挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冬過ぎて、春来るらし 作者:稲葉孝太郎

第4章 駐禁違反取り締まり事件

25/71

第24話 ゴールドの女

 晴天の秋空の下、ひとりの男がスーツ姿で町を闊歩していた。
 彼の名は池守(いけがみ)瞬也(しゅんや)。うろな警察署に勤務する、交通課の刑事である。
 道行く家族連れや若者たちを横目に、池守はうろな南へと向かっていた。せっかくの休日だと言うのに、彼の顔は浮かない。それもそのはず。勤務中なのだから。
「何で日曜日も仕事があるかねえ……」
 治安活動に休息はない。池守とて、それは承知している。新米警官でもあるまいし、今さら自分の職場環境についてどうこうする気はなかった。だがそれでも、時には愚痴のひとつもこぼしたくなってくるものだ。池守にとっては、今がそのときであった。
 それに今回の仕事は、彼にとって久々に大きな山だった。万引き、痴漢、恐喝。どれも市民の安全を脅かす犯罪には違いないが、池守の本分ではない。どれも場当たり的に解決してきたものばかりだ。
 池守はポケットから手帳を取り出し、念入りにページをめくる。
「このへんだな……」
 池守は周囲を見回し、電信柱で現在地を確認した。
 うろな南XXーXX。池守はプレートと手帳を見比べる。
「……うむ、ぴったしだ。今日は冴えてるな」
 池守は満足げにそう言うと、左右の道を軽く一瞥した。
 ずらりと並んだ自転車の列。全て駐車違反である。
 池守は溜め息を吐き、頭を掻きむしる。
「これだから面倒なんだよなあ。一台ずつ調べろってか……ん?」
 池守はぴたりと手を止め、道の奥へと視線を走らせた。少し離れたところで、奇妙な人の輪ができている。成人女性がふたりに、高校生と思わしき制服姿の少年がひとり。さらには背の低い女の子が、姉妹のように寄り添っていた。
 それぞれの顔に、池守は見覚えがある。
「おいおい、まさか……」
 池守は手帳を仕舞い、その集団へと足を運んだ。距離が縮まるにつれて、池守のまさかが現実になっていく。
 あと数メートルのところで、女の言い争いが聞こえてきた。
「駐禁の看板に気付かなかっただけなのよ。意図的にここへ停めたわけじゃないわ」
「不知は理由になりません。れっきとした駐車違反です」
「私たちが降りてから、30分も経ってなかったわよね?」
「30分ルールは、もう7年も前に無くなったんですよ。あなたは車を放置して、この場を5分以上離れていました。ですから……」
 言い争っている女のうち、一方の声には聞き覚えがあった。
 池守がさらに近付くと、予想通りそれは遠坂(とおさか)朱美(あけみ)その人である。
「遠坂、何やってんだ?」
 状況を把握できぬまま、池守は彼女に声を掛けた。
 遠坂も即座に彼の声と分かったのか、サッと振り返り、もう一方の女を指差す。
「この警官が、私のことを駐車違反だって言うのよ」
 池守は、彼女の指先へと視線を伸ばす。
 するとそこにいたのは、ペパーミントグリーンの制服を着た若い女性だった。年齢は20歳を超えているように見えるが、いまいち判然としない。どこか垢抜けない、眼鏡を掛けた生真面目そうな顔をしている。
 池守がそんな観察をしていると、女は眼光鋭く彼に話し掛けてきた。
「あなたは誰ですか? この女性のお知り合いで?」
 池守は警察手帳を取り出し、女に自己紹介をする。
 手帳のマークを見た女は、慌てて居住まいを正した。
「し、失礼しました……警察の方でしたか……」
「いや、別に謝らなくてもいいんだが……駐車監視員の人だよね?」
 池守がそう尋ねると、女は誇らしげに首を縦に振った。
「はい、うろなセキュリティの杉田(すぎた)と申します」
 そう言って杉田は、ぎこちない敬礼のポーズを取った。これには池守も参ってしまう。駐車監視員は、警察とは全く別の組織。うろなセキュリティと言えば、この町にある中堅の警備会社だった。
 刑事と駐車監視員。ふたりの職業柄が近いことを悟ったのか、遠坂の顔が曇る。
「とにかく、駐車違反はしてませんからね。……池守くんからも何か言ってちょうだい」
「それはできんだろ……汚職だぞ……」
 池守は呆れたようにそう答えた。警察に知り合いがいるからと言って、駐車違反を免れられるわけがない。ましてや彼は、この場の状況を正確に把握していないのだ。介入のしようがなかった。
 それでも遠坂は、後に引かない。畳み掛けるように先を続ける。
「私は今まで無事故無違反なのよ。その証拠に、ゴールド免許も持ってるわ」
 遠坂はそう言うと、頼まれてもいないのに免許証を取り出した。
 池守はカードを覗き込み、有効期限の欄が金メッキになっていることを確認する。なるほどゴールド免許だ。しかし池守には、何の感慨も湧いてこなかった。
「ゴールドなんて、車に普段乗らない証拠だろ……。ってか、車持ってたんだな」
 遠坂が運転しているところを、池守は見たことがなかった。うろな町へ来るとき、彼女はいつも電車を使っている。池守は若干訝しがりながらも、遠坂の後ろにある真っ赤な車体へと視線を走らせた。
 車種を把握した途端、池守は大きく目を見開く。
「おまえ、いい車持ってるな……BMWの320iかよ……」
 教師は儲からないと言ってたではないか。しかも、買ったばかりの新車に見える。全身ピカピカだ。どこからそんな金が出ているのか、池守は不思議に思った。
「車種はどうでもいいのよ、車種は。問題は、私のゴールド免許が……」
「あ、それでしたらご安心を。私たち駐車監視員は、切符を切りませんから」
「へ?」
 遠坂はきょとんとして、杉田を振り向く。
 どうやら、何も分かっていないらしい。池守が助け舟を出す。
「駐車監視員ってのは、警察じゃないんだ。路上へ放置された車に、駐車違反の標章を取り付けていくだけさ。違反金を収めれば、裏技で減点も回避できる」
「……ご説明ありがとうございます。では早速、確認標章を……」
 クリーム色の紙片を取り出し、何やら記入を始める杉田。
 遠坂はしばらく自分の免許証を見つめた後、池守にそっと尋ねる。
「違反金って高いの?」
「そこそこ高いぞ。反則金と同じ額だからな」
「いくらぐらい?」
 遠坂の質問に、池守は辺りを見回す。青地に赤線一本の標識が目に留まった。
「駐車禁止区域だから……1万5千円だな」
 それを聞いた遠坂は、再び杉田に抗議を始めた。
「ちょっと、そんな額払えないわよ」
「500万もする車に乗ってる人が、払えないはずないでしょう」
 杉田は無愛想にそう言うと、標章をフロントガラスに貼付けようとした。
 遠坂がそれに腕を伸ばしたところで、池守が間に割って入る。
「待て待て、実力行使は公務執行妨害だぞ」
 公務執行妨害。その言葉に、さすがの遠坂も怯んだ。おとなしく腕を引っ込める。
「刑事さん、ご協力感謝致します」
「ちょっと待て、君にも質問がある」
 池守は杉田を制止し、刑事特有の醒めた眼差しを送った。
 本職の刑事に睨まれたせいか、杉田の態度が萎縮する。
 講習で受けた細則を思い出しながら、池守は先を続けた。
「駐車監視員は、単独行動をしないはずだ。相方はどこにいる?」
「あ、(みなもと)さんでしたら、ちょっとトイレに……」
 源。珍しい名字だ。該当する知人を、池守はひとりしか知らない。
 本日2度目のまさかと思ったところで、背後からしわがれた男の声がした。
「すまんすまん、遅くなった」
 池守が振り返ると、眼鏡を掛けた細身の老人と目が合った。
 お互いに視線を交わし、池守は思わず声を上げる。
(げん)さん!」
「おや、池守くんじゃないか。……今日も仕事かね?」
 ふたりが知り合いであることに、杉田も驚いたようだ。眼鏡の奥に戸惑いの色を浮かべつつ、(げん)さんと呼ばれた老人の方に話し掛ける。
(みなもと)さんのお知り合いですか?」
 杉田の問いに、老人は懐かしそうな笑みをこぼした。
「ああ、こいつはうろな署でワシの後輩だった奴だよ」
「それでしたら、話が早いです」
 話が早い。今までトイレに行っていた老人は、はてと首を傾げた。遠坂たちの存在にもようやく気が付き、怪訝そうに杉田を見つめ返す。
「何の話だい?」
「実はですね……」
 杉田はこれまでの出来事を老人に報告した。
 それを聞き終えた老人は、ふむと溜め息を吐き、遠坂に視線を向ける。
「今の話は本当ですか?」
「え、ええ……でも一ヶ所だけ違うわ。私は車を放置してません」
 容疑を否認した遠坂に、杉田がムッと唇を歪めた。
「いいえ、していました。私が来たときには、そこの……」
 杉田は、カエルマークのバンダナをした少女を指差す。
「お子さんしか近くにいませんでしたよ」
「彼女は私の子供じゃないんだけど……まあいいわ。近くに人がいたのなら、放置したとは言えないでしょ?」
「放置というのは、移動命令が出せない状態のことです。お子さんだけでは……」
 そのときだった。それまで傍観していたバンダナ少女が、杉田の前に出る。
 彼女が入江(いりえ)(あんず)であることに、池守はもちろん気付いていた。
 杏は杉田を見上げながら、唐突に唇を動かす。
「それなら放置ではないのです。私が運転して移動させれば良かったのです」
 突然話し掛けられた杉田は、膝を落とし、少女の目線の高さでこう諭す。
「子供は免許がないから運転できません。お母さんを庇うのは分かるけど……」
「免許なら持っているのです」
 目が点になる人々を他所に、杏はポケットから免許証を取り出した。
 杉田は震える指でそれを受け取り、中身を確認する。
「あ、あなた、18歳なの?」
 杉田の質問に、杏は答えない。代わりに池守が口を挟んだ。
「ああ、彼女は高校生だよ。遠坂さんとの血縁関係もない」
 杉田は困惑しながら免許証を返し、眼鏡を掛け直す。
「し、失礼しました……」
 杉田が気まずそうにしていると、(みなもと)老人が遠坂の前に歩み出る。
 頭頂部の薄くなった頭をぺこりと下げて、それから詫びを入れた。
「どうも失礼しました。彼女は今日が初仕事ですし、許してやってください」
 年上に頭を下げられては、おかんむりの遠坂もさすがに顔色を変えた。
 腕組みをしながら、ぶつぶつと言葉を紡ぐ。
「まあ……今回はいいとしましょう……」
 場が収まったところで、源老人は池守の方へと振り返る。
「それじゃ、ワシらは仕事があるんで、またな」
「あ、はい……ちょっと残念ですが……」
「なあに、うろな町にいれば、そのうち会えるさ」
 老人はそう言い残すと、杉田を連れて通りの向こうに消えてしまった。
 後に残された面子は、お互いの様子を伺う。
 最初に口を開いたのは、やはり池守だった。
「ここで何してたんだ?」
「駐車場を探してたのよ」
 即答する遠坂。池守は眉間に皺を寄せる。
「駐車場……?」
 これまた奇怪な。車から降りて探す奴があるか。池守は訝しく思う。
「駐車場なら、ここから真っ直ぐ行って右、3番目の道を左だ」
「そ、そう。じゃあ、そこへ移動するわ。ありがとう」
 遠坂がキーを持って車に近付くと、他の面子の顔色が変わった。
 お互いに目配せし、代表して制服姿の少年が声を掛ける。
 彼の名前が吉備津(きびつ)であることを、池守はようやく思い出していた。
「遠坂先生、ひとつお願いがあるのですが……」
 ドアノブに指を掛けていた遠坂は、ゆっくりと顔を上げた。
「どうかしたの? 車酔いでもした?」
「大変言い難いのですが……。運転を杏さんに代わっていただけないでしょうか?」
 頭に?マークを浮かべる遠坂。
「入江さんに……? どうして?」
「何と言いますか……安全性のために……」
 安全性。その一言で、池守は少年の言いたいことを察した。
 顎に手を当て、にやけ顔で彼女に話し掛ける。
「おまえ、もしかして運転下手?」
 池守の指摘に、遠坂は顔を赤らめた。
「そ、そんなことはな……」
「あるのです。高速に乗ったときは、死ぬかと思ったのです。あれで事故が起きなかったのは、一種の奇跡なのです」
「ジェットコースターみたいで、ミヨ楽しかったよ」
 杏とミヨのWパンチに、遠坂は歯ぎしりしてキーを握り締める。
 池守がフォローしようとした瞬間、遠坂は大声を上げた。
「分かりましたッ! 勝手に運転しなさいッ!」
 遠坂はそう言うと、後部座席に乗り込んで、プイッと拗ねてしまった。
 池守は苦笑しつつも、今度は別の点が気にかかる。運転席のドアノブへ手を掛けた杏に、彼は心配そうな視線を送った。
「入江くん、免許はあるみたいだけど、腕前は大丈夫なのかい?」
 杏が答えるよりも早く、隣にいたミヨが答えを返す。
「ママは上手だよー♪ スペースグランプリで優勝したんだもんね♪」
 ミヨはそう言うと、嬉しそうにその場でぴょんぴょん跳ねた。
「優勝ではないのです。入賞したのです。あのときはグリボゴネフのマシーンの調子が良過ぎて勝てなかったのです。次こそはリベンジするのです」
「わーい♪ リベンジ、リベンジ♪」
 意味不明な会話が始まり、池守は首を捻った。
「スペースグランプリ……? 新手のレーシングゲームかい?」
「違うよ、ミヨの星の……」
 その瞬間、吉備津がパンと手を叩いた。ただそれだけの動作にも関わらず、有無を言わせぬ迫力を持っている。その場にいた誰もが、少年の方を振り返った。
「少々急いでおりますので……。杏さん、ミヨさん、ご乗車を……」
 杏が運転席に、ミヨが後部座席に座り、少年は助手席へと回った。
 エンジンがかかる。ハンドルを握った杏の姿は、予想以上に頼もしかった。
「じゃ、気をつけてな」
「はい、池守さんもお気をつけて……」
 少年はそう言うと、助手席に体を滑り込ませた。
 いったい何に気を付けろと言うのか。池守が尋ねる前に、車はその場を走り去った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ