挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うろな町の不思議な人々 作者:稲葉孝太郎

第6章 合格通知不達事件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

66/71

第64話 グレーの濃淡

これは1月18日(土)のお話です。
 土曜の昼下がり、電車に揺られながら、ルナは流れ行く風景を眺めていた。
 減速する色の変化に身を任せて、ルナは今後の捜査方針を模索する。彼女は、今回の事件を解決するだけの情報を、まだ掴み切れていない。封筒の指紋も調べてみたが、「まあ10種類は堅いね」と言われ、その方面からの調査を断念した。根気があれば突き止められなくもないのだろうが、サンプルの蒐集が余りに困難であった。簡単に手に入るのは、葦原(あしはら)の指紋くらいである。どの指で触れたのかも分からないから、左右の5指を正確に採取する必要もあった。人間関係と時間から、ルナはそれを計画の最後に回した。
 彼女の心中にある算段は、もっと非科学的で、もっと探偵じみていた。関係者に事情聴取して回って、当日の状況を再現しようと言うのだ。
「次は、うろな町、うろな町です」
 電車はうろな町のホームに滑り込み、扉が開いた。ジャンパーにジーンズ姿のルナは、寒気に身を晒して、黄色い線の上に靴底を乗せた。そして、改札口へと向かう。うろな駅の自働改札を抜けたのは、まだ数回目であった。
「さて……どうしましょうか……」
 ルナは、人通りの多い駅前を眺めながら、行き先を迷った。週末に来ることは、葦原には伝えてある。しかし、葦原は夕方まで手が空かないと返してきた。バイトだと言う。アパートで待つという手もあったが、夕方以降に会ったところで、行動に移るのは難しいと読んでいた。時間が惜しい。
「……キッズハウスに寄りますか」
 ルナは、自分ひとりで入園できるかどうかを、あまり深く考えなかった。この前の経路を正確に思い起こし、脳内にマッピングされた町の地図を重ね合わせる。
「……近道が何通りかありますね」
 ルナはパパッと計算を済ませて、キッズハウスまでの最短距離を選択した。その間、ルナは周りの風景を記憶しながら、これまでの出来事をもう一度整理した。合格通知の封筒は、一旦葦原のアパートに届いたあと、切手を剥がされたと見て間違いなかった。送り主に返送されたのだから、犯人は切手を剥がした上で、再度投函した可能性が高い。そこが、ルナの頭に引っかかるところであった。
「合格通知の取得を妨害するだけなら、封筒を捨てれば良かったはずですが……」
 そう呟いたとき、キッズハウスの赤い屋根が視界に入った。
 ルナは思考を中断して、勝手に門をくぐった。広場で遊んでいた子供たちの視線が、自然とルナに集まってくる。そしてその中にルナは、強烈な一筋の眼光を感じた。
「あなた、誰の許可で入って来てるの?」
 そう尋ねたのは、桑原(くわはら)だった。
 桑原は砂場で遊ばせていた少女を脇に退けて、腰を上げた。
 彼女の目は、咎めるような圧力を有していた。
「こんにちは、桑原さん」
 ルナの平静な挨拶に、桑原は少しばかり怯んだ。
 けれどもすぐさま、眉間に皺を寄せ直す。
「ここは部外者以外、立ち入り禁止よ」
「少し訊きたいことがあって来ました」
「聞こえなかった? 部外者以外、立ち入り禁止。さっさと出て行ってちょうだい」
「お時間は取らせません」
「警察を呼ぶわよ」
「5分でいいのです」
 馬耳東風なルナの態度に、桑原はわざとらしく溜め息を吐いた。
「変な人」
「よく言われます」
 これがとどめになったのか、桑原はもはや拒否しなかった。
「そこの裏手にベンチがあるから、そこでいいわね?」
「ええ、人目につかないところがいいですね」
「……私を刺す気?」
「丸腰ですよ」
 ルナはそう言って、ジャンパーを左右に開いてみせた。
「何よ、その、『普段は銃器持ってます』みたいなアピールは……」
 ルナは、自分の動作が若干迂闊だったと悟った。
 任務中のときは、そこに小型の改造拳銃が入っている。
 今日はオフ扱いなので、たまたま所持していないだけであった。
「大丈夫です。安心してください。何もしませんから」
「そんなこと言われたら、ますます不安になるけど……ま、いいわ」
 桑原は背中を向けて、そそくさと建物の裏手に引っ込んだ。
 ルナもあとに続く。
 花壇のそばに、古びたベンチがひとつ、老人のように佇んでいた。
 桑原は先に腰を下ろし、ルナに席を勧めることもしなかった。とはいえ、ルナもそれを気にするタイプではなく、さっさと隣に場所を占めた。
「お会いできて光栄です」
 ルナはそう言って、左手を伸ばした。
 桑原は、怪訝そうにその手を見つめ、無視した。
(触れてもらえませんか……)
 ルナは、左手を引っ込めた。無理に触れると、同調できない虞があった。触れずに行える遠隔夢潜は、別の夢案内人(ドリームアドバイザー)が先行している場合にしか使えない。
(子供が起こしに来る可能性もありますしね)
 ルナは、能力を使うのを断念した。
「用事があるんじゃなかったの? 5分経つわよ」
 桑原はそう言って、腰を上げるような仕草をした。
「クリスマス会の招待状についてなのですが……」
「そんなの覚えてないわよ、どこに配ったかなんて」
「まだ1ヶ月も経っていませんが?」
「あなた、12月22日にどこで何してたかなんて、覚えてるわけ?」
 ルナはコンマ何秒で、記憶を辿った。
「はい、その日は日曜日で、私はマンションで8時5分に起床、顔を洗ってから目玉焼きとオートミールを食べ、コーヒーを1杯飲みました。それからメールを27通確認し、そのうち8通に返信しました。3通が仕事の関連で、4通は部下から、残りの1通はトレーニングの日付に関するものです。それが終わったのは、9時41分で……」
「あなた、デタラメ言ってるでしょ?」
 桑原の割り込みに、ルナは記憶のトレースを止めた。
「……デタラメでは、ありません」
「嘘おっしゃい。あなたみたいな年齢で、部下がいるわけないでしょ。何の仕事?」
「それは教えられません」
「はい、嘘確定」
 桑原の挑発に、ルナは乗らなかった。
 別の方向から攻め始める。
「桑原さんは、葦原くんのアパートがどこか、知っていますか?」
「ええ、知ってるわよ」
「訪ねたことはありますか?」
 ルナの問いに、桑原はほんのりと頬を赤らめた。
「そんなの、あなたには関係ないでしょ」
「……訪ねたことがあるのですね。いつですか?」
 ルナの追及に、桑原はカッとなった。
「だから、あなたには関係ないでしょ。何様のつもり?」
「いつですか?」
 桑原は立ち上がると、右手の人差し指でルナを指し示した。
「いいかげんにしないと、怒るわよッ!」
「……私は質問しているだけです」
「そもそも、あなたはみっちゃんの何なわけ? 親戚?」
「いえ、違います」
「じゃあ、何?」
 探偵とクライアントだ。そう答えかけたルナは、なぜか別のことを口走った。
「友だちです」
 桑原は右手で大げさにポーズを取り、鼻でせせら笑う。
「みっちゃんは、そう思ってないみたいだけど」
「どういう意味ですか?」
「だって、みっちゃん、あなたのこと迷惑そうに見てるもの」
 ルナの脳内で、ピリリと電流のようなものが走った。それは彼女の人生において、初めての出来事であった。だから、肉体も言語も、うまく反応できなかった。
「あら、図星って顔してるわね」
「そんなことはありません」
「嘘おっしゃい」
「昨晩も、葦原くんとメールをしました。嫌われているのなら、返信がないはずです」
 ルナは、ただ事実を述べただけだと思った。
 ところが、桑原の顔は豹変した。
「あなた……みっちゃんのメアド知ってるの?」
「はい、知っています」
「ムリヤリ聞き出したのね?」
「いいえ、違います」
「夜中に、何のやり取りをしてるの?」
 質問攻めになったルナだが、面倒とも思わず、一言だけ返す。
「それは教えられません」
 そのとき、頬に痛みが走った。
 ルナは、はたかれた左の頬に、利き手を当てた。
「嘘吐き……あなたが言ってることは、全部嘘よ」
「……」
 ルナは答えなかった。
 窮したからではない。今まで述べたことは、すべて事実である。
 そうではなく、なぜ自分が桑原のビンタを避けなかったのか、それが不思議だったのである。護身術を習っているルナにとって、同世代の少女の攻撃を避けるなど、朝飯前のはずであった。
「ほら、やっぱり嘘なのね。あなた、みっちゃんにまとわりついて、あれこれ迷惑を掛けてるだけなんでしょ。ストーカー!」
「私はストーカーではありません」
「ははぁん……分かったわよ。あなた、水商売でしょ? 年齢の割りには、やたらブランド物ばかり身に付けてるし……さっき『部下』って言ったの、ボーイさんのことね」
 ルナの脳内に、再び電流のようなものが流れた。
 しかし彼女は依然として、その正体が掴めなかった。
「それも誤りです」
「じゃあ、何の商売なの?」
「それは教えられません」
「人に言えない仕事なら、結局同じじゃない」
「桑原さん、あなたは他人のプライバシーに立ち入り過ぎです」
 再び、平手打ちが飛んで来た。
 ルナは先ほどと違い、冷静に桑原の手首を捉えた。
「は、放しなさいッ!」
「こちらに危害を加えるようならば、拘束します」
 桑原は、ルナの髪に手を伸ばしてきた。それも反対側の手で取り押さえる。
 右脚で蹴りを入れられそうになったが、これも軽くかわした。
「放せって言ってるでしょッ!」
「落ち着いてください。攻撃態勢を取る限り、拘束を続けます」
「おい、何やってるんだッ!?」
 ふいの問い掛けに、桑原はびくりとなった。
 筋肉が緩み、逃げ出そうとする。ルナは宣言通り、その手を放した。
裕也(ゆうや)ッ!」
 桑原は、遊技場の方向へと駆け出した。
 ちょうど曲がり角のところに、いつか見た少年が立っていた。
 岩瀬(いわせ)裕也(ゆうや)。葦原の同窓生だ。
 ルナは彼の個人情報を、正確に記憶していた。
 岩瀬の方も、ルナの顔を覚えていたらしい。軽く睨みつけて、すぐに口を開いた。
「おまえ……あのときの……」
「こんにちは、岩瀬さん……烏丸(からすま)ルナです」
 ルナは、あらためて自己紹介した。
 けれども岩瀬の表情は、あいかわらず険しかった。
「おまえ、京子(きょうこ)に何した?」
 京子という名前は、初耳だった。
 しかし、その指示対象は、この場にひとりしかいない。
「桑原さんとは、話し合いをしていただけです」
「嘘よッ! あれのどこが話し合いなのッ! 尋問じゃないッ!」
 ルナは弁解しようとしたが、尋問には違いなかった。よくて事情聴取である。
 岩瀬は、桑原の方を全面的に信頼したらしい。ルナに近付いて来た。
「京子に手を挙げただろ?」
「正当防衛です。桑原さんが先に殴り掛かったので、防御しました」
「嘘を吐くな」
「嘘ではありません。その証拠に……」
 ルナは、左頬を指差す。
「ここに平手打ちされた跡があります。桑原さんには、傷がありません」
 岩瀬は信じられないと言った呈で、桑原を振り向いた。
 言い訳が効かないと思ったのか、桑原は視線を逸らす。
 岩瀬は複雑な表情でルナに向き直り、さらに一歩間合いを詰めた。
「殴られるようなことを言ったんだろ?」
「……分かりません。桑原さんがなぜ怒ったのか、理解しかねていますので」
「前から思ってたが……おまえ、頭おかしいんじゃないか?」
「健康診断では、正常だと出ています」
 ルナののらりくらりとした態度に、岩瀬は「ふん」と唸った。
「じゃあ、さっさと出てけよ」
「まだ用事が済んでいません」
「京子に絡むな」
「いえ……岩瀬さん、あなたに質問したいことがあります」
 ルナの返答に、岩瀬はますます訝るような顔付きをした。
「俺に? ……何だ?」
「岩瀬さんは、葦原くんのアパートがどこにあるか、知っていますね?」
「裕也、答えなくてもいいわよ。追い出して」
 桑原は、背後からそう助言した。
 岩瀬は彼女とルナを、交互に見比べる。
 そして、こう答えた。
「おい、出てけよ」
「質問に答えられないのですか?」
「答えたくないね」
「葦原くんの合格通知が紛失した件については?」
「合格通知? ……何の合格通知だよ?」
「うろな高校の定時制です。……本当に知らないのですか?」
「なんで俺が葦原の合格通知を知ってるんだ。間違って捨てたんだろ」
 くだらないと言った調子で、岩瀬は会話を打ち切った。
 ルナの腕を取り、出口へ引っ張ろうとする。
 ルナは頑強に抵抗した。
「ほら、こっちへ来いよ」
「待ってください。まだ質問は終わっていません」
「裕也、警察を呼びましょう」
 本気なのか、それとも単に脅すつもりなのか、桑原は聞こえよがしにそう言った。
 ところが、驚いたのは岩瀬の方だった。
「そんなことする必要ないだろ。俺が引っ張って……」
「あなたたち、何してるの?」
 ルナの後方で、女性の声がした。
 岩瀬はすぐに手を放し、桑原も口元に手を当てる。
 ルナが振り返ると、そこには園長の西谷(にしたに)が立っていた。
 眼鏡の奥から、じっと3人の様子を窺っている。
「あなたたち、そこで何をしてるの?」
 西谷は、同じ質問を繰り返した。
 誰も答えない。西谷は岩瀬を見、桑原を見、それからルナに視線を固定した。
「あら、あなたは……」
「こんにちは、西谷さん。烏丸ルナです」
「こんにちは……今日は、うちに何か御用?」
「はい、少しばかり質問したいことがあって来ました」
 ルナの回答に、西谷は戸惑った様子を見せた。
 しかし、岩瀬や桑原と違って、西谷は大人びた対応を取る。
「そう……ここは寒いから、中へ入りなさい。誰に質問があるの?」
「……西谷さん、あなたにです」
 西谷は、一層驚いたような顔をした。
「私に? ……入園の手続かしら?」
「いえ、葦原くんについて、少々……」
 葦原の名前が出て、西谷は5%くらい納得したらしい。
「葦原くんは、うちでお世話していないけど」
「しかし、よくご存知なのでは?」
「ええ、多少は」
「それで十分です。私よりも、西谷さんの方が詳しいかもしれませんので」
 偽らざる本心だった。
 ルナと葦原の関係は、まだ一月(ひとつき)ほどである。正確には2ヶ月だが、最初の出会いについては記憶を消去してあるので、そこはカウントできなかった。
「……とりあえず、中へ入りましょう。岩瀬くん、桑原さん、あなたたちは、ブランコを見ていてくれない? 最近、変な漕ぎ方を覚えて、危ないから」
 岩瀬と桑原は返事をして、これ幸いとばかりに姿を消した。
 西谷はルナを引き連れて、例の遊戯室へと案内した。
「今、お茶を淹れますからね」
 西谷は給湯室に消え、それからすぐに湯呑みを持って戻ってきた。
 自分は飲まないつもりらしく、左手にひとつしか持っていなかった。
「どうぞ」
「ありがとうございます」
 ルナはその湯呑みには手をつけず、すぐに本題へと入った。
「西谷さんは、葦原くんのアパートがどこにあるか、ご存知ですか?」
「ええ、知ってますよ」
 西谷は、躊躇なくそう答えた。
「入園者ではないのに、ですか?」
「葦原くんは、一回ここに見学に来たことがありましたからね。おじさんに反対されたから入園しなかっただけで、そのとき入居先を教えてくれたんです」
「西谷さんに、入居先を教えたのですか?」
「心細かったんでしょうね。そういう子は、他にも知ってますよ」
 あとで、本人に確認しよう。ルナはそう考えて、別の質問に取りかかる。
「葦原くんが定時制に入ったことは、ご存知ですか?」
 西谷は、穏やかに頷いた。
「桑原さんから聞きましたよ」
 ルナは、先週の会話を思い出す。
「受験票が紛失した件についても?」
 西谷は、ちょっと驚いたような感じで、目を丸くした。
「いいえ」
「そうですか。実は葦原くんのアパートで、受験票が見当たらなくなったのです」
「郵便事故?」
「……かもしれませんね」
「お茶は嫌い?」
 喉は乾いていなかった。
 ルナはいつもの用心で、お茶には手をつけなかった。
 一言だけ礼を言い、席を立つ。
「あら、もうお帰り?」
「はい、質問したいことは、以上です」
「申し訳ないけど、次に来るときは、なるべく事前に連絡してくださいな。誰もいないことがありますし、こちらも忙しいですから」
「分かりました。今日は失礼しました」
 西谷は門のところまで、ルナを送った。
 にこやかな笑顔で手を振る西谷に挨拶し、ルナは商店街へと向かう。
 葦原のバイト先は、既に聞き出してあった。
 少し歩いたところで、ルナは来た道を振り返る。キッズハウスのくすんだ屋根が、冬の青空に妙に映えた。
「比較的濃いグレーが、ひとりできましたね……状況証拠的に」
 ルナはそう呟いたのち、キッズハウスに背を向けて、再び歩き出した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ