挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うろな町の不思議な人々 作者:稲葉孝太郎

第5章 青少年記憶攻防事件

47/71

第45話 限定された追跡

 本屋を離れた木村と田中のふたりは、物陰に隠れてルナを遠目に見守っていた。ルナが双眼鏡片手に何をしているのか、彼らには見当がつかない。後ろに立っているスキンヘッドこと田中が、もどかしそうに口を開く。
「おい、ルナ様は何をしてるんだ?」
「知らねえよ。……つーか、何で逃げたんだ? 本人に訊きゃ良かっただろ?」
「馬鹿野郎。潜伏行動中の仲間とコンタクトを取るヤツがあるか」
 田中の言い分も尤もだ。木村はそう思う。ルナの目的は分からないが、もしかすると目標を監視しているのかもしれない。だとすれば、先ほど声を掛けたのはミスである。
 木村はスキンヘッドを振り返る。
「どうする? この場でルナ様の警護を……」
「おい、あそこを見ろッ」
 田中は囁くようにそう命じた。木村は視線を商店街へと戻す。
「……どこだ?」
「あのコンビニのそばだ」
 木村はサングラスをずらし、十数メートル先のコンビニを見やる。そして愕然とした。
「あ、あの女……ッ!」
「この前の思い出屋だ。……隣のガキもそうだぞ」
 田中の指摘に、木村も頷き返す。木村は慌てて本屋の2階を見やった。……いない。ルナは姿を消している。部屋に引っ込んだのだろうか。
 とりあえず胸を撫で下ろし、木村はスキンヘッドと相談に入る。
「ど、どうする? 何で思い出屋がふたりもこの町に……?」
「分からねえ……。だが、あのそばにいる少年、なかなかの美形だ。もしかして、あれが俺たちのターゲットなんじゃないか?」
 木村は、コンビニの手前に立つ美少年を見つめた。……どこかで見た覚えがある。なぜかそんな気がしたが、木村はデジャブと決めつけ、それを口にはしなかった。彼の神経は、目の前に現れた思い出屋の存在に掛かり切りだった。
「まさか警察が動いたのか……?」
「警察が思い出屋に依頼すると思うか? ……先に俺たちを捕まえるだろう?」
 そうだろうか。木村は疑問に思う。自分たちはこの町に来ただけで、まだ何もしていないのだ。過去の事件で別件逮捕という線もなくはないが……。組織に依頼があった以上、鬼道(きどう)グループが公権力から目を付けられている可能性は高い。しかし、警察が思い出屋とつるんでいるとも考え難かった。
 木村が判断しかねている中、田中が先を続ける。
「始末するか?」
 田中の提案。木村は首を左右に振る。
「町中じゃ手を出せねえだろ。……それこそ背中に手が回るぞ」
「別にここで襲い掛かるわけじゃねえ……。ただ連中がルナ様を見つける前に、俺たちの手でこの町から追い出した方がいい」
「追い出す? ……どうやって? 俺たちは顔バレしてるんだぞ?」
 木村は訝しげにスキンヘッドを振り返る。自分たちはただの一般エージェントで、何か特殊な能力を持っているわけではないのだ。返り討ちにされてしまう。
 そう考えた木村に、田中は答えを返した。
「少しは頭を使えよ……。俺に任せろ。策がある」

  ○
   。
    .

「全然見つからないっすね……」
 コンビニで買ったホット紅茶を飲みながら、泰人(ひろと)が愚痴をこぼす。目の前では、吉備津(きびつ)神楽(かぐら)がもう一度作戦を練り直していた。
「最初から期待はしていませんでしたが……やはり発見は困難ですね……」
 と吉備津。それに神楽も同調する。
「もう少し効率的な探し方はないの? ちょちょいと魔法か何か使ってさ」
 神楽の気楽な問いに、吉備津は溜め息で返す。
「これは魔法ではないのですが……とにかく、私も一度は試したのです。しかし、ある理由で追跡ができなくなってしまいました。それは、彼女の特質と関係しています」
「特質……? 何のこと?」
「感情が極めて希薄だと言うことです」
 吉備津の説明に、神楽も思い当たるところがあったらしい。納得顔で頷き返す。
「そうだわ……前回も、そのおかげで勝てたようなものだし……」
「……それはどういうことですか?」
「ルナって子、感情の起伏に乏しいでしょ。その分、他人の考えが読めないのよ。どういうときに焦るとか、どういうときに怒るとか……そう言うのって、戦闘中は確かに避けないといけない感情なんだけど、全く生じないわけじゃないでしょ。逆にルナは、そういうところで冷徹な解釈をしてしまう……。それが敗北に繋がったのよ」
 神楽が淡々と説明している間、泰人はぼんやりと商店街を眺めていた。ずいぶん立派な町だと、年柄でもないことを考えてしまう。
 土曜日ということだけあって、相当な繁盛ぶりだ。この中から人ひとり探すのは、いくら顔が分かっているとは言え、厳しいものがある。泰人はそう判断せざるをえなかった。
「聞き込みでもできたらいいんっすけどねえ……」
 泰人がそう呟いたとき、遠くにふとスーツ姿の男が見えた。目立った金髪で、その色と形に視線が釘付けになる泰人。
 目を細め、ペットボトルをきつく握り締める。
「あれは……」
 男の方も泰人に気付いたらしい。ぎょっとした顔をして、一瞬立ち止まった。男はサングラス越しにこちらを見つめ、慌てて路地裏へと消えた。
 泰人は急いで他のふたりに声を掛ける。
「い、いましたよッ!」
 泰人の大声に、吉備津と神楽だけでなく、他の通行人も一斉に振り向いた。周囲の視線を気にした吉備津は、声をひそめて泰人に尋ね返す。
「ルナがですか?」
「ち、違うっす。あの金髪男ですよッ!」
 泰人の発言に、神楽と吉備津はお互いに顔を見合わせた。そして辺りを見回す。
「どこにです?」
「こっちに気付いて、あそこの路地に逃げ込んだっす」
 泰人は、パチンコ屋の裏手を指差す。すぐに後を追おうとした。
「待ってください。……罠かもしれません」
 あくまでも慎重な吉備津。神楽が口を開く。
「3人で一緒に追いかけましょう。誘い込まれてるようなら、迷わず離脱で」
 神楽の提案に従い、3人は歩調を揃えて後を追った。神楽が若干遅いものの、先頭のふたりは急いだりしない。路地裏に飛び込み、反対側の通りに出る。左右を慎重に確認した。
「……いないですね」
 吉備津の声。反対側をチェックする泰人も頷き返す。
「さすがに逃げられたっすか……」
「もっとも、この近くで活動していることが分かっただけでも収穫が……」
 そのときだった。ふと泰人は誰かの視線を感じる。見れば数人の子供たちが、花壇の垣根に座り、携帯ゲームを楽しんでいた。通信対戦でもしているのだろうか。
 泰人はあることを思いつく。
「このへんに、金髪スーツの男が来なかった?」
 泰人は子供の一人にそう尋ねた。子供はゲーム機を持ったまま返事をする。
「サングラスを掛けたお兄ちゃん?」
「そうそう、その人……どこへ行ったか分かるかな?」
 子供は言葉で説明する代わりに、右手の方を指差した。
「あそこ」
 子供の指先を追うと、1件のビルが見えた。敵の本拠地だろうか。泰人は首を伸ばす。
 しかし、怪しげなところは少しもない。普通の賃貸ビルに見える。
「あのビルに入ったんだね?」
「そうだよ」
 子供が言葉を返すや否や、吉備津たちはそのビルへと向かった。近付いてみると、複数の店舗が間借りしている雑居ビルのようである。1階はレストラン、2階は喫茶店、3階は有名な居酒屋チェーンになっていた。
 これでは、どの店に入ったのか見当がつかない。
「ひとつずつ探しますか?」
 泰人の質問。先に答えたのは吉備津だった。
「それしかありませんが……少し効率的にやりましょう」
 吉備津はまず1階のレストランへと足を踏み入れた。神楽と泰人もそれに続く。吉備津は店内を確認しながら、レジの女性に声を掛けた。
「すみません、サングラスを掛けた金髪の男性が来店しませんでしたか?」
 吉備津の問い掛けに、店員は目を白黒させる。
「……お知り合い様で?」
「はい、待ち合わせがこのビルになっているのですが、どの店か分からず……」
 そういうことかと、店員はあっさり騙された。申し訳なさそうに首を左右に振る。
「当店へはいらしてません」
「そうですか……ありがとうございました……」
 吉備津たちは一旦ビルの外に出る。今度は2階だ。しかし階段が見つからない。
「あれ、どうやって上に……」
「そこのエレベーターじゃない?」
 神楽は、物陰になった奥のスペースを指差す。確かにエレベーターの扉が見えた。3人は早速それに乗り込み、2階で降りた。
 するとおかしなことに、売り子が店の外に立っていた。何事だろうか。冬場に店外営業はしないはずだが……。泰人は不思議に思う。
「いらっしゃいませ。……どちらがカップル様ですか?」
 戸惑う3人。だが質問の意味はすぐに分かった。店の横には看板が立てかけられ、今日の日付と【カップルデー 11時〜16時】の文字。まずいタイミングだ。泰人がそう思った矢先、神楽が唇を動かす。
「カップルしか入れないんですか?」
「はい、土曜のこの時間帯は、毎週そうなっておりますので……」
「付き添い1名でも?」
 神楽の執拗な問いかけに、売り子は困ったような顔をする。
「テーブルも全て2名席に替えてありますので、付き添いは……」
「そうですか……。ところで、私の知り合いが先に来てるはずなんですけど。サングラスに金髪の男性で……」
「ええ、その方なら、既にいらっしゃってますよ」
 どういうことだ。泰人には分からなくなる。カップルデーということは、男性一人で入るのも当然禁止されているはずだ。それとも特例があるのだろうか。泰人は訝しむ。
 一方、神楽は努めて冷静に対応する。
「いづな、泰人、ちょっと下で相談しましょう。付き添い禁止とは知らなかったから」
 神楽の機転に救われた形で、怪しまれずに3人は1階へと降りる。先ほどの会話なら、自分たちが男の追跡で来たなどとは思わないだろう。エレベーターに乗りながら、泰人は同僚の手管に感心しきりだった。
 1階に戻った3人の中で、まず神楽が口を開く。
「どうする? ここで待つ?」
「相手が喫茶店に入れたとなると、女性の付き添いがいたはずです。それは……」
 吉備津が皆まで言う前に、神楽が口を挟む。
「ルナの可能性が高いわね。カップルのふりをして逃げ込んだのかも。あるいは、もともとここが集合場所だったとか……」
「でも、カップルデーの喫茶店を集合場所に選ぶっすかね……?」
 素朴な疑問。泰人にはイマイチ納得がいかなかった。
 とはいえ、敵が2階へ逃げ込んだのは事実である。ここは潜入するしかない。他のふたりも同じ結論に至ったようだ。まず神楽が選択肢を提示する。
「私が彼女役で入るのはいいとして……どっちがついてくる?」
 神楽はふたりの少年に視線を走らせた。まず吉備津が答える。
「付き合いの長さから言って、神楽さんと泰人さんが……」
 そこへ泰人が異議を唱える。
「いや、それはちょっと危ないっすよ。オレらのコンビ、1回顔バレしてますからね。神楽さんは眼鏡を外せば印象が変わりますけど、オレは……」
 なるほどと、他の2人も頷き返す。
「では私と神楽さんが潜入することに致しましょう。泰人さんはここで待機を」
「了解っす」
 眼鏡を外す神楽。多少目付きが悪くなってしまうが、かえって好都合だった。
「泰人、敵を見つけても、追っかけちゃだめよ。ここで待機しててね」
「分かってますよ。オレもそこまで大胆な性格じゃないっすから」
 神楽の忠告に首肯し、泰人はエレベーターに消えるふたりを見送った。
「じゃ、レストランでコーヒーでも……」
 その瞬間、後頭部に鈍痛が走り、少年の意識は暗転した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ