんだが」
「鬼道グループの脅迫なら、もっと分かり易くするでしょう。壊れた自転車をドアの前に置くとか、窓ガラスを割るとか、あるいは単純に脅迫文を書くとか、そういう。バレンタインのチョコにカラシを練り込んだって、意図が伝わらないと思うんだけど」
「それも、そうか……」
 池守は腕組みをして、うーんと唸った。
「まあ、鬼道グループの復讐じゃなければ、その方がいいんだけどな」
「それにしても、動機が分からないですねぇ」
 紙屋もコーヒーを飲みながら、首を捻った。
「やっぱり、女の子の私怨なんじゃないですか?」
 また話が戻って、葦原は訂正を入れる。
「恨まれてる記憶はないんです」
「ストーカーかもしれませんよ」
 また物騒な。葦原は、身震いした。
 ところが、今度は池守が疑問を呈した。
「いや、ストーカーの線は薄いな。ストーカーって言うのは、大半が露出型で、被害者の前に何らかの形で現れるもんだ。ストーカー被害のトップ3は、つきまとい、交際の強要、無言電話だからな」
 池守はそこまで言って、葦原に顔を向けた。
「そういう被害に会ってるわけじゃないんだろ?」
「そういう経験は、したことないです」
 池守の説明で、葦原は少しだけ安心した。
 けれども、心のどこかに、しこりが残ってしまう。
「どこか遊び心がありますね。本当に危害を加えたいのなら、カラシじゃなくて、例えば絵の具とか、口にするとマズいものを仕込むと思います」
 蔵前の指摘に、池守は少しばかり不満そうな顔をした。
「そうか? カラシにしたのは、何か意味があってのことだと思うが」
「例えば、何ですか?」
「そうだな……例えば……絵の具のような食べられないものを入れると、本当に冗談じゃ済まなくなって、警察沙汰になるとかだな。傷害扱いになる可能性もある」
「傷害事件なんですか?」
 葦原が尋ねた。
「致死量に満たない毒を盛るのは、傷害だよ」
「カラシは、ならないんですか?」
 葦原の質問に、池守は再度、うーんと唸った。
「なんとも言えんなあ。俺は交通課の人間だから」
 そこへ、紙屋が助け舟を出す。
「なる可能性はありますけど、間違いなく不起訴ですよ」
「だろうな。警察の方も、調査に人員を割いたりしないだろう」
 冷たい現実を突きつけられて、葦原は困惑してしまう。
「警察がダメなら、吉美津(きびつ)くんと入江(いりえ)さんに任せればいいわ。明日にでも、うろな町に来てくれるように頼んどくから」
 遠坂の発言に、他のメンバーは眉をひそめた。
「ふたりとも、高校生だろう?」
「大丈夫よ。私が請け負うわ」
「あんまり気軽に請け負わん方が、いいぞ。おまえも高校教師なんだし」
「普段は、ね」
 意味深な言葉を残して、会話は中断した。
 そして、カラシ入りチョコレートの話は、それっきりになった。

  ○
   。
    .

 ピンポーン

「はーい」
 葦原は、待ち兼ねていたように、アパートの扉を開けた。
 そこには、スーツ姿のルナが立っていた。
「ちょっと遅かったね」
「電車がうまく連絡しませんでした」
 ルナはそう言って、さっさと葦原の部屋に上がった。
 午後7時。普通ならば、高校生の男女が出会う時間帯でもないのだが、ルナはいっこうに頓着していないようだった。大胆なのか、警戒心が薄いのか、よく分からない。
 ルナはテーブルそばの座布団に腰を下ろして、あぐらをかいた。
「で、用事というのは?」
「まあ、そんなに大したことないんだけどさ」
 葦原は、内容を手短に説明した。
「というわけで、ここにその現物があるんだけど」
 葦原は、チョコレートの袋を差し出す。
 それを見たルナは、しばらくの間、口を噤んでいた。
「誰が犯人だと思う?」
 葦原の問いに、ルナは唇を動かす。
「私です」
 ……………………
 ……………………
 …………………
 ………………
「はい?」
「2月14日は、知人にチョコレートを贈る日だと聞いたので、試してみました」
「え……あの……カラシは……」
「広告で『チョコレートはインパクトが大事』と書いてあったので、同僚に『インパクトのあるチョコレート』について尋ねました。『カラシでも練り込めばいいんじゃないか』と言われたので、入れてみました」
 ……………………
 ……………………
 …………………
 ………………
「どうかしましたか?」
「いや……なんというか……きみって……変わってるね」
「よく言われます」
 ルナには、まったく悪びれた様子がなかった。
 おそらく、悪いことをしたという意識がないのだろう。同僚に教えてもらったことを、そのまま実行したという、事務処理的な態度だった。
 葦原は頭を抱えたくなったが、同時に安心感も生まれた。
 誰かのイタズラというわけではなく、隣人……ちょっと風変わりな隣人が、バレンタインの贈り物をしてくれただけなのだ。鬼道グループの復讐という線もなくなった。
「気持ちは嬉しいけど、カラシ入りのチョコは食べられないよ」
「インパクトは、ありましたか?」
 あり過ぎだ。葦原は、思わず突っ込みかけた。
「十分にね」
「それは良かったです」
「良くないよ……」
 そのときだった。
 葦原のスマホが、テーブルの上で鳴った。
 葦原はルナとの会話を中断して、スマホの画面にタッチする。
 メールが一通来ていた。

 吉美津です。また事件があったようですね。明日の正午、うろな駅に到着しますので、会える時間を教えてください。入江さんも来ます。では。

「……マズい」
「何がですか?」
 葦原は、今日の出来事を伝えようかどうか、迷った。いくらルナの非常識が元凶だったとはいえ、あちこちに言いふらしたのは、葦原本人である。
「池守さんだけに相談すれば良かったかな……」
「もしかして、他の人に話したのですか?」
 ルナは、妙なところで勘が鋭かった。
 いきなり事態を言い当ててきた。
「ちょ、ちょっとね」
「しかし、別に大きな騒ぎにはなっていないでしょう」
 それがなっているから問題なのだ。
 葦原は、困り果てた。一番簡単なのは、吉美津と入江に、事実を伝えることだろう。けれども、どのように伝えれば良いのだろうか。そこが問題だった。
 散々悩んだ挙げ句。葦原は正直に答えることにした。
 話を聞き終えたルナは、よく分からないという顔をした。
「なぜ大げさなことになっているのですか?」
「そりゃ……チョコレートにカラシが入ってたらね……」
「ウィスキーはよくて、カラシはダメなのですか?」
 話が進まない。
 葦原は適当に誤摩化して、それから吉美津にメールを打った。ルナの正体を誤摩化すのに頭を使ったが、要するにイタズラということにしてしまえば良いのだ。

 ごめん。知り合いの女の子のイタズラだった。もう大丈夫だよ。

 そのメールを送ってから3分後、返信がある。

 そうですか。無事で何よりです。いずれにせよ、明日は遊びに行きます。

 オッケー。とりあえず、これで一件落着だ。葦原はそう考えて、スマホを片付けた。ルナはあいかわらず座布団の上にあぐらをかいたまま、じっとこちらを見つめていた。
 よくよく考えると、チョコレートをくれたのは、ルナなのだ。
 なんだか気恥ずかしくなってくる。
「あ、その……チョコレート、ありがとう……」
「こういう国民行事があるのを知ったのは、今年になってからです」
「……国民行事ってわけじゃないんだけどね。ただのイベントだから」
「そうなのですか?」
 バレンタインデーの意味を、根本的に誤解しているのではないだろうか。義理チョコ云々以前のレベルで、単に知り合いにチョコを配る日だとか、そういう風に誤解している可能性もあった。自分に渡したのも、特に他意はないのだろう。葦原は、そう思った。
「それにしても、自分で作ったんだね」
「市販品だと、カラシ入りのものを売ってなかったので」
 頭が痛くなるような話だ。
 結局のところ、手作りにも意味はなかったわけだ。
 そう考えた葦原は、軽く溜め息を吐いた。
「次回は、普通のチョコレートでいいよ。市販の板チョコでもいいから」
「今回の分は、捨ててしまったのですね」
「ごめん……食べられないから……」
「だったら、あとで別のものを買って来ましょう」
「んー、そこまでしなくてもいいよ。ところで、最近は仕事、うまく行ってるの?」
「おかげさまで、最近は評判も良いようです」
 それは何よりだ。葦原は、素直に祝福した。
「ま、僕は何もしてないけどね」
「いえいえ、そんなことはありません。いろいろと……」
 ルナの言い回しを、葦原は訝る。
 まさか、自分の個人情報を売ったりしているのではないだろうか。
 一瞬そう疑ったが、ルナの性格からして、そういうことはしなさそうだった。
 もっとも、ルナの職業がなんなのかは、未だに明らかではないのだが。
「探偵業って言ってるけど、どういう仕事なの?」
「探偵は副業です」
「本業は?」
「本業は……被験者の心理カウンセリングですね」
「心理療法士とか?」
「ちょっと違いますが、似ていますね」
 自己啓発などの、インチキカウンセリングではないのか。そう思った葦原だが、それもまたルナには相応しくなかった。ルナには人を惹き付けるところはあるが、カリスマは微塵も感じられない。むしろ、距離を置きたくなるような人物である。
「ま、プライバシーだし、深くは訊かないよ」
「そうしてもらえると、助かります……葦原くんの方は、どうなのですか?」
「うーん、どうってこともないよ。定時制には結構慣れたし、クラスメイトはみんな友だちだし……先生にも不満はないかな」
「アルバイトの方は?」
「バイトの方は、定時制に合わせてシフトが変わっただけ」
 ルナは、訊きたいことだけ訊いて、それっきり静かになった。
 一方、葦原の方は、アルバイトに話が及んで、あることを思い出した。
「僕のバイト先の先輩に、探偵になりたいって言う人がいるんだよ」
「なればいいのではないですか?」
「簡単に言うけどね……きみは、どうやって私立探偵になったの?」
「私の場合は、本業で得たコネとかを使ってます」
 結局、コネか。葦原は、若干失望してしまう。
「普通の人は、そういうのにはなれないのかな?」
「普通の人、というのは?」
「なんて言うか……きみみたいに、本業でコネがない人」
 ルナは顎に指を添えて、空中を見上げた。
「難しい質問ですね。私も、広く社会を見てきたわけではないので」
 それも、そうだ。ルナは、葦原と同世代である。いくら社会人とは言え、人生経験自体はまだ浅いのだろう。葦原とて、アルバイトはしているが、それで世間をよく知っているとも言えなかった。定時制のメンバーの話を聞いていると、自分の経験がいかに一面的か、ということに、否が応でも気付かされてしまうのだ。
「その人に、特殊な能力があれば、道は開けると思いますよ」
「特殊な能力……? 例えば?」
「他人の考えを覗き込めるとか、そういうことですね」
 葦原は、ルナの発言の意味を、うまく咀嚼できなかった。
「要するに、心理分析がうまいってことかな。確かに、それは必要かもね」
「心理分析とは、少し違うのですが……ともかく、堅気の仕事ではないですよ」
 ルナに堅気の仕事でないと言われてしまっては、おしまいである。
 葦原は、苦笑した。
「ま、その先輩がどれくらい本気で言ってるのか、分かんないんだけどね」
「それも、そうですね。そう言えば、今週担当したカウンセリングで……」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ