挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
サントノーレ 作者:奈備 光

6章

60/118

60 帰ってくれ

 六百年前、一般的なアギとは別に、すべてを捨て、一抹の生だけを繋いでいく道を選んだ者がいた。
 それらがここに暮らしている。
 過去を忘れ、名前までも捨て、他人と関わらずに。
 人であることさえ拒否するように。

「僕自身、どこの誰だったのか、全く記憶はないし、関心もないんです。ここで泳いでいるだけ」
 少年が周りを見回したが、他の魚や貝が声を上げる様子はない。
「人間の言葉を話すのも、何百年ぶりかなあ」

 いざという時のために、意思疎通の方法と、人間の姿を取り戻す機能だけは残されているのだという。
「でも、他の人はみんな、それもしたくないようですね」
 イルカが再び周りを見回したが、やはり魚たちは皆、水の流れに身を委ねているだけだ。


「でも、ここに集まってきたということは、僕と同じ気持ちなんだろうと思います」
 イルカの声が少し厳しくなった。
「この空間を破壊するには、巨大なエネルギーが必要です。えっと」
 思い出そうとしているのか、イルカは体を回転させた。
「そう。エーエージーエスというのを知ってますか」

 エーエージーエスがここを維持しているのか。
 それとも、例として挙げただけだろうか。
「あれが生み出すエネルギーに対抗する必要があります」
 なるほど。いずれにしろ、エーエージーエスに対抗できるエネルギーの持ち合わせはない。


「いろんなアギがいるんです」
 イルカが念を押すように言う。
 小さな箱に意識だけが籠って、ただただ計算を繰り返すことによって、命を保っているアギ。
 遥か彼方の宇宙空間に意識を飛ばし続けているアギ。
 かすかな痛みに意識を集中し続けているアギ。
「誰もが普通の暮らしを望んでいるわけではないし、できない人もいるんです」

 ンドペキはオーエンを思った。
 あいつもその口か……。 
「おじさんたちの目的が何であれ、申し訳ないけど、関心はないです」
 イルカはもう周りを見回そうとはしなかった。
 行きがかり上、自分がこの侵入者に対峙するしかないと思ったようだった。


「でも、こんなところにまで乗り込んできたということは……」
 長官に用があるのだろうというのはでまかせだが、当たらずとも遠からじ、と言いたいのだろう。
「ニューキーツの街に……」
 イルカに表情はないが、少し笑ったような気がした。
「かなり重要な事態が起きているということなんでしょうね」

 ンドペキは、イルカの声を聞きながら、この水中の環境を把握しようとした。
 動きは緩慢。
 重力はそれなりにあるようで、体が浮き上がっていくようなことはない。
 呼吸は普通にできる。
 声も出すことはできる。
 それならば、武器を発砲することもできるはずだ。
 ただ、この環境を作り出している装置のエネルギーに対抗できるかどうか、それだけが問題だろう。


「帰ってくれないかな」
 イルカの声が静かに響いた。
「でも、僕たちもこの空間を未来永劫継続させたい。そのために、もし条件があるなら……」

 とうとう水を向けられた。
 スゥの言葉を信じて、イルカの声に耳を傾けてきた。
 今ここで、何らかのアクションや応答をすれば、システムは新たな展開を見せるのだろう。

 イルカは返事を待つように、また体を旋回させた。
 今となっては、この問いかけに応えざるを得ないのかもしれない。
 この空間を展開しているのは何らかの装置。そこに、アギの意識が充満している。
 そう考えるしかないのかもしれない。

 こいつを本物のアギとして、対応するしかないのか……。
 ここがエーエージーエスによって生成されているとするなら……。
 地球内部から取り出されるエネルギーシステムと直結し、無尽蔵に使うことができるエーエージーエスに対抗はできない……。

 とはいえ、自分たちの目的を話すわけにはいかない。
 ンドペキは腹を括った。
「ここから出る方法は?」
 入って来た穴は、たちまち自動修復され、もう後ろを振り返っても、海底の世界が広がっているだけだった。


 イルカが口を開けた。
 細かい歯が見えた。
 しかし、黙っている。
「うーん」
 予想通り、いい返事ではなかった。
「無理なんだ、と言いたいわけじゃないけど……」

 イルカがまた笑ったように見えた。
「出入り口は、一億二千万キロも先なので……」
「なに!」

 常識外の距離だ。
 イルカとなったアギに弄ばれてたまるか!
 ついに、ンドペキは発泡した。


「だから、その程度じゃ無駄だって」
 エネルギー弾は海中を確かに飛んだ。
 きらきらと閃光の尾を引いて、弾が伸びていった。
 しかし、手応えはおろか、何かに当たった形跡もない。
 エネルギーが水に吸い込まれたかのように、その軌跡もたちまち消え去った。
 そして、何事もなかったように、海流が砂をわずかに巻き上げた。
cont_access.php?citi_cont_id=706025280&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ