挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
負け犬同士の割と幸せな結婚 作者:かがみな
13/13

13

 アッシュとオーレリアの結婚式から、それなりに月日が経った。
 その頃にはイルザとカイン、ふたりは結婚後の挨拶回りがようやく終わり、落ち着くことが出来るようになったのだった。

 ひとまず肩の荷が下りたふたりは、屋敷にて穏やかな休日を過ごす。

「お疲れ様、イルザさん」
「お疲れ様です、カインさん」

 屋敷の中庭にて、紅茶とお菓子を楽しむカインとイルザ。

「一時はどうなることかと思ったけれど、人間やればそれなりに出来るものだね」
「そうですね、無事に終えて何よりです」

 小さなテーブルを挟み、向かい合ってふたりは笑う。

 そして、他愛も無い話に興じるのだった。

「明後日は、エリーゼさんのところへお邪魔しに行こうと思います」
「へえ、そうなんだ。気をつけて行っておいで」
「はい。カインさんはウィル様とは遊びには行かないのですか?」
「うーん、俺は仕事で時々、ウィルとは会っているから別に構わないかなあ」
「そうでしたね。でも、たまには息抜きも必要と思いますよ」
「うん、確かにそうだ。ありがとう。今度彼を遊びにでも誘ってみるよ」

 とても穏やかな時間だ。彼らの周囲の時間だけが緩やかに経過しているように思えてくる。

「その、そう言えば、聞きましたか……?」
「ん、何のことかな?」
「この前、エリーゼさんが教えて下さったのですけど……アッシュ様とオーレリア様が仲直りをしたそうです」
「そ、そうなんだ……思ったより早いね。いや、仲違いしたのも早かったけれど……」

 カインは反応に困る。
 それなりに時間が経っても未だに、呼ばれた結婚式での光景は衝撃的すぎて、鮮明に覚えている。

「もしかしたら、また同じことになるかもしれないから、一応警戒しておこう」
「私も、それがいいと思います……」

 イルザも同意した。

 ウィルと懇意にしている商人いわく、彼らの愛は不滅であると。ゆえに、彼らはいくら共倒れしようと不死鳥のごとく何度でもよみがえるのだった。

 ♢

 夫婦ふたりだけの会話を楽しみながらイルザは、カインを見つめる。

 それに気づいて、カインは微笑む。
 イルザも微笑み返す。

 笑みを浮かべるイルザは、ふと思うのだった。

 自分たちは、夫婦として上手くやっていけているのだろうか?

 分からない。
 円満かと言われれば、疑問が湧く。しかし、不満があるかと聞かれれば、特に思い浮かばない。

 彼と夫婦になって、まだ日は浅い。
 当然まだ、分からないところだらけだ。至らないことも多い。

 だから、イルザは思う。

 もっと、相手を知っていこう。

 自分たちは恋愛結婚ではない。
 だから、お互いのことを良く知り、良く考えていかなければならないのだ。

 大丈夫、まだまだ時間はたくさんある。先は長いのだから、焦ることなくゆっくりとお互いのことを知っていけばいいのだと、イルザは思う。自分と会話しながら楽しそうに笑う彼もおそらく、そう思ってくれているのだろう。

「このクッキー美味しいね」
「はい。とても」

 そしてイルザとカインは、徐々に日常の中でお互いを知っていく。
 楽しみながら、穏やかに。

 小さな幸せを感じながら、ふたりは、ゆっくりと本当の夫婦になっていく。
これにて本編は終了です。
今までお読みいただきありがとうございました。
未定ですが、気が向いたら番外編でも更新するかもしれません。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 660 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全37部)
  • 611 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 21:00
王族とは関わりたくない!

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 611 user
  • 最終掲載日:2016/11/23 22:50
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全9部)
  • 769 user
  • 最終掲載日:2016/11/26 23:00
令嬢はまったりをご所望。

悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばかりで忙しく目眩を覚えていたが……。 ある日、最強と謳わ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全51部)
  • 624 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 13:23
自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。

私の婚約者となったバーティア嬢は少々変わっている。 出会ってすぐに自分を悪役令嬢だ、転生者だといい、立派な悪の華になり美しくギャフンされる為に日々精進している。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全16部)
  • 605 user
  • 最終掲載日:2017/01/02 06:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全166部)
  • 727 user
  • 最終掲載日:2016/07/01 07:15
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全158部)
  • 635 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 00:00
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣だが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄はこ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部)
  • 658 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 21:45
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部)
  • 640 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全307部)
  • 641 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 23:25
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全67部)
  • 635 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 20:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部)
  • 650 user
  • 最終掲載日:2016/12/09 18:47
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全30部)
  • 746 user
  • 最終掲載日:2016/12/21 02:37
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全69部)
  • 695 user
  • 最終掲載日:2016/12/29 18:21
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全165部)
  • 649 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 22:45
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全161部)
  • 641 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 07:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 621 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
皇太子の愛妾は城を出る

一目惚れだった。 目と目が合った瞬間に運命を感じた。彼の表情からも私と同じだとわかった。 でも彼はこの国の皇太子。 私に与えられたのは愛妾という立場だけ。 王宮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全22部)
  • 697 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 00:00
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全38部)
  • 674 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全28部)
  • 788 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 19:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部)
  • 926 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 16:01
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全104部)
  • 674 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全174部)
  • 613 user
  • 最終掲載日:2017/01/11 22:49
竜の子を産んだら離縁されたので森で隠居することにしました

タイトルまんまに進む予定。 宝島社さまより書籍化 11/4発売

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全68部)
  • 626 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 08:30
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部)
  • 626 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全56部)
  • 634 user
  • 最終掲載日:2017/01/12 22:38
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全88部)
  • 623 user
  • 最終掲載日:2017/01/16 00:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 746 user
  • 最終掲載日:2016/06/19 06:34
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全271部)
  • 1000 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 23:34
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 635 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
↑ページトップへ