挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うろな町の不思議な人々 作者:稲葉孝太郎

第5章 青少年記憶攻防事件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

53/71

第51話 撃たれた少女

 きらきらと砕け散るガラスの結晶。腕に鋭い痛みが走る。神楽は床の破片を踏みしめ、手近なテーブルの影に身を隠した。彼女の頭上を掠めるように、鉛玉が棚のガラスを割る。
 罠だった。全てが罠だったのだ。爆弾テロも、神楽をこの隠し通路に誘き出すための非常灯に過ぎなかった。おそらくルナは、警察がデモ隊を一人残らず逮捕するように仕向けたのだろう。神楽が機動隊に捕まれば、そこでゲームセットになる。そしてルナ自身は、唯一警官に包囲されていない出口で待ち構えれば良いのだ。
 なぜこれほどの短時間で作戦を練ることができたのか、それだけが分からない。まさかこの大学の構造が頭に入っているというのだろうか……。ありうる。ルナの夢現化(ドリマライズ)は、異常な記憶力に基礎付けられている。冗談のような話だが、機械類を正確に再現できる以上、建物の見取り図など楽に覚えられるはずである。それが吉備津(きびつ)の夢に潜入する前だったのか後だったのか、それはどうでもよいことであった。今はルナの銃口から逃げるのが急務だ。
 神楽はルナの姿が屋外にないことを確認し、教室のドアに手を掛けた。ここが学部棟の一角であることは、容易に察しがつく。敵が飛び道具を持っているのだから、屋内に避難したのは正解だと思うのだが……。空になった教室から、窓の開く音が聞こえた。ルナだ。神楽は足音を消しながら、できる限りの速度で階段を駆け上がる。
 ……ミスか。上へ逃げたのは間違いだったかもしれない。かと言って、1階をぐるぐるしていたのでは、どこかで捕まってしまう公算が高かった。最悪、2階からの飛び降りも視野に入れなければならないだろう。神楽は踊り場を抜け、廊下へと出た。
「これは……」
 神楽は慌てて口を噤む。神楽は聴覚に神経を集中しながら、移動を再開した。
 廊下を進む間、化学薬品の香りが幾度となく漂ってきた。間違いない。ここは理系の学部棟だ。薬品を使うところから見て、理学部か薬学部、あるいはそれに類似したものだろう。
 何か武器になるようなものはないだろうか。神楽は窓から中を覗き見る。あるものが見えた瞬間、神楽は迷わずひとつの実験室を選んだ。蝶番の滑らかさに感謝しながら、彼女はその部屋の中へと身を潜める。内側から鍵を掛け、すぐに扉のそばを離れた。
 時間がない。神楽はテーブルへと向かう。彼女が目指したのは、ビーカーでもフラスコでもなく、たったひとつのマッチの箱だった。学生がこっそり煙草でも吸っていたのだろう。喫煙マナーにルーズな時代だ。神楽はマッチを一本取り出し……。
「きゃッ!?」
 頬を弾丸が掠めた。神楽は踊るように実験台の背後に隠れる。
 ……今のは命中していてもおかしくなかった。射撃の腕が良くないのだろうか。かなりの至近距離だったはずだが……。
 息を継ぐのもそこそこに、神楽はマッチを擦った。炎のついたそれを、作業台の上に放置されているノートの山へと放り込む。炎は一気に燃え上がり、辺りに煙が充満し始めた。建物自体が古く、机や椅子も木でできたものばかりだ。可燃性の物質には事欠かない。
「自殺する気ですか?」
 窓ガラス越えに、ルナの声が聞こえてきた。
 まさか。神楽はルナの能天気ぶりに感謝する。後はアレに最後の一撃を加えるだけだ。神楽は、ルナの次の行動を待つ。
 ……発砲音。鍵を壊す音。神楽は火災報知器に向けてダッシュした。
「これで終わりよッ!」
 神楽は火災報知を全力で叩き付けた。校内にベルが鳴り響く。神楽は返す刀で窓へと駆け寄り、2階から身を乗り出した。下が草地になっていることを確認し、全身を身構えて一気に飛び降りる。それと前後して、彼女の頭上を再び銃弾が飛び越えた。
 この一連の動作が、ルナには分かっただろうか。後は謎解きの問題だ。ルナが間違えば神楽の勝ち。もし正解すれば……。神楽はよろめきながら地面に着地する。足に痺れが走ったものの、すぐに体勢を立て直した。左右を見渡し、右手の方向に進路を取る。
 再び発砲音。少し離れたところで、鉛玉が軽快な音を立てる。地面に人の着地する音が聞こえたところで、神楽は次の十字路に辿り着く。
 ……見えた。予想通りだ。遠く【左】手に、彼女の希望の光が……。
 神楽は最後の力を振り絞り、【右】へと舵を切る。数メートルほど進んだところで、疲れ切った彼女の足は走るのを止めた。カードは全て提示されたのだ。後は、誰がジョーカーを引くかだけ……。神楽か……ルナか……。
「今回ばかりは、私の勝ちのようですね」
 ルナの声。追いつかれた。……神楽は目を閉じる。
 ……銃声。青空の下で、火災報知の音と交わるように、いくつもの銃声が重なった。
 神楽は後ろを振り返る。
「な……ぜ……」
 そこには、目を見開いて胸元を押さえるルナの姿があった。シャツが血で赤く染まる。ルナは銃口を斜めに構え、あらぬ方向に引き金を引いた後、その場に倒れ込んだ。彼女の向こう側には、膝立ちで銃を構える機動隊の列……。
 賽は投げられ、そして、神楽の望む目が出た。……テロリストは射殺されたのだ。
「おいッ! 放火だッ! 火が出てるぞッ!」
「消防隊を呼べッ! ……そこの女は動くなッ!」
 ジェラルミンの盾を構えた機動隊員数名が、神楽を取り囲んだ。神楽は武装した男たちになど目もくれず、地面に倒れたルナの亡骸を悲しげに見下ろす。
「テロの現場でオモチャを振り回してちゃダメよ……ルナさん……」
 神楽は目を閉じる。心地よい疲れとともに、ルナは意識を現実へと旅立たせた。

  ○
   。
    .

 淡い光。居心地の悪い椅子の上で、神楽は目を覚ました。
 ふたつの眼差しが、神楽を見つめている。後輩の逆木(さかき)泰人(ひとろ)と、依頼人の吉備津(きびつ)いづな。神楽は覚醒しきらない頭で、ぼんやりと勝利の余韻に浸っていた。
 ……勝ったのだ。その事実を、少女は再認識する。
「やりましたね、先輩ッ! さすがっすよッ!」
 泰人が自分のことのように、その場で小躍りしながら叫んだ。
「お見事でした。まさか、機動隊に射殺させるとは……」
 隣に立っている吉備津も、感心したようにそう呟く。そう言えば、あの夢は吉備津の記憶の一部だった。彼はどこにいたのだろうか。潜入の原理からして、あのキャンパスのどこかにいたはずなのだが……。それに、あの遠坂(とおさか)に似た女性は一体……。
 しばらく考えた後、神楽はそれらの疑問を、そっと胸の奥に仕舞う。勝負がついた今、吉備津の過去を詮索する権利などないのだから。
 神楽はふたりの少年から視線を逸らし、廃工場の四方を見回した。
 ……誰もいない。ルナも金髪男もスキンヘッドも、車ごと姿を消していた。
「……ルナは?」
「あいつらなら、もう町から出て行きましたよ」
 タイヤの痕が、工場の敷地から道路へと伸びていた。神楽はそれを目で追いながら、質問を続ける。
「ルナは目を覚ました? それとも……気絶してた?」
 泰人と吉備津はお互いに視線をかわした。そして泰人が答える。
「ふたりに担がれてましたから、気絶してたんじゃないっすかね?」
 そうか……。射殺の衝撃で、意識が吹き飛んだのかもしれない。神楽はそう分析し、吉備津へと視線を移す。
「あなた、私より先に目が覚めたの?」
「ええ……」
「ずいぶんと夢の行き来に達者なようね」
 神楽は半分冗談めいた口調で、木箱から腰を上げた。お尻がちくちくする。衣服に傷がついていなければ良いが……。神楽はぐっと背伸びをし、大きく息を吐いた。
「さてと……これで一件落着ってわけね……」
「あの三人組、本当に葦原(あしはら)くんを諦めるでしょうか……?」
 吉備津が慎重な態度を取る。神楽は口の端に笑みを浮かべてこう答えた。
「ミッションは失敗したのよ……。それに、ルナはこれで私に2連敗。彼女が派遣されることは、もうないでしょうね。もしかすると、組織をクビになるかも……」
「そうですか……しかし……」
 吉備津は扇子を取り出すと、はらりとそれを開いた。夏場でもないのに、ずいぶんと奇妙な仕草だ。神楽は何だかおかしくなってしまう。
 そんな少女の苦笑いを他所に、吉備津は真面目な顔付きで先を続けた。
夢狩人(ドリームハンター)は諦めるかもしれませんが、鬼道(きどう)グループは諦めないでしょう。別の組織に依頼する可能性が高いと思います」
 それはそうだろう。神楽も相槌を打つ。しかし……。
「でも、それは私たちの仕事じゃないから。……あなたたちの仕事よ」
 神楽は吉備津に人差し指を突き立て、そして軽快にウィンクをしてみせた。悪気があって言っているわけではない。ただ、仕事付き合いの境界線は、はっきりさせておきたいと、そう思ったのだ。依頼料も、約束通り徴収するつもりである。
 吉備津もそんなことは百も承知なのか、あっさりと首を縦に振った。
「ええ、この先はお任せください。(あんず)さんとの勝負、私の方はまだ2回の猶予を残していますしね……」
 そう言って、吉備津は不敵な笑みを浮かべる。神楽は少年の顔に、どこかぞっとするものを感じざるをえなかった。この少年、本当に何者なのだろうか。ただの陰陽師という言い方も奇妙だが、神楽は【ただの陰陽師】とは思えない何かを感じ取っていた。
 ……いけない。自分の悪い癖だ。神楽は首を左右に振る。
「それじゃ、請求書は杏さんに渡しておくから、どっちかが払ってちょうだい。……宇宙人の貨幣はダメよ。ちゃんと日本円でね」
「分かりました。現金でも振込でも……お好きなように……」
 吉備津の返答に満足し、神楽は泰人へと向き直る。泰人は、あの憧れと尊敬に満ちた眼差しで、神楽を見つめていた。
 神楽は少し照れくさくなる。
「あんたも、夢案内人(ドリームアドバイザー)として独り立ちできるようになりなさいよ……」
「す、すんません」
 泰人も照れ笑いを浮かべ、頭を掻く。神楽はわざとらしく溜め息を吐いた。
「だいたい、今回の件だって、一人っきりになったら即誘拐とか、小学生じゃ……」
 神楽は説教をしながら、工場の出口へと向かう。泰人もそれに続く。吉備津の視線を背中に感じながら、神楽は一度も振り向かず、戦場を後にした。

  ○
   。
    .

「ふぅ……今日も疲れたな……」
 葦原は肩の凝りをほぐすように腕を回し、玄関の鍵を開ける。安物のシリンダーが音を立て、ドアノブが引きもしないのに数ミリ前にズレる。この扉、大丈夫なのだろうか。帰宅する度に、いつもそう思う葦原だった。
 とはいえ、盗まれるものなど何もない。貧乏アパートへ空き巣に入るような、奇特な泥棒もいないだろうと、葦原は扉を半開きにした。
「ん……?」
 葦原はふと、101号室を見やる。……人の気配がした。だが少年の記憶では、隣には誰も住んでいないはずであった。現に電気もついておらず、彼が感じ取った気配も、瞬く間に雲散霧消している。
「……気のせいか」
 幽霊でなければいいが。集合住宅で隣が延々と空き家であるというのは、騒音の心配をしなくてよい一方で、時折妙な居心地の悪さを覚えることがある。まさか自殺者が出て、事故物件扱いになっているのではないだろうか……。葦原は身を震わせながら、玄関の敷居を跨いだ。室内は冷えきっていたが、今日は小春日和。暖房の必要はなさそうだ。
 コンビニの袋をキッチンに置いた途端、ポケットでメールが鳴った。少年は慌てて端末を取り出し、液晶画面に触れる。……バイト先の店長からだった。病人が出たので、明日のシフトをずらしてくれという内容。葦原はそれを快諾し、お湯を沸かし始めた。
 薬缶が湯気を立てている間、葦原はテーブルの上に放り出したスマートフォンを見やる。携帯ショップを訪れたら、来店1万人目に当選し、最新機種のサンプルを無料で提供してもらえたのだ。なかなかツイていると、葦原はほくほく顔だった。
 薬缶が笛を鳴らす。葦原はお湯をカップに注ぎ、箸を持って床の上に座り込む。お腹がぺこぺこだった。室内が寒いので手を摺り合わせていると、再びメールが鳴った。
 葦原はスマホをテーブルの上に置いたまま、画面だけ指でなぞる。少年の顔が曇った。
烏丸(からすま)ルナ……? 誰だっけ?」
 顔が思い出せない。名前からして女のようだが、該当者に心当たりはなかった。電話帳に登録されているということは、どこかで知り合ったはずなのだが……。バイト先でアドレス交換でもしたのだろうか。葦原は怪訝に思いつつ、メールをワンプッシュで開いた。
 長々とした文章が表示される。

 先日はありがとうございました。しばらく会えないと思うので、お礼はまたの機会に。ところで、同僚の話によれば、カップラーメンばかり食べると栄養が偏るそうですね。たまには別のものを食べてください。では、お元気で。Lunaより

「……」
 呆然とメールを見つめる葦原。しばらくして、自動的に画面が暗くなった。
 二重の困惑。ひとつは、メールの相手が誰だか分からないこと。もうひとつは……。
「余計なお世話だよ……」
 3分経ったことを確認し、葦原は麺を啜り始めた。その間も、ルナという名前が、頭からこびりついて離れなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ