挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
なんでも知ってるお姉さん 作者:古川アモロ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/4

お姉さん、調べる。

☆ ☆ ☆
『お姉さんへ。どうしてセミの幼虫ようちゅうは、土の中にいるんですか? お母さんせみが、土をってタマゴを産むんですか? そんな体力があるんなら、5年くらい生きれそうな気がします。長生きしてください』
『栃木県 和歌山梨 群馬くん(9歳)』
☆ ☆ ☆

 知るか、そんなこと! お前はいったい、なに県出身なんだ?
 私はメールの画面をにらみつける。長生きしてくださいって、「お姉さん」に言うな。セミに言え。
 おっと、いかんいかん。せっかく送ってくれたメールだ。しかし、セミって……

 小学生の素朴そぼくな疑問―――彼らの純真じゅんしんな発見、視点は大人の想像力のはるか上を行く。行きすぎる。
 ディスプレイの「お姉さん」は、あいかわらずにっこりと、子供たちに愛される笑顔をやさない。いや、マンガのイラストだから変わるわけないんだが。
 この仕事をはじめて、10年になる。
 全国から寄せられる子どもたちの質問に向き合い、答えることは私にとってもほこらしい気持ちだった。だが、最近はすこし事情が変わってきた。

 とにかく、いまはセミだ。

 さっそく私は図書館に行って、かたっぱしから昆虫図鑑をめくる。一冊目いっさつめ……適当にずしぃとページを開く。
「ウッ……!」
 変な声が出た。
 いきなり、気色悪きしょくわるいデカい虫の、交尾の写真。きそうになる。さいわい、他に誰もいなかったので悲鳴を聞かれることはなかった。呼吸をととのえ、目次もくじから「セミ」の項を調べる。255ページ……255ページ……あった。

 ふむ、なるほど……
 スマートホンを取り出し、さっそく返信をしようと……して、契約事項けいやくじこうを思い出した。それは禁止されているのだ。会社から支給された、専用のパソコンを使ってしか返信をしてはならないのだ。
 私はセミの幼虫記をメモし、アパートに戻って電源を切らずにおいたパソコンに向かう。返信―――

★ ★ ★
『お姉さんの回答ッ!』
『セミのお母さんはねッ。夏のあいだに、木の皮の下にタマゴをむんだよッ。次の年に、卵からかえった赤ちゃんは、せっせと木から地面におりて、土の下にもぐるんだよッ』
★ ★ ★

 自分で入力していて、頭が痛くなるアホな文面だ……
 何がお姉さんだよ。私は、34歳のおっさんだ! 子どもには想像もつかないだろうな……さて、ここからが問題だ。どうするか……よし。

★ ★ ★
『セミの赤ちゃんは、1歳でそんな大冒険だいぼうけんをするんだよッ。成虫になるまで土の中で7年もごすっていうと、のんきだなって思うかもしれないけど、波乱万丈はらんばんじょうの人生だよねッ』
★ ★ ★

 ……いかんな。小学生へのメールに、「波乱万丈」なんて言葉を使っちゃ。別の言葉に直そう。それより、虫の一生に「人生」という単語を使うべきだろうか……しょうもないことに考えをめぐらせる自分が情けなくなる。
 質問には、単に答えればいいというわけではない。教訓きょうくんというか、お説教というか……とにかく、気のいた一言ひとことをつけ足さなくてはならない。これが面倒で仕方しかたがない。それも小学生に理解できる単語を使って。
「波乱万丈」という言葉をもっとわかりやすいものに置きかえねば…………思いつかない。「勇気ある人生」とかでいいか。

 文面を修正し、メールの返信ボタンを押す。
 と、次のメールの着信に気づいた。

☆ ☆ ☆
『お姉さんへ。どうして食パンには「食」って漢字が入っているんですか? 変だと思います。パンは食べるものと決まっているのに』
『三重県 オーバー・ザ・ヘブンくん(11歳)』
☆ ☆ ☆

 お前が決めるな! ヘブンに行け! オーバー!
 やれやれ、タイミングが最悪だ。質問を送ってくれるのは、もちろんありがたい。しかし図書館から帰ってきたばっかりなのに……と、いつもの私ならうんざりしていただろうが、この質問はなんてことない。答えを知っている。

★ ★ ★
『お姉さんの回答ッ!』
『むかしはね、絵を描くのに木のすみを使っていたんだよッ。木炭もくたんっていうんだッ。そのとき消しゴムの代わりに、パンを使っていたんだッ。ゴシゴシってねッ。絵を消す用のパンと区別するために、食べる用のパンということで、食パンと呼ぶようになったんだッ』
『でも間違った字を消すときは、消しゴムを使おうねッ。食べ物を粗末そまつにしちゃダメだぞッ』
★ ★ ★

 ま、こんなもんだろ。送信―――
 と、ふたたびメールの受信に気が付いた。
「ああああああああああああ! なんなんだよ!」

 同時に3件のメールが来やがった。
 今日は大量だ。
 いや……大量とはいいがたい。やっと、3件来てくれたと言うべきだろう。だがメールボックスを確認して、質問は3件ではなく、2件だったことに気づく。私はまたため息をついた。

☆ ☆ ☆
『お姉さんへ。豆腐とうふ納豆なっとうのネーミングが逆だと思います。豆が腐ったのが納豆で、箱に豆がおさまっているのが豆腐じゃありませんか?』
『京都府 ブルーメタルおそうめんさん(9歳)』
☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆
『お姉さんへ。コンニャクが、コンニャクいもから作ってるって本当ですか? 順番がおかしいと思います。じゃあ、コンニャクが発明されるまで、コンニャクいもはなんて呼ばれてたんですか? イモですか?』
『大分県 キッコーマン・マリポーサくん(10歳)』
☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆
『お姉さんへ』
『今月の、「お姉さんへの質問50」への投書ですが、やはりかんばしくありません。達成ノルマまで、あと21件です。前月、前々月に続き未達成の場合、本コーナーを打ち切ることが、本日の会議で決定したしましたので、そのむね了承りょうしょうください』
『児童文芸信社 こどもたちへ編集部』
☆ ☆ ☆





挿絵(By みてみん)

イラスト提供 : ウナムムル様


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ