挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
なんでも知ってるお姉さん 作者:古川アモロ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/4

お姉さん、たくらむ。

☆ ☆ ☆
『お姉さんへ』
『今月の、「お姉さんへの質問50」への投書ですが、やはりかんばしくありません。達成ノルマまで、あと21件です。前月、前々月に続き未達成の場合、本コーナーを打ち切ることが、本日の会議で決定したしましたので、そのむね了承りょうしょうください』
『児童文芸信社 こどもたちへ編集部』
☆ ☆ ☆

「あああああああああああああ……」
 私は盛大せいだいにため息をついた。
 あと21件……いや、いま届いた2件を引いて、19件か。

 ちょっと待て。
 今月って、残り3日じゃないか。絶望だ。

 児童学習誌「こどもたちへ」。
 通販型の教材誌きょうざいしである。そのうちの1コーナー……「お姉さんへの質問50」への投書とうしょは、数年前までは名物企画だった。数ページにわたって特集が組まれるほどの。
 しかしこのネット時代、ちょっとした疑問は検索けんさくすれば、たいてい答えがすぐわかる。それでも、スマートホンを持っていないであろう子供たちに向けて、コーナー自体は継続けいぞくしているが、寄せられる質問は大きく変化した。

 ひとつに、数が激減した。
 これまでは、50個にしぼらねばならなかったお便たよりの山。だが、とうとう先月、先々月と質問は50件に満たず、コーナーは休載きゅうさいした。その時の名目めいもくたるやすさまじいもので、「お姉さんはくまを捕まえに、熊本県に行きました」だ。
 熊本県にクマがいてたまるか! もしいたら、お姉さんは死んでいる。

 2つ目の変化だが……こっちのほうも厄介やっかいだ。
 マニアックなのだ。
 かつては、「なぜ四季があるの?」「どうして海の水はしょっぱいの?」など、基礎きそ的な科学知識で対応できた質問ばかりだった。だが情報化にともない、子供たちの疑問のレベルは特殊とくしゅ化したと言わざるを得ない。当たり前の話だが、ネットで調べても出てこなかった疑問ばかりが寄せられるわけで、ああ、なんと難易なんい度の高いコーナーになってしまったのか。  

 いや、そんなこと愚痴ぐちってる場合じゃない。なんとかしなければ……って私にできることは、質問が来るのを待つばかりだ。出来るとすれば……

 不正。
 質問を、私自身が送る。水増みずまし―――できないのだ。そもそも、この質問メールは、子どもたちから直接送られてくるわけではない。

 「こどもたちへ」誌に、アンケートはがきが1冊につき1枚、添付てんぷされている。それに質問を書いて児童文芸信社に送るのだ。すなわち出版社がハガキを受け取り、その内容を、編集部の人間が私のパソコンにメールしているのだ。質問者と私のあいだを、編集者が仲介ちゅうかいしている。
 なぜ、ウェブ上でも質問を受け付けないのか―――と思われるだろう。
 まったく同感だ。
 だが、しない。 
 「小学生にパソコン、スマートホンを使わせることに反対」
 これが雑誌のカラーだからだ。
 時代錯誤じだいさくごと思われるかもしれないが、この精神に共感してくれる保護者がいるからこそ、「こどもたちへ」誌の販売実績は、安定していると言える。なのに、お姉さんへの質問だけが減少しているのだ。

 失職しっしょく―――冗談じゃない! このまま指をくわえて黙っていられるか!

★ ★ ★
『お姉さんの回答ッ!』
『お豆腐とうふはネッ、昔の中国でつくられたんだッ。中国語の「くさる」っていう漢字には、やわらかいものをかためるって意味があるんだよッ。たてたやわらかい豆を、まして固めるから「豆腐」だねッ』
納豆なっとうは、平安時代に日本のお寺で発明されたんだッ。それで、お寺の台所のことは、「納所なっしょ」って呼ばれてたんだよッ。納所でつくられたから、納豆って言うんだッ』
★ ★ ★

★ ★ ★
『お姉さんの回答ッ!』
『平安時代の書物に、はじめてコンニャクのことが紹介しょうかいされてるんだよッ。「蒟蒻こんにゃく、その根は白く、灰汁をもって煮れば、すなわち凝成ぎょうなす」だってッ』
『コンニャクの根っこは白いよって書いてあるね。つまり、コンニャクイモのことを、コンニャクって呼んでいたんだッ。それがいつの間にか、根っこを煮たものをコンニャク、いものことをコンニャク芋って呼ぶようになったんだねッ』
★ ★ ★

 ふう……
 私は商店街に行き、豆腐屋で仕入しいれた知識をそのまま送信した。おかげで木綿もめん豆腐と糸こんにゃくを買うハメになった。晩御飯はなべに決まった。

 ぐつぐつ。
 ハフハフ。
 季節外れの寄せ鍋に、私は舌鼓したつづみを打つ。熱い。

 鍋をつつきながらも、私は5分おきにメールボックスをチェックする。質問が来ていないかを確かめずにはいられない……来た!

☆ ☆ ☆
『お姉さんへ。僕のお父さんは、しょっちゅう頭が痛いと言って、頭痛薬ずつうやくを飲んでいます。どうして頭が痛いのに、飲み薬がくんですか? 頭にるほうがいいと思います』
『静岡県 ソドムとゴモラくん (8歳)』
☆ ☆ ☆

 育毛剤いくもうざいじゃないぞ。この質問を送ってきたのは、ソドムなのか? ゴモラなのか? まあ、そんなことどうでもいい。ソドムとゴモラのおかげで、残りのノルマは18件……さっそく返信する。

 比較ひかく的、まともな質問だ。だが薬学は、私の専門中の専門。大学も薬学部だった。そもそも在学中に、クイズ研究会に所属して、テレビ番組で優勝したことがこの仕事をするにいたった経緯いきさつだ。

★ ★ ★
『お姉さんの回答ッ!』
『頭痛薬はねッ、おなかでけたあと血液にのって、全身に運ばれるんだ。つまり、体中からだじゅうに頭痛薬がとどくんだよッ。頭だけに、お薬のちからを効かせることは出来ないんだねッ』
『それが原因げんいんで頭以外の、手、足、内臓なんかに届いた成分が、副作用ふくさようっていう体によくない症状も引き出してしまうんだねッ。みんなはお医者さまの言いつけを守って、お薬を飲んでねッ』
★ ★ ★

 送信…………待てよ。
 待て、待て待て待て。

 頭痛薬? 副作用? 引き出す?
 ―――原因?

「あ、あははははは、あはははははは!」
 出来る。
 出来るぞ、不正が! 質問を、自作できる! 水増しできる!
 いや、いやいやいや! これは不正ではない。
 そうだ。不正じゃないぞ。

 私が、私が子どもたちに、疑問を投げかければいいんだ!
 子どもたちに、質問するように呼びかければいいんだ!
「あははははは、あはあははははは……」
 私の高笑いは、深夜まで続いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ