挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うろな町の不思議な人々 作者:稲葉孝太郎

第6章 合格通知不達事件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

65/71

第63話 返送

これは1月13日(月)〜14日(火)のお話です。
 月曜日の夜、定時制の授業を終えた教室に、風峰(かざみね)が顔を出した。有坂(ありさか)は心当たりがあるのか、こっそり教室の後ろから抜け出そうとする。それを微笑ましく見ていた葦原(あしはら)は、唐突に名前を呼ばれた。
「葦原、ちょっと事務室まで来てくれ」
 やや意外な感もしたが、葦原は鞄を持ってすぐに教室を出た。
 風峰は何も言わず、さっさと廊下を進んで行く。
 用件を告げられないので、葦原は少しばかり嫌な予感がした。
 風峰が口を開いたのは、ふたりが事務室に入り、扉を念入りに閉めたときだった。
「ま、そこに座ってくれ」
 書類が山積みになったテーブルへ、葦原は席を勧められた。
 風峰は、彼の性分に似合わず、深刻そうな顔をしている。
 悪事に心当たりのないことだけが、葦原にとって唯一の救いであった。
「実はな……」
 反対側に腰を下ろした風峰は、こほんと咳払いをして、一通の封筒を取り出した。手続上の書類かと思った葦原は、表の朱書きに喫驚する。
「……合格通知?」
 封筒には、《合格通知在中》の文字が、赤いマジックで書かれていた。
 宛名を盗み見ると、それは葦原の名前だった。
「たまには、こういうこともね?」
 風峰は、おどけたような、申し訳なさそうな顔をして、頭を掻いた。
「ど、どういうことなんですか?」
「いや、どうも切手を貼り忘れたらしくて、戻って来ちゃったんだよ。年末年始は事務所を閉鎖してたから、学校の共通ポストの方に入ったみたいでね。そこはあんまりチェックしてなかったもんで、先週の土曜に気付いた」
 風峰はそう言って、アハハと笑った。
 葦原は怒るのも通り越して、呆れかえってしまった。
 そして、ホッとした。
「とにかく、見つかって良かったです。……これ、いただいても?」
「もちろんだよ。きみの合格通知だからね。手続的には、もう必要ないけど」
 葦原は、もう一度自分の氏名を確認して、封筒を手に取った。
 何だか、妙な気持ちになる。あれだけ捜していた落とし物が、まさかこんな形で出て来ようとは、彼も予期していなかった。
 それと同時に、ルナや桑原には、本当に悪いことをしたと思った。
「それじゃ、用はこれだけだから、お疲れさま」
「ありがとうございました……」
 事務室を出た葦原は、暗い廊下を抜けて、薄ら寒い校門へと向かった。
 午後9時。夏ならばこの時間帯でも、たまに生徒とすれ違うことがあった。部活か何かなのだろう。しかし、冬場は稀であり、ましてや1月は始まったばかりである。校舎は、無人の廃墟と化していた。
 靴を履いた葦原が校庭に出ると、ふいに声を掛けられた。
 振り返ると、有坂と金居(かない)が、電灯の下に仲良く立っていた。
「葦原、どうだった?」
「どうって?」
「風峰の奴、なんか言ってなかったか?」
 ああ、そのことかと、葦原は合格通知の件を包み隠さず話した。
 それを聞き終えたふたりは、腹を抱えて笑う。
「ま、そんなことだろうと思ってたぜ」
「ほんとおっちょこちょいだよね」
 葦原も釣られて笑ったが、ふと疑問に思ったことをぶつけてみたくなった。
「えっと……有坂くんは、誰かを待ってたの?」
 質問を受けた有坂は、少し気まずそうな顔をした。
 口をモゴモゴさせている。言い訳を考えているのだろう。
 その代わりに、金居が答えた。
「風峰さんが喫煙の目撃者を探してるんじゃないかって、焦ってたのよ」
「こら」
 有坂はムスッとして、そっぽを向いてしまった。
 葦原は何と言ってよいのか分からないので、とりあえず下校しようと思った。
「そこまで一緒ね」
 金居はそう言って、有坂の腕を引いた。
 有坂は不承不承という感じで、ついてくる。
 けれどもすぐに機嫌を直して、3人はいろいろと喋った。話題は学校生活よりも、むしろ私生活の方に重点が置かれた。葦原は、ルナとの探偵ごっこについて、一言も口にしなかった。というよりも、ルナの存在自体を隠した。変に勘ぐられると困るからだ。
「じゃ、また明日」
「気を付けて帰れよ」
 金居と有坂はそう言って、闇夜に姿を消した。
 それを見送ったあと、葦原はアパートへの道を辿った。彼が門をくぐったときには、敷地内はしんと静まり返っていた。101号室にも、明かりは灯っていない。ルナは宣言通り、週末にしか姿を現さないようであった。
 鍵を開けて室内に上がり込んだ葦原は、ぐったりと床に寝転んだ。
 合格通知が見つかって、これまでの疲れがドッと出てしまった。
 しばらく天井を見上げた葦原は、おもむろに鞄を開け、封筒を引き出す。中身を確認すると、それは紛れもなく合格通知であった。入学後に貰っては、妙な感じのする代物だ。それでも、嬉しくはあった。うろな高校の一員だという自覚が深まった。
「切手の貼り忘れか……風峰さん、よっぽど慌てて……ん?」
 葦原は、封筒の片隅に違和感を覚えた。
 体を捻って、仰向けからうつ伏せになる。
 蛍光灯の光が、封筒の表面を照らし出した。そして、封筒の左上隅に、小さな三角形をした光沢が浮かび上がった。そこだけ、一際キラキラしている。形を正確に言うと、左上隅が直角になっていて、上辺は封筒の上辺に、左辺は封筒の左辺に水平で、斜線は若干歪んでいた。大きさは、小指の爪先ほどである。
「……切手の跡?」
 葦原は、指先でその光沢に触れてみた。
 粘り気はないが、明らかに紙質と異なっていた。
 葦原はそれを何度か繰り返し、眉間に皺を寄せた。
「切手が剥がれたのかな?」 
 切手の貼り忘れも奇異であったが、剥がれるというのも奇異であった。
 けれども、その光沢の具合と言い、位置と言い、切手の糊としか思えなかった。
「……まさかね」
 葦原はそう呟くと、お湯を沸かし、即席麺を食べた。その間も、視線は何度か封筒に注がれた。さらに、即席麺ばかりは良くないという、ルナの忠告メールも頭をよぎった。それがだんだんと一体になり、食べ終える頃には、封筒とルナを結びつけるようになっていた。
 葦原は無意識に携帯を取り出し、ルナのメアドを検索していた。
「……まずいか」
 探偵ごっこは、先日キャンセルしたばかりである。
 あのときは、半分苛立ちからそうしたのだが、今さら撤回するのも躊躇われた。
 葦原は携帯をテーブルの上に放り、それから宿題に取りかかった。半分ほどやったところまでは良かったが、また封筒が気になり始めた。問題を考えるよりも、ルナや桑原との和解の方に頭を悩ませた。16になったばかりの葦原には、それほど多くの選択肢がない。経験が明らかに不足していた。
 桑原には、単純に謝れば良いと思った。それで、大したことにはならないというのが、葦原の予想であった。他方で、ルナは取っ掛かりが掴みにくかった。彼女の落ち度については既に指摘済みだし、それが暖簾に腕押しであることも確認済みであった。したがって、これはどうにもならないと、諦めざるをえなかった。
 少年はあれこれ考えた挙げ句、ふたりの関係がそもそもおかしいのだと、そういう結論に達した。ルナと自分はただの隣人で、いや、ただの隣人でなくても、そこそこ仲の良い隣人であり、探偵とクライアントではない。そのような関係を設定してしまったことが、決定的な間違いだと、葦原はそう断じた。だから、仕事をキャンセルしたとか、そういうことは全ておじゃんにするつもりになった。アドバイスを受けるだけだ。自分にそう言い聞かせた。
 葦原はそこまでざっと30分考えて、ルナにメールを送った。謝罪文もなく、封筒の一件を事務的に伝える内容にした。その方が、無感動なルナには都合が良いだろうとも思った。
 後片付けをしている間に、早速メールは返って来た。
《封筒の画像を送ってもらえませんか?》 
 案の定、極めてルナらしいメールだった。その一文しか書いていなかった。
 葦原はピントと格闘しながら写真を取り、それをルナに送った。
 すると、すぐに返信があった。
《これでは分かりません。もう少しクリアに撮れませんか?》
 そこから、メールの応酬が始まった。
《これ以上は無理》
《携帯カメラですか? 接写用のカメラは持っていませんか?》
《携帯カメラ以外は、持ってないよ》
 そこで、1分ほど間が空いた。
 葦原はもう一度上手く撮ろうとしてみたが、ダメだった。
《封筒を、下記の住所に送ってもらえませんか?》
 そこには、東京の私書箱が記されていた。
 勤務先だろうか。葦原は、あまり仕事の邪魔をしたくなかった。
《別に、週末でいいよ。来るんでしょ?》
《光沢の成分を調べたいのです》
 葦原は、少しばかり驚いた。そんなことができるのだろうか。
 しかし、ルナに言われると、なぜかできるような気もしてきた。
《調べてどうするの?》
《本当に切手がどうか調べないといけないと思います》
 なるほどと、葦原は液晶を弄りながら納得した。
 光沢が切手の糊だと言うのは、目下のところ、ただの憶測であった。
《ほんとにいいの? 今からで間に合う?》
《明日、着払いの小包で送ってください》
 小包なら、エクスプレスで早く届く。
 葦原は、条件付きで承諾した。
《着払いは悪いから、こっちで払うよ》
《着払いにしてください》
《調べるのにも、お金がかかるんじゃないの? 大丈夫?》
《着払いにしてください》
 もう同じ文面しか返ってこないような気がしたので、葦原は折れた。
《了解。ありがと》
《土曜日には結果をお知らせできると思います。では》
 ふたりのやり取りは、簡単な挨拶で終わった。
 葦原は適当な段ボールを引っ張り出すと、寒空の下をコンビニへと向かった。
 明日送れと言われたことは、とっくに頭から抜けていた。

  ○
   。
    .

「ルナ様は、どうした?」
 金髪にサングラスを掛けた男が、隣のスキンヘッドに尋ねた。
「さっき、研究所の方へ出掛けたぞ」
「研究所? 組織のか?」
「他にどこがあるんだよ?」
 サングラスの男こと木村(きむら)は、肩をすくめて返事に代えた。
「あれか? 定期検診か?」
「定期検診なら、年末にやっただろう。異常なしだった」
「じゃあ、夢潜(むせん)のトレーニング?」
「それは来週だ」
 スキンヘッドのおざなりな回答に、木村は尋ねる気が失せてきた。
 しかし、好奇心は失せない。
「用件は言ってないのか?」
「調べものだとよ。小包を持ってたし、指紋とかDNAとか、そんなところだろ」
「仕事は入ってないんだろ?」
「よく分からんが、何か副業を始めたらしい。その関係じゃないのか」
 スキンヘッドは煙草を灰皿に押し付け、ソファーの上で大きく背伸びをした。木村も、ルナの副業については、ちゃんと耳にしていた。しかしそれは、前々回の失敗で首になりそうだから、新しい就職先を探しているものとばかり思っていた。今や失職の心配はないのだから、なぜルナが副業をしているのか、木村には皆目見当がつかなかった。
「……暇だね」
「ああ」
 ふたりとも手持ち無沙汰であった。忘れ屋の仕事というものは、年中あるわけではない。一回の報酬が大きい代わりに、何週間もスケジュールが入らないこともあった。とはいえ、ルナは多忙な方だ。それは、鬼道(きどう)グループの一件で信頼を回復して以来、否応にも体感できるほどであった。
「こうして転職せずに済んだのも、ルナ様のおかげだな。ルナ様々よ」
 スキンヘッドの男は、誰とはなしにそう独りごちた。
「だけどよ、田中(たなか)、最近ルナ様の様子が、ちょっと変じゃないか?」
 木村は心持ち、声のボリュームを落とした。
 念のため、入り口をチェックする。ルナが帰宅した気配はなかった。
「ああ、それは俺も感じてる」
「この前の日曜も、いきなりどっかへ行って、帰って来たと思ったら寝室に引きこもるし、体調でも悪いのかね」
「思春期の悩みってやつじゃないか」
 田中の推測に、木村は吹き出した。
「何がおかしい?」
「ルナ様に限って、それはねえよ。仙人みたいな性格してるぜ」
「違いねえ。だとしたら、過労かもしれねえな。今度、休暇でも取って……」
 そのとき、背後の扉が開いた。
 ふたりはドキリとして、室内に踏み込むルナの機嫌を伺う。
「ルナ様、研究所の方は、お済みで?」
 木村の質問に、ルナはこくりと頷いた。
「やはり糊でした」
「ノリ? ……何がですか?」
 ルナは、二つ折りになったA4版の封筒を掲げた。
「この部分に、切手が貼ってあったのです」
 ルナは華奢な指で、封筒の左上隅を指し示す。
「はあ……」
 木村には、それ以上の反応ができなかった。
 だからどうしたのだと尋ねるのも、若干気が引けた。
 困惑する木村と田中を他所に、ルナは先を続けた。
「今週末は、予定をすべて開けてください。仕事は入れません」
「ええ、それは別にいいですが……」
 田中は手帳をめくりながら、17〜19日に斜線を引いた。
「休暇ですか? それなら、1週間くらい取っても……」
「いえ、少しばかり急用ができました」
 田中と木村は、お互いに顔を見合わせる。
「ルナ様、俺たちはサラリーマンじゃないですが、土日くらい休んだ方がいいですよ」
 と木村。
「そうです。月曜は、気分が冴えないように見えましたし」
 と田中。
「あれはもう、治りました」
 ルナはふたりに取り合わず、寝室に引っ込んだ。
 そのそっけなさは、どこか冷淡でありながらも、爽やかなところがあった。
とにあさんの『URONA・あ・らかると』から、風峰さん、有坂くん、金居さんをお借りしました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ